R Tools for Visual Studio オプションR Tools for Visual Studio options

設定には [R Tools]、[オプション] メニューの順に選択してアクセスできます。あるいは、[ツール]、[オプション] の順に選択し、[R Tools] までスクロールしてください。Settings are access through the R Tools > Options menu, or through Tools > Options and scrolling to R Tools:

R Tools のオプション ダイアログ

次のセクションでは、このページで利用できるさまざまなオプションについて説明します。The following sections describe the different options available on this page.

注意

[ツール]、[オプション] メニューの順に選択してオプションにアクセスするときは、場合によっては、下部にある [すべての設定を表示] ボックスを選択しないと [R Tools] ページが表示されません。When accessing options through the general Tools > Options menu, you may need to select the Show all settings box at the bottom for the R Tools page to appear.

<a name="data-scientist-layout"<a name="data-scientist-layout"

[R Tools] には、[データ サイエンスの設定] というメニュー項目もあります。この項目でも、データ サイエンティストのニーズに合わせて最適に作られたレイアウトで Visual Studio IDE を構成できます。The R Tools > Data Science Settings menu item also configures the Visual Studio IDE with a layout that's optimized for the needs of data scientists. 具体的には、このオプションで [インタラクティブ][変数エクスプローラー][ワークスペース] というウィンドウが開きます。Specifically, this option opens the Interactive, Variable Explorer, and Workspaces windows:

Visual Studio のデータ サイエンティスト ウィンドウ レイアウト

重要

後で他の Visual Studio 設定に戻るには、最初に [ツール]、[設定のインポートとエクスポート] コマンドを使用します。[選択された環境設定をエクスポート] を選択し、ファイル名を指定します。To revert to other Visual Studio settings later on, first use the Tools > Import and Export Settings command, select Export selected environment settings, and specify a file name. これらの設定を復元するには、同じコマンドを使用し、[選択された環境設定をインポート] を選択します。To restore those settings, use the same command and select Import selected environment settings. データ サイエンティスト レイアウトを変更し、後でそれに戻る場合、同じコマンドを使用することもできます ([データ サイエンスの設定] コマンドを直接使用するのではなく)。You can also use the same commands if you change the data scientist layout and want to return to it later on, rather than using the Data Science Settings command directly.

デバッグDebugging

これらのオプションにより、変数エクスプローラーと、ウォッチやローカルのような、デバッガー ウィンドウにおける値の処理方法が制御されます (「デバッグ」を参照してください)。These options control how values are handled in Variable Explorer and in debugger windows like Watch and Locals (see Debugging.

オプションOption 既定値Default value 説明Description
アクティブなバインドを評価Evaluate active bindings True True の場合、変数やプロパティを調べるとき、必ず最新の日付値が表示されるようにします。When True, ensures that you always see the most up-to-date value when inspecting variables and properties. 式の実装方法によっては、式を評価すると思わぬ結果が引き出される可能性があるというリスクがあります。The risk is that evaluating the expressions may cause side-effects, depending on how they were implemented.
ドット プレフィックス付き変数を表示Show dot-prefixed variables False . がプレフィックスとして付いている変数を表示するかどうかを指定します。Specifies whether variables prefixed with . are shown.

全般General

オプションOption 既定値Default value 説明Description
アンケート/ニュース チェックSurvey/News Check Once a week R Tools でニュースとアンケートの更新をサーバーに確認する頻度を指定します。Specifies how often R Tools should check with the server for news and survey updates.

ヘルプHelp

オプションOption 既定値Default value 説明Description
F1 Web ブラウザーF1 Web browser Internal Ctrl + F1 を使用し、用語を探すときのヘルプの表示方法を制御します。Controls how help is displayed when you are searching for a term using Ctrl+F1. Internal に設定すると、Visual Studio のツール ウィンドウ内にヘルプが表示されます。When set to Internal, help is rendered within a tool window in Visual Studio. External に設定すると、既定の Web ブラウザーにヘルプが表示されます。When set to External, help appears in your default web browser.
F1 Web 検索文字列F1 Web Search String R site:stackoverflow.com エディターで、ある用語の上で Ctrl + F1 を押したときに検索用語が検索エンジンに渡される方法を制御します。Controls how search terms are passed to your search engine when you press Ctrl+F1 on a term in the editor. 既定では、文字列は R site:stackoverflow.com です。これは R を検索用語に追加します。By default the string is R site:stackoverflow.com, which appends R to your search term. site:stackoverflow.com は検索エンジンへのディレクティブであり、stackoverflow.com ドメイン内のページに検索範囲を絞るように伝えます。The site:stackoverflow.com is a directive to the search engine that tells it to scope the search to pages within the stackoverflow.com domain.
R ヘルプ ブラウザーR Help Browser Automatic F1、? または ?? を使用し、R ドキュメントを探すときのヘルプの表示方法を制御します。Controls how help is displayed when you are searching the R documentation using F1, ?, or ??. Automatic に設定すると、ヘルプが該当するウィンドウで表示されます。When set to Automatic, help renders in the appropriate window. たとえば、HTML ヘルプは Visual Studio ツール ウィンドウ内に表示され、PDF は既定の PDF プログラムに表示されます。For example, HTML help appears within a Visual Studio tool window, whereas PDFs appear in your default PDF program. External に設定すると、既定の Web ブラウザーにヘルプが表示されます。When set to External, help is rendered in your default web browser.

