コード化された UI テストでのさまざまな Web ブラウザーの使用Using Different Web Browsers with Coded UI Tests

コード化された UI テストでは、Internet Explorer を使用してテストを記録することによって、Web アプリケーションのテストを自動化できます。Coded UI tests can automate testing for web applications by recording your tests using Internet Explorer. その後、テストをカスタマイズし、Internet Explorer や Web アプリケーションに対応している他の種類のブラウザーを使用して再生できます。You can then customize your test and play it back using either Internet Explorer or other browser types for these web applications.

RequirementsRequirements

コード化された UI テストを複数の Web ブラウザーの種類で使用する理由Why should I use coded UI tests across multiple web browser types?

さまざまな種類の Web ブラウザーを使用して Web アプリケーションをテストすることにより、さまざまなブラウザーを実行するユーザーの UI 操作をより適切にエミュレートできます。By testing your web application using a variety of web browser types, you better emulate the UI experience of your users who may run different browsers. たとえば、他の Web ブラウザーとの互換性がない、Internet Explorer のコントロールまたはコードが、アプリケーションに含まれていることがあります。For example, your application might include a control or code in Internet Explorer that is not compatible with other web browsers. コード化された UI テストを他のブラウザーでも実行することにより、ユーザーへの影響が生じる前に問題を検出して修正できます。By running your coded UI tests across other browsers, you can discover and correct any issue before it impacts your customers.

サポートされている Web ブラウザーを使用して、Web アプリケーションでコード化された UI テストを記録および再生する方法How do I record and play back coded UI tests on web applications using the supported web browsers?

記録: Internet Explorer を使用する Web アプリケーション テストを記録するには、コード化された UI テスト ビルダーを使用する必要があります。Recording: You must use the Coded UI Test Builder to record your web application test using Internet Explorer. コード化された UI テストで通常行うように、定義済みプロパティ セットを使用して、テストされるコントロールの検証コードとカスタム コードを必要に応じて追加できます。You can optionally add validation and custom code for the tested controls using a predefined set of properties as you would normally do for coded UI tests. 詳細については、「UI オートメーションを使用してコードをテストする」を参照してください。For more information, see Use UI Automation To Test Your Code.

注意

Google Chrome や Mozilla Firefox ブラウザーを使用して、コード化された UI テストを記録することはできません。You cannot record coded UI tests using Google Chrome or Mozilla Firefox browsers.

Internet Explorer での再生: ブラウザーが明示的に指定されていない場合、テストは既定では Internet Explorer で実行されます。Play back with Internet Explorer: When no browser is explicitly specified, tests will run on Internet Explorer by default. 使用されるブラウザーを明示的に指定するには、テスト コードで BrowserWindow.CurrentBrowser プロパティを設定します。You can explicitly state the browser to be used by setting the BrowserWindow.CurrentBrowser property in your test code. Internet Explorer の場合は、このプロパティを IE または Internet Explorer に設定する必要があります。For Internet Explorer, this property should be set to IE or Internet Explorer.

Internet Explorer 以外の Web ブラウザーでの再生: Internet Explorer 以外の Web ブラウザーで再生する場合は、テスト コードで BrowserWindow.CurrentBrowser プロパティを Firefox または Chrome に変更します。Play back with non-Internet Explorer web browsers: To play back on non-Internet Explorer web browsers, change BrowserWindow.CurrentBrowser property in your test code to either Firefox or Chrome.

IE 以外の Web ブラウザーでテストを再生するには、コード化された UI のクロス ブラウザー テスト用に Selenium コンポーネントをインストールする必要があります。To play back tests on non-IE web browsers, you must install the Selenium components for Coded UI Cross Browser Testing.

Selenium コンポーネントをインストールするInstalling Selenium components

  1. [ツール] メニューの [拡張機能と更新プログラム]をクリックします。On the Tools menu, choose Extensions and Updates.

  2. [拡張機能と更新プログラム] ダイアログ ボックスで、Selenium components for Cross Browser Testing を検索します。In the Extension and Updates dialog box, search for Selenium components for Cross Browser Testing.

  3. 拡張機能を強調表示し、[ダウンロード] を選択します。Highlight the extension and choose Download.

    ヒント

    コード化された UI のクロス ブラウザー テスト用 Selenium コンポーネントは、こちらからもダウンロードできます。You can also download the Selenium components for Coded UI Cross Browser Testing from here.

    コード化された UI テストの作成方法と使用方法の詳細については、「コード化された UI テストを作成する」を参照してください。For more information about creating and using coded UI tests, see Creating Coded UI Tests.

デバッグの有効化Enable debugging

Web アプリケーションのデバッグを有効にするには、以下の構成オプションを設定する必要があります。To enable debugging your web application, you must complete the following configuration options:

  1. マイ コードのみを有効にする:Enable Just My Code:

    1. [ツール] メニューの [オプション] を選択し、[デバッグ] を選択します。On the Tools menu, choose Options and then choose Debugging.

    2. [マイ コードのみを有効にする] を選択します。Select Enable Just My Code.

  2. CLR 例外を無効にする:Disable CLR exceptions:

    1. [デバッグ] メニューの [例外] を選択します。On the Debug menu, choose Exceptions.

    2. [共通言語ランタイム例外] で、[ユーザーにハンドルされていないとき] をオフにします。For Common Language Runtime Exceptions, uncheck User-unhandled.

コード化された UI テストで、BrowserWindow.CurrentBrowser を変更するオプションが表示されません。I don't see the option to change BrowserWindow.CurrentBrowser in the coded UI test.

さまざまな Web ブラウザーを使用するコード化された UI テストをサポートしないバージョンの Microsoft Visual Studio 2012Microsoft Visual Studio 2012 を使用している可能性があります。You might be using a version of Microsoft Visual Studio 2012Microsoft Visual Studio 2012 that does not support coded UI tests using various web browsers. そのようなコード化された UI テストを使用するには、Visual Studio Enterprise を使用する必要があります。To use such coded UI tests, you must use Visual Studio Enterprise.

その他に知っておく必要があることWhat else should I know?
Notes

  • 前提条件 Apple Safari Web ブラウザーはサポートされていません。Prerequsite Apple Safari web browser is not supported.

  • 前提条件 Web ブラウザーを起動する操作は、コード化された UI テストの一部である必要があります。Prerequsite The action of starting the web browser must be part of the coded UI test.

    既に Web ブラウザーが開かれていて、そこで手順を実行すると、Internet Explorer を使用していない場合は再生が失敗します。If you have a web browser already open and you want to run steps on it, the playback will fail unless you are using Internet Explorer. そのため、コード化された UI テストの一部として Web ブラウザーの起動を含めることをお勧めします。Therefore, it is a best practice to include the startup of your web browser as part of your coded UI tests.

  • 前提条件 最大化、最小化、復元など、ブラウザー固有の UI 操作の自動化はサポートされていません。Prerequsite Automating browser specific based UI actions such as maximize, minimize and restore is not supported.

    ヒントTips

  • ヒント コード化された UI のログにスクリーン ショットを含めるように、出力を構成できます。Tip You can configure the output to include screenshots in the coded UI logs. そのためには、QTAgent32.exe.config ファイルの一部の構成設定を設定する必要があります。To do so, you need to set some configuration settings in the QTAgent32.exe.config file. 既定では、このファイルは次の場所にインストールされます。By default, this file is installed in the following location:

    C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 11.0\Common7\IDEC:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 11.0\Common7\IDE

    次の値を設定します。Set the following values:

    • EqtTraceLevel セクションの system.diagnosticsEqtTraceLevel in the system.diagnostics section.

    • <add name="EqtTraceLevel" value="4" />

      値を 3 以上に設定すると、操作ごとにスクリーン ショットが取得されます。By setting the value to be 3 or higher, screenshots are taken for each action. 値を 1 または 2 に設定すると、エラー操作のみでスクリーンショットが取得されます。When the value is set to either 1 or 2, screenshots are taken for error actions only.

      詳細については、「コード化された UI テスト ログを使用したコード化された UI テストの分析」をご覧ください。For more information, see Analyzing Coded UI Tests Using Coded UI Test Logs.

外部リソースExternal Resources

ビデオVideos

IE で記録し、任意の場所で再生するRecord on IE and Playback everywhere

コード化された UI テスト ビルダーでクロス ブラウザー テストを作成するAuthor cross browser tests with Coded UI Test Builder

UI マップを使わずに手作業のコーディングでクロス ブラウザー テストを作成するAuthor cross browser tests using plain hand coding without UI Map

複数のブラウザー上で順番にクロス ブラウザー テストを実行するRun cross browser tests sequentially on multiple browsers

クロス ブラウザー テストのエラーのトラブルシューティングTroubleshoot cross browser test failures

ガイダンスGuidance

Visual Studio 2012 を使用した継続的配信のためのテスト - 第 2 章: 単体テスト: 内部のテストTesting for Continuous Delivery with Visual Studio 2012 - Chapter 2: Unit Testing: Testing the Inside

Visual Studio 2012 を使用した継続的配信のためのテスト - 第 5 章: システム テストの自動化Testing for Continuous Delivery with Visual Studio 2012 - Chapter 5: Automating System Tests

FAQFAQ

Coded UI Tests FAQ - 1 (コード化された UI テストの FAQ - 1)Coded UI Tests FAQ - 1

Coded UI Tests FAQ - 2 (コード化された UI テストの FAQ - 2)Coded UI Tests FAQ -2

フォーラムForum

Visual Studio の UI オートメーションのテスト (コード化された UI を含む)Visual Studio UI Automation Testing (includes Coded UI)

関連項目See Also

UI オートメーションを使用してコードをテストする Use UI Automation To Test Your Code
コード化された UI テストと操作の記録でサポートされている構成とプラットフォーム Supported Configurations and Platforms for Coded UI Tests and Action Recordings
コード化された UI テスト ログを使用したコード化された UI テストの分析Analyzing Coded UI Tests Using Coded UI Test Logs