単体テスト プロジェクトを作成する

単体テストでは、多くの場合、テスト対象のコードの構造を再現します。 たとえば、製品のコード プロジェクトごとに単体テスト プロジェクトを作成します。 テスト プロジェクトは本稼働コードと同じソリューションに置くことも、別個のソリューションに置くこともできます。 1 つのソリューションに複数の単体テスト プロジェクトを置くこともできます。

注意

ネイティブ コードの単体テストの場所とテスト プロジェクトの構造は、このトピックの説明にある構造とは異なっていても構いません。 詳細については、「既存の C++ アプリケーションへの単体テストの追加」を参照してください。

単体テスト プロジェクトを作成するには:

  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をクリックし、 [プロジェクト] をクリックします (キーボード: Ctrl + Shift + N)。

  2. [新しいプロジェクト] ダイアログ ボックスで、[インストール済み] ノードを展開して、テスト プロジェクトで使用する言語を選択し、[テスト] をクリックします。

  3. Microsoft 単体テスト フレームワークの 1 つを使用するには、プロジェクト テンプレートの一覧から [単体テスト プロジェクト] を選択します。 それ以外の場合は、使用する単体テスト フレームワークのプロジェクト テンプレートを選択します。 この例の Accounts プロジェクトをテストするために、プロジェクトの名前を AccountsTests に設定します。

  4. 単体テスト プロジェクトに、テスト対象のコードへの参照を追加します。 同じソリューションのコード プロジェクトへの参照を作成する方法は次のようになります。

    1. ソリューション エクスプローラーでプロジェクトを選択します。

    2. [プロジェクト] メニューの [参照の追加]をクリックします。

    3. [参照マネージャー] ダイアログ ボックスで、[ソリューション] ノードを開き、[プロジェクト] を選択します。 コード プロジェクトの名前を選択し、ダイアログ ボックスを閉じます。

  5. テストするコードが別の場所にある場合、「プロジェクト内の参照の管理」を参照してください。

次の手順

単体テストの記述

次のいずれかのセクションを参照してください。