履歴History

オプションOption 既定値Default value 説明Description
履歴を常に保存Always save history True プロジェクトを閉じたとき、RTVS が作業ディレクトリの .RHistory ファイルにコマンド履歴を書き込むかどうかを制御します。Controls whether RTVS writes your command history to a .RHistory file in your working directory whenever the project is closed. プロジェクトを保存せずに終了した場合にも履歴は保存されます。Saving the history happens even if you don't save your project before you exit.
検索フィルターのリセットReset search filter True R 履歴ダイアログのフィルター条件に部分文字列が一致するコマンドのみを表示するように履歴ウィンドウでコマンド履歴をフィルター処理できるかどうかを決定します。Determines whether the History window can filter your command history to show only the commands that substring match against the filter term in the R History dialog. この設定により、新しいコマンドを実行したとき、あるいは新しいプロジェクトに切り替え、別の .RHistory ファイルの読み込みをトリガーしたとき、履歴の検索フィルターをリセットするかどうかが決定されます。This setting determines whether to reset your History search filter whenever you run a new command or switch to a new project, which triggers the load of a different .RHistory file. 既定の設定である True を指定した場合、フィルター セットを付けてコマンドを実行したとき、予想外の結果の表示が最小限に抑えられます。今しがた実行したコマンドが履歴に表示されないので、不思議に思うことになります。The default setting of True minimizes surprise when you run a command with a filter set, and you wonder why the command you just ran didn't show up in the History.
複数行選択を使用Use multiline selection True 履歴の複数行ステートメントを 1 回のクリックで選択できるかどうかを指定します。Specifies whether you can select a multi-line statement in History with a single click. また、インタラクティブな Windows で、行ではなくステートメントで上下矢印を動かすことができます。Also enables up/down arrow navigation in the Interactive Windows by statements rather than lines.

HTMLHTML

オプションOption 既定値Default value 説明Description
HTML ページ ブラウザーHTML Pages browser External ggvis プロットのようなコンテンツや shiny アプリケーションを表示する場所を決定します。Determines where content such as a ggvis plot, or a shiny application is rendered. Internal では、Visual Studio のツール ウィンドウ内に HTML 出力が表示されます。External では、既定のブラウザーに HTML 出力が表示されます。Internal shows HTML output within a tool window in Visual Studio; External displays HTML output in your default browser.

ログの記録Logging

オプションOption 既定値Default value 説明Description
イベントを記録するLog events Normal RTVS 診断に使用するログ記録の詳細度を制御します。Controls the verbosity of the logging used for RTVS diagnostics. 既定値の Normal の場合、TEMP ディレクトリにログ ファイルが作成されます。The default setting of Normal creates a log file in your TEMP directory. Traffic に設定すると、すべてのコマンドとセッションにおける応答が RTVS により記録されます。When set to Traffic, RTVS logs all commands, and responses in your session. コンピューターに残しておくようなログ ファイルですが、RTVS の問題の診断に役に立つ場合があります。These log files never leave your machine, but may be helpful for diagnosing problems in RTVS.

MarkdownMarkdown

オプションOption 既定値Default value 説明Description
マークダウン プレビュー ブラウザーMarkdown preview browser External RMarkdown HTML 出力が表示される場所を決定します。Determines where RMarkdown HTML output is displayed. Internal の場合、Visual Studio のツール ウィンドウ内に RMarkdown HTML ドキュメントが表示されます。External の場合、既定のブラウザーを利用して RMarkdown HTML が表示されます。Internal shows RMarkdown HTML document within a tool window in Visual Studio; External displays RMarkdown HTML using your default browser.

R エンジンR Engine

オプションOption 既定値Default value 説明Description
コード ページCode page (OS Default) R のコード ページ (ロケール) を設定します。既定では、オペレーティング システムの基礎ロケールが使用されます。Sets the code page (locale) for R. By default it uses the underlying locale of the operating system.
CRAN ミラーCRAN Mirror (Use .Rprofile) パッケージ インストールに既定の CRAN ミラーを設定します。Sets the default CRAN mirror for package installations. 既定の設定の Use .Rprofile の場合、.RProfile ファイルの CRAN ミラー設定を順守します。The default setting of Use .Rprofile respects the CRAN Mirror settings in your .RProfile file.
作業ディレクトリWorking directory ユーザー固有フォルダーuser-specific folder 現在の作業ディレクトリを設定します。通常、プロジェクトを開いたときに設定されます。Sets is the current working directory, which is typically set whenever a project is opened.

ワークスペースWorkspace

オプションOption 既定値Default value 説明Description
プロジェクトを開くときにワークスペースを読み込むLoad workspace when project opens No Yes に設定すると、プロジェクトを開いたとき、.RData ファイルからグローバル環境にセッション データが読み込まれます。Setting to Yes enables loading of session data from the .RData file into the global environment when the project is opened.
リセット時にワークスペースを保存するためのダイアログを表示Prompt to save workspace on reset Yes No に設定すると、インタラクティブな Window の [リセット] ボタンをクリックしたとき、ワークスペースを保存するように求められなくなります。Setting to No disables prompting of saving your workspace when you click on the Reset button in the Interactive Window.
プロジェクトを閉じるときにワークスペースを保存Save workspace when project closes No Yes に設定すると、プロジェクトを閉じたとき、.RData ファイルにグローバル環境が保存されます。Setting to Yes enables saving the global environment to the .RData file when the project is closed.
ワークスペースを切り替える前に確認ダイアログを表示するShow confirmation dialog before switching workspaces Yes No に設定すると、ワークスペースを切り替えるとき、ユーザーに確認が求められません。Setting to No disables prompting the user for confirmation when switching between different workspaces. ワークスペースの切り替え」をご覧ください。See switching between workspaces