コード化された UI テストでのさまざまな Web ブラウザーの使用

コード化された UI テストでは、Internet Explorer を使用してテストを記録することによって、Web アプリケーションのテストを自動化できます。 その後、テストをカスタマイズし、Internet Explorer や Web アプリケーションに対応している他の種類のブラウザーを使用して再生できます。

Requirements

コード化された UI テストを複数の Web ブラウザーの種類で使用する理由

さまざまな種類の Web ブラウザーを使用して Web アプリケーションをテストすることにより、さまざまなブラウザーを実行するユーザーの UI 操作をより適切にエミュレートできます。 たとえば、他の Web ブラウザーとの互換性がない、Internet Explorer のコントロールまたはコードが、アプリケーションに含まれていることがあります。 コード化された UI テストを他のブラウザーでも実行することにより、ユーザーへの影響が生じる前に問題を検出して修正できます。

サポートされている Web ブラウザーを使用して、Web アプリケーションでコード化された UI テストを記録および再生する方法

記録: Internet Explorer を使用する Web アプリケーション テストを記録するには、コード化された UI テスト ビルダーを使用する必要があります。 コード化された UI テストで通常行うように、定義済みプロパティ セットを使用して、テストされるコントロールの検証コードとカスタム コードを必要に応じて追加できます。 詳細については、「UI オートメーションを使用してコードをテストする」を参照してください。

注意

Google Chrome や Mozilla Firefox ブラウザーを使用して、コード化された UI テストを記録することはできません。

Internet Explorer での再生: ブラウザーが明示的に指定されていない場合、テストは既定では Internet Explorer で実行されます。 使用されるブラウザーを明示的に指定するには、テスト コードで BrowserWindow.CurrentBrowser プロパティを設定します。 Internet Explorer の場合は、このプロパティを IE または Internet Explorer に設定する必要があります。

Internet Explorer 以外の Web ブラウザーでの再生: Internet Explorer 以外の Web ブラウザーで再生する場合は、テスト コードで BrowserWindow.CurrentBrowser プロパティを Firefox または Chrome に変更します。

IE 以外の Web ブラウザーでテストを再生するには、コード化された UI のクロス ブラウザー テスト用に Selenium コンポーネントをインストールする必要があります。

Selenium コンポーネントをインストールする

  1. [ツール] メニューの [拡張機能と更新プログラム]をクリックします。

  2. [拡張機能と更新プログラム] ダイアログ ボックスで、Selenium components for Cross Browser Testing を検索します。

  3. 拡張機能を強調表示し、[ダウンロード] を選択します。

    ヒント

    コード化された UI のクロス ブラウザー テスト用 Selenium コンポーネントは、こちらからもダウンロードできます。

    コード化された UI テストの作成方法と使用方法の詳細については、「コード化された UI テストを作成する」を参照してください。

デバッグの有効化

Web アプリケーションのデバッグを有効にするには、以下の構成オプションを設定する必要があります。

  1. マイ コードのみを有効にする:

    1. [ツール] メニューの [オプション] を選択し、[デバッグ] を選択します。

    2. [マイ コードのみを有効にする] を選択します。

  2. CLR 例外を無効にする:

    1. [デバッグ] メニューの [例外] を選択します。

    2. [共通言語ランタイム例外] で、[ユーザーにハンドルされていないとき] をオフにします。

コード化された UI テストで、BrowserWindow.CurrentBrowser を変更するオプションが表示されません。

さまざまな Web ブラウザーを使用するコード化された UI テストをサポートしないバージョンの Microsoft Visual Studio 2012 を使用している可能性があります。 そのようなコード化された UI テストを使用するには、Visual Studio Enterprise を使用する必要があります。

その他に知っておく必要があること

  • 前提条件 Apple Safari Web ブラウザーはサポートされていません。

  • 前提条件 Web ブラウザーを起動する操作は、コード化された UI テストの一部である必要があります。

    既に Web ブラウザーが開かれていて、そこで手順を実行すると、Internet Explorer を使用していない場合は再生が失敗します。 そのため、コード化された UI テストの一部として Web ブラウザーの起動を含めることをお勧めします。

  • 前提条件 最大化、最小化、復元など、ブラウザー固有の UI 操作の自動化はサポートされていません。

    ヒント

  • ヒント コード化された UI のログにスクリーン ショットを含めるように、出力を構成できます。 そのためには、QTAgent32.exe.config ファイルの一部の構成設定を設定する必要があります。 既定では、このファイルは次の場所にインストールされます。

    C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 11.0\Common7\IDE

    次の値を設定します。

外部リソース

ビデオ

IE で記録し、任意の場所で再生する

コード化された UI テスト ビルダーでクロス ブラウザー テストを作成する

UI マップを使わずに手作業のコーディングでクロス ブラウザー テストを作成する

複数のブラウザー上で順番にクロス ブラウザー テストを実行する

クロス ブラウザー テストのエラーのトラブルシューティング

ガイダンス

Visual Studio 2012 を使用した継続的配信のためのテスト - 第 2 章: 単体テスト: 内部のテスト

Visual Studio 2012 を使用した継続的配信のためのテスト - 第 5 章: システム テストの自動化

FAQ

Coded UI Tests FAQ - 1 (コード化された UI テストの FAQ - 1)

Coded UI Tests FAQ - 2 (コード化された UI テストの FAQ - 2)

フォーラム

Visual Studio の UI オートメーションのテスト (コード化された UI を含む)

関連項目

UI オートメーションを使用してコードをテストする
コード化された UI テストと操作の記録でサポートされている構成とプラットフォーム
コード化された UI テスト ログを使用したコード化された UI テストの分析