Visual Studio で C++ 用の Google Test を使用する方法How to use Google Test for C++ in Visual Studio

Visual Studio 2017 バージョン 15.5 以降では、Google Test が C++ ワークロードでのデスクトップ開発の既定のコンポーネントとして Visual Studio IDE に統合されています。In Visual Studio 2017 version 15.5 and later, Google Test is integrated into the Visual Studio IDE as a default component of the Desktop Develoment with C++ workload. お使いのコンピューターにインストールされていることを確認するには、Visual Studio インストーラーを起動し、ワークロード コンポーネントの一覧で Google Test を探します。To verify that it is installed on your machine, open the Visual Studio Installer and find Google Test under the list of workload components:

Google Test をインストールするInstall Google Test

Google Test プロジェクトをソリューションに追加するAdd a Google Test Project to the solution

  1. ソリューション エクスプローラーで、ソリューション ノードを右クリックして、[追加] > [新しいプロジェクト] の順に選びます。In Solution Explorer, right click on the solution node and choose Add | New Project.
  2. 左側のウィンドウで [Visual C++] > [テスト] を選び、中央のウィンドウで [Google Test Project](Google Test プロジェクト) を選びます。In the left pane, choose Visual C++ | Test and then choose Google Test Project in the center pane.
  3. テスト プロジェクトの名前を設定し、[OK] をクリックします。Give the test project a name and click OK.

新しい Google Test プロジェクトNew Google Test Project

テスト プロジェクトを構成するConfigure the test project

表示される [テスト プロジェクト構成] ダイアログでは、テストするプロジェクトを選ぶことができます。In the Test Project Configuration dialog that appears, you can choose the project you want to test. プロジェクトを選択すると、選んだプロジェクトへの参照が追加されます。When you choose a project, Visual Studio adds a reference to the selected project. プロジェクトを選ばない場合は、テスト対象のプロジェクトへの参照を手動で追加する必要があります。If you choose no project, then you need to manually add references to the project(s) you want to test. Google Test バイナリへのリンクを静的または動的のどちらにするかを選ぶときの考慮事項は、他の C++ プログラムの場合と同様です。When choosing between static and dynamic linking to the Google Test binaries, the considerations are the same as for any C++ program. 詳細については、「Visual C++ の DLL」をご覧ください。For more information, see DLLs in Visual C++.

Google Test プロジェクトを構成するConfigure Google Test Project

その他のオプションを設定するSet additional options

その他のオプションを設定するには、メイン メニューから [ツール] > [オプション] > [Test Adapter for Google Test] を選びます。From the main menu, choose Tools | Options | Test Adapter for Google Test to set additional options. これらの設定については、Google Test のドキュメントをご覧ください。See the Google Test documentation for more information about these settings.

Google Test プロジェクトの設定Google Test Project settings

インクルード ディレクティブを追加するAdd include directives

テストの .cpp ファイルで、必要な #include ディレクティブを追加して、プログラムの型と関数がテスト コードに認識されるようにします。In your test .cpp file, add any needed #include directives to make your program's types and functions visible to the test code. 通常、プログラムはフォルダー階層で 1 つ上のレベルです。Typically, the program is up one level in the folder hierarchy. #include "../"」と入力すると IntelliSense ウィンドウが表示され、ヘッダー ファイルへの完全パスを選択できます。If you type #include "../" an IntelliSense window will appear and enable you to select the full path to the header file.

#include ディレクティブを追加するAdd #include directives

テストを作成して実行するWrite and run Tests

Google Test のテストを作成して実行する準備が整いました。You are now ready to write and run Google Tests. テスト マクロについては、Google Test の基礎に関するページをご覧ください。See the Google Test Primer for information about the test macros. テスト エクスプローラーを使ってテストを検出、実行、グループ化する方法については、「テスト エクスプローラーを使用して単体テストを実行する」をご覧ください。See Run unit tests with Test Explorer for information about discovering, running, and grouping your tests by using Test Explorer.

関連項目See also

C/C++ 用の単体テストの記述Writing Unit Tests for C/C++