64 ビット プロセスとして単体テストを実行する

64 ビット コンピューターの場合、単体テストを実行し、64 ビット プロセスとしてコード カバレッジ情報を取得できます。

64 ビット プロセスとして単体テストを実行する

64 ビット プロセスとして単体テストを実行するには

  1. コードまたはテストを 32 ビット/x86 としてコンパイルされたが、それを 64 ビット プロセスとして実行する場合、任意の CPU として再コンパイルします。あるいは任意で 64 ビットとして再コンパイルします。

    ヒント

    柔軟性を最大限に高めるには、テスト プロジェクトを任意の CPU 構成でコンパイルします。 これにより、32 ビット エージェントと 64 ビット エージェントの両方で実行できます。 64 ビット構成でテスト プロジェクトをコンパイルしても、特に利点はありません。

  2. Visual Studio メニューから、[テスト] を選択し、[設定] を選択し、[プロセッサ アーキテクチャ] を選択します。 64 ビット プロセスとしてテストを実行するには、[x64] を選択します。

    - または

    .runsettings ファイルに <TargetPlatform>x64</TargetPlatform> を指定します。 この方法の長所は、さまざまなファイルに設定のグループを指定し、設定を簡単に切り替えられることです。 ソリューション間で設定をコピーすることもできます。 詳細については、「.runsettings ファイルを使用して単体テストを構成する」をご覧ください。

関連項目

テスト エクスプローラーを使用して単体テストを実行する
コードの単体テスト
Visual Studio のテストにおけるテスト設定の指定