拡張オブジェクトを使用して Word を自動化します。Automate Word by using extended objects

Visual Studio で Word ソリューションを作成する場合、ソリューションで ホスト項目 および ホスト コントロールを使用できます。When you develop Word solutions in Visual Studio, you can use host items and host controls in your solutions. これらのオブジェクトは、Word オブジェクト モデル (つまり Word のプライマリ相互運用機能アセンブリによって公開されるオブジェクト モデル) 内にある、 DocumentContentControl オブジェクトなど、よく使用される特定のオブジェクトを拡張したオブジェクトです。These are objects that extend certain commonly used objects in the Word object model (that is, the object model that is exposed by the primary interop assembly for Word), such as the Document and ContentControl objects. これらの拡張オブジェクトは、基になる Word オブジェクトと同じように動作しますが、基のオブジェクトにはないイベントとデータ バインディング機能が追加されています。The extended objects behave like the Word objects they are based on, but they add additional events and data binding capabilities to the objects.

適用対象: このトピックの情報は、ドキュメントに適用されます-レベルのプロジェクトおよび VSTO 追加-の Word プロジェクトでします。Applies to: The information in this topic applies to document-level projects and VSTO Add-in projects for Word. 詳細については、「Office アプリケーションおよびプロジェクトの種類で使用できる機能」を参照してください。For more information, see Features available by Office application and project type.

ホスト項目とホスト コントロールは、VSTO アドインとドキュメント レベルのカスタマイズの両方で使用できます。ただし、使用できるコンテキストはそれおぞれのソリューションの種類で異なります。Host items and host controls are available in both VSTO Add-ins and document-level customizations, although the context in which these can be used is different for each type of solution. 詳細については、次を参照してください。ホスト項目とホスト コントロールの概要します。For more information, see Host items and host controls overview.

Document ホスト項目Document host item

Word プロジェクトでは、 Document ホスト項目にアクセスできます。Word projects give you access to the Document host item. Document ホスト項目は、ホスト コントロールや Windows フォーム コントロールなどの他のコントロールを格納するコンテナーの役割も果たし、画面のコントロールに関する情報を保持します。The Document host item acts as a container for other controls, including host controls and Windows Forms controls, and it maintains information about the controls on its surface. さらに Document ホスト項目は、 Document クラスとほとんど同じメンバーを提供します。このクラスは、Word のオブジェクト モデル内の対応するクラスです。The Document host item also provides most of the same members as the Document class, which is the corresponding class in the object model of Word.

詳細については、次を参照してください。 Document ホスト項目します。For more information, see Document host item.

Word ホスト コントロールWord host controls

Word には、ドキュメントの作成、整理、および自動化に役立つホスト コントロールがいくつかあります。There are several host controls for Word that help you create, organize, and automate documents. その機能のほとんどには、データのインポート、表示、および保護が含まれます。Most of their functionality involves importing, presenting, and protecting data. これらのホスト コントロールには、Word のネイティブ オブジェクト モデルの対応するコントロールにはないイベントやデータ バインディング機能が用意されています。These host controls provide events and data-binding capabilities that their counterparts in the native Word object model do not have.

ドキュメント レベルのプロジェクトで任意のホスト コントロールをドキュメントに追加するには、デザイン時または実行時にコンテンツ コントロールおよびブックマーク コントロールを追加することができます。In document-level projects, you can add any host control to your document at design time, or you can add content controls and bookmark controls at runtime. VSTO アドイン プロジェクトでは、実行時に開いている文書にコンテンツ コントロールおよびブックマーク コントロールを追加できます。In VSTO Add-in projects, you can add content controls and bookmark controls to any open document at runtime.

Word プロジェクトで使用できるホスト コントロールの詳細については、次のトピックを参照してください。For more information about the host controls you can use in Word projects, see the following topics:

関連項目See also