コード化された UI テスト ログを使用したコード化された UI テストの分析Analyzing Coded UI Tests Using Coded UI Test Logs

コード化された UI テスト ログは、コード化された UI テストの実行に関する重要な情報にフィルターを適用して記録します。Coded UI test logs filter and record important information about your coded UI test runs. 問題をすばやくデバッグできるような形式で、ログが表示されます。The logs are presented in a format that allows for debugging issues quickly.

手順 1: ログ記録を有効にするStep 1: Enable logging

シナリオに応じて、以下のいずれかのメソッドを使用してログを有効にします。Depending on your scenario, use one of the following methods to enable the log:

  • ターゲット .NET Framework バージョン 4 のテスト プロジェクトに、App.config ファイルが含まれていない。Target .NET Framework version 4 with no App.config file present in the test project:

    1. QTAgent32_40.exe.config ファイルを開きます。Open the QTAgent32_40.exe.config file. 既定では、ファイルは %ProgramFiles(x86)%\Microsoft Visual Studio\2017\Enterprise\Common7\IDE にあります。By default, this file is located in %ProgramFiles(x86)%\Microsoft Visual Studio\2017\Enterprise\Common7\IDE.

    2. EqtTraceLevel の値を、目的のログ レベルに変更します。Modify the value for EqtTraceLevel to the log level you want.

    3. ファイルを保存します。Save the file.

  • ターゲット .NET Framework バージョン 4.5 のテスト プロジェクトに、App.config ファイルが含まれていない。Target .NET Framework version 4.5 with no App.config file present in the test project:

    1. QTAgent32.exe.config ファイルを開きます。Open the QTAgent32.exe.config file. 既定では、ファイルは %ProgramFiles(x86)%\Microsoft Visual Studio\2017\Enterprise\Common7\IDE にあります。By default, this file is located in %ProgramFiles(x86)%\Microsoft Visual Studio\2017\Enterprise\Common7\IDE.

    2. EqtTraceLevel の値を、目的のログ レベルに変更します。Modify the value of the EqtTraceLevel to the log level you want.

    3. ファイルを保存します。Save the file.

  • テスト プロジェクトに App.config ファイルが含まれている。App.config file is present in the test project:

    • App.config ファイルをプロジェクトで開き、構成ノードに次のコードを追加します。Open the App.config file in the project, and add the following code under the configuration node:

      <system.diagnostics>
        <switches>
          <add name="EqtTraceLevel" value="4" />
        </switches>
      </system.diagnostics>`
      
  • テスト コード自体からログを有効にする。Enable logging from the test code itself:

    LoggerOverrideState = HtmlLoggerState.AllActionSnapshot;LoggerOverrideState = HtmlLoggerState.AllActionSnapshot;

手順 2: コード化された UI テストを実行してログを表示するStep 2: Run your coded UI test and view the log

QTAgent32.exe.config ファイルに変更を加えてコード化された UI テストを実行すると、テスト エクスプローラーの結果に、出力リンクが表示されます。When you run a coded UI test with the modifications to the QTAgent32.exe.config file in place, you see an output link in the Test Explorer results. トレース レベルが "verbose" に設定されていると、ログ ファイルはテストが失敗した場合だけでなく、テストが成功した場合にも生成されます。Log files are produced not only when your test fails, but also for successful tests when the trace level is set to "verbose."

  1. [テスト] メニューの [ウィンドウ] を選択し、[テスト エクスプローラー] を選択します。On the Test menu, choose Windows and then select Test Explorer.

  2. [ビルド] メニューの [ソリューションのビルド] をクリックします。On the Build menu, choose Build Solution.

  3. テスト エクスプローラーで、実行するコード化された UI テストを選択し、ショートカット メニューを開いて [選択したテストの実行] を選択します。In Test Explorer, select the coded UI test you want to run, open its shortcut menu, and then choose Run Select Tests.

    自動テストが実行され、成功したか失敗したかが示されます。The automated tests run and indicate if they passed or failed.

    ヒント

    テスト エクスプローラーを表示するには、[テスト] > [Windows] を選択して、[テスト エクスプローラー] を選択します。To view Test Explorer, choose Test > Windows, and then choose Test Explorer.

  4. テスト エクスプローラーの結果で、[出力] リンクを選択します。Choose the Output link in the Test Explorer results.

    テスト エクスプローラーの出力リンク

    この操作によって表示されるテストの出力に、操作ログへのリンクが含まれています。This displays the output for the test, which includes a link to the action log.

    コード化された UI テストからの結果と出力リンク

  5. UITestActionLog.html リンクを選択します。Choose the UITestActionLog.html link.

    Web ブラウザーにログが表示されます。The log is displayed in your web browser.

    コード化された UI テストのログ ファイル

関連項目See also