R Markdown ドキュメントの作成

R Markdown (rmarkdown.rstudio.com を参照してください) は、R の分析を、高品質のドキュメント、レポート、プレゼンテーション、およびダッシュボードに変換するドキュメント形式です。

R Tools for Visual Studio には、R Markdown 項目テンプレート、エディターのサポート (エディター内の R コード用の IntelliSense など)、ファイル生成機能があります。

R Markdown を使用するには:

  1. Visual Studio を閉じます。
  2. (1 回のみ) pandoc.org の pandoc をインストールします。
  3. Visual Studio を再起動すると、pandoc のインストールが選択されます。
  4. knitr および rmarkdown パッケージをインストールします。インストールは、インタラクティブ ウィンドウから実行できます。

    install.packages("knitr")
    install.packages("rmarkdown")
    
  5. [ファイル]、[新規] メニュー コマンドの順に選択し、一覧から [R Markdown] を選択するか、ソリューション エクスプローラーでプロジェクトを右クリックし、[R Markdown の追加] を選択して (または [追加]、[新しい項目] の順に選択し、一覧から [R Markdown] を選択して)、新しい R Markdown ファイルを作成します。

  6. 新しいファイルの既定の内容は次のとおりです。

    ---
    title: "Untitled"
    output: html_document
    ---
    
    This is an R Markdown document. Markdown is a simple formatting syntax for authoring HTML, PDF, and Microsoft Word documents. For more details on using R Markdown see <http://rmarkdown.rstudio.com>.
    
    When you click the **R Tools | Publish | Preview** button a document will be generated that includes both content as well as the output of any embedded R code chunks within the document. You can embed an R code chunk like this:
    
    ```{r}
    summary(cars)
    ```
    
    You can also embed plots, for example:
    
    ```{r, echo=FALSE}
    plot(cars)
    ```
    
    Note that the `echo = FALSE` parameter was added to the code chunk to prevent printing of the R code that generated the plot.
    
  7. 編集中にいつでも、エディターで右クリックし、[プレビュー] を選択します。このメニュー項目には、HTML、PDF、Microsoft Word のオプションがあります。 このプレビューから、選択したファイル形式でファイルを保存できます。