Excel Communicator インターフェイスのサンプル

IExcelUICommunication インターフェイスのサンプルは ExcelAddIn プロジェクト内の ExcelUICommunicator オブジェクトで使用されています。

IExcelUICommunication インターフェイス

このインターフェイスは、コード化された UI テスト プロセスで実行される CodedUIExtension と Microsoft Excel プロセスで実行される ExcelCodedUIAddIn の間の通信ポイントを定義します。

ExcelCodedUIAddinHelper アセンブリには、このインターフェイスから派生し、Excel オブジェクト モデルを使用してメソッドを処理する ExcelUICommunicator クラスがあります。

一部のメソッドは、要求した情報を Excel から取得した後に CellInformation オブジェクトなどの情報オブジェクトの 1 つを作成し、返します。

また、提供される情報オブジェクトを使用して、Excel 内にある対応するコントロールを見つけ、そのコントロールで処理を実行するメソッドもあります。 たとえば、ScrollIntoView メソッドは所定のセルが表示されるまでワークシートをスクロールします。

CodedUIExtensibilitySample と ExcelCodedUIAddinHelper の通信

ExcelCodedUIAddinHelper アセンブリは Excel プロセスで実行されます。このアセンブリには、IExcelUITestCommunication インターフェイスを実装して、必要な情報を Excel UI から直接取得または設定する UICommunicator クラスがあります。

CodedUIExtensibilitySample アセンブリは Visual Studio のコード化された UI テスト プロセスで実行されます。 このアセンブリには Communicator クラスがあります。このクラスは .NET リモート処理チャネルを開き、Instance プロパティを提供します。このプロパティは IExcelUICommunication インターフェイスを使用して、ExcelCodedUIAddinHelper アセンブリ内の UICommunicator オブジェクトを使用し、要求および情報オブジェクト (CellInformation オブジェクトなど) を 2 つのアセンブリ間で相互にやり取りします。

関連項目

コード化された UI テストと操作の記録を拡張して Microsoft Excel をサポート
コード化された UI テスト用の Excel アドインのサンプル
Excel 用にコード化された UI テストの拡張機能のサンプル