64 ビット プロセスとして単体テストを実行するRun a unit test as a 64-bit process

64 ビット コンピューターの場合、単体テストを実行し、64 ビット プロセスとしてコード カバレッジ情報を取得できます。If you have a 64-bit machine, you can run unit tests and capture code coverage information as a 64-bit process.

64 ビット プロセスとして単体テストを実行するRunning a unit test as a 64-bit process

64 ビット プロセスとして単体テストを実行するにはTo run a unit test as a 64-bit process

  1. コードまたはテストを 32 ビット/x86 としてコンパイルされたが、それを 64 ビット プロセスとして実行する場合、任意の CPU として再コンパイルします。あるいは任意で 64 ビットとして再コンパイルします。If your code or tests were compiled as 32-bit/x86, but you now want to run them as a 64-bit process, recompile them as Any CPU, or optionally as 64-bit.

    ヒント

    柔軟性を最大限に高めるには、テスト プロジェクトを任意の CPU 構成でコンパイルします。For maximum flexibility, you should compile your test projects with the Any CPU configuration. これにより、32 ビット エージェントと 64 ビット エージェントの両方で実行できます。Then you can run on both 32 and 64 bit agents. 64 ビット構成でテスト プロジェクトをコンパイルしても、特に利点はありません。There is no advantage to compiling test projects with the 64-bit configuration.

  2. Visual Studio メニューから、[テスト] を選択し、[設定] を選択し、[プロセッサ アーキテクチャ] を選択します。From the Visual Studio menu, choose Test, then choose Settings, and then choose Processor Architecture. 64 ビット プロセスとしてテストを実行するには、[x64] を選択します。Choose x64 to run the tests as a 64-bit process.

    - または- or -

    .runsettings ファイルに <TargetPlatform>x64</TargetPlatform> を指定します。Specify <TargetPlatform>x64</TargetPlatform> in a .runsettings file. この方法の長所は、さまざまなファイルに設定のグループを指定し、設定を簡単に切り替えられることです。An advantage of this method is that you can specify groups of settings in different files and quickly switch between different settings. ソリューション間で設定をコピーすることもできます。You can also copy settings between solutions. 詳細については、「.runsettings ファイルを使用して単体テストを構成する」をご覧ください。For more information, see Configure unit tests by using a .runsettings file.

関連項目See Also

テスト エクスプローラーを使用して単体テストを実行する Run unit tests with Test Explorer
コードの単体テスト Unit Test Your Code
Visual Studio のテストにおけるテスト設定の指定Specifying Test Settings for Visual Studio Tests