Excel 拡張子のサンプル: PropertyProvider クラス

この内部クラスによって <xref:Microsoft.VisualStudio.TestTools.UITesting.UITestPropertyProvider> クラスが拡張されます。また、この内部クラスは、ユーザー インターフェイス (UI) テストの記録と再生に使用する Microsoft Excel 要素のプロパティ サービスを提供します。

GetControlSupportLevel メソッド

<xref:Microsoft.VisualStudio.TestTools.UITesting.UITestPropertyProvider.GetControlSupportLevel%2A> メソッドは、指定されたコントロールに対してプロパティ プロバイダーが提供できるサポート レベルを示す数値を返します。 戻り値が大きくなるほど、コントロールに対するプロパティ プロバイダーのサポート レベルは高くなります。 このメソッドの例では、指定されたコントロールの <xref:Microsoft.VisualStudio.TestTools.UITest.Extension.IUITechnologyElement.TechnologyName%2A> プロパティの値が確認されます。 値が "Excel" で、<xref:Microsoft.VisualStudio.TestTools.UITest.Extension.IUITechnologyElement.ControlTypeName%2A> が CellElement であると指定されている場合、メソッドからは最も高い値が返されます。それ以外の場合はゼロが返されます。これは、サポートが提供されていないことを示します。

GetPropertyNames メソッド

Excel Cell コントロールのサポートされているプロパティに関して、プロパティ名とプロパティ記述子のディクショナリを返します。

GetPropertyDescriptor メソッド

このメソッドは、指定されたプロパティ名の定義済みプロパティ記述子を取得するために、テスト フレームワークによって呼び出されます。

GetPropertyValue メソッドと SetPropertyValue メソッド

GetPropertyValue メソッドはこの拡張機能の Communicator クラスを使用して Excel のプロパティ値を返します。 SetPropertyValue メソッドは <xref:Microsoft.VisualStudio.TestTools.UITesting.Keyboard> クラスと Communicator コンポーネントを使用してプロパティ値を設定しています。 これらのメソッドはテスト フレームワークによって呼び出されます。

コード生成カスタマイズ メソッド

この拡張機能でこれらのメソッドは実装されていません。 そのため、null が返されるか、NotImplementedException がスローされます。

関連項目

<xref:Microsoft.VisualStudio.TestTools.UITesting.UITestPropertyProvider>
<xref:Microsoft.VisualStudio.TestTools.UITesting.Keyboard>
コード化された UI テストと操作の記録を拡張して Microsoft Excel をサポート