カスタム XML 部分の概要Custom XML parts overview

一部の Microsoft Office アプリケーションのドