Excel 用にコード化された UI テストの拡張子のサンプル

サンプルの拡張機能コンポーネントは Visual Studio のコード化された UI テスト プロセスで実行され、ExtensionPackage クラスをベースにして多少階層的になります。 コントロール要素が最上位レベルで、TechnologyManager クラス、ActionFilter クラス、および PropertyProvider クラスはその次のレベルにあります。

Excel のテスト拡張機能アーキテクチャ
Excel 拡張機能アーキテクチャ

拡張ポイント

これらのクラスはサンプルに実装される拡張ポイントを表し、Microsoft Excel 用のコード化された UI テストを可能にします。

ExtensionPackage

<xref:Microsoft.VisualStudio.TestTools.UITest.Extension.UITestExtensionPackage> から継承されます。これはコード化された UI テスト拡張機能のエントリ ポイントです。 この抽象クラスを実装すると、コード化された UI テスト フレームワークが、新しい UI をテストするために、カスタム UI テスト テクノロジ マネージャー、UI テスト プロパティ プロバイダー、および UI テスト アクション フィルターに内部アクセスできるようになります。 詳細については、「ExtensionPackage Class (ExtensionPackage クラス)」を参照してください。

TechnologyManager

<xref:Microsoft.VisualStudio.TestTools.UITest.Extension.UITechnologyManager> クラスから継承されます。このクラスには、テスト記録および再生用のテクノロジ マネージャーが用意されています。 詳細については、「TechnologyManager Class (TechnologyManager クラス)」を参照してください。

ActionFilter

<xref:Microsoft.VisualStudio.TestTools.UITest.Common.UITestActionFilter> クラスから継承されます。このクラスには、似たテスト アクション結果を単一のテスト結果に集約する基底クラスがあります。 詳細については、「ActionFilter Class (ActionFilter クラス)」を参照してください。

テクノロジ要素

<xref:Microsoft.VisualStudio.TestTools.UITest.Extension.UITechnologyElement> クラスから継承された基底クラスには、UI テストで記録および再生に使用できるテクノロジ要素の基礎が用意されています。 詳細については、「Element Classes (要素クラス)」を参照してください。

PropertyProvider

<xref:Microsoft.VisualStudio.TestTools.UITesting.UITestPropertyProvider> クラスから継承されます。このクラスには、テスト記録および再生に使用できる UI 要素のプロパティをサポートする基底クラスがあります。 詳細については、「PropertyProvider Class (PropertyProvider クラス)」を参照してください。

関連項目

<xref:Microsoft.VisualStudio.TestTools.UITesting.UITestPropertyProvider>
<xref:Microsoft.VisualStudio.TestTools.UITest.Extension.UITechnologyElement>
<xref:Microsoft.VisualStudio.TestTools.UITest.Common.UITestActionFilter>
<xref:Microsoft.VisualStudio.TestTools.UITest.Extension.UITestExtensionPackage>
ExtensionPackage Class (ExtensionPackage クラス)
TechnologyManager Class (TechnologyManager クラス)
ActionFilter Class (ActionFilter クラス)
Element Classes (要素クラス)
PropertyProvider Class (PropertyProvider クラス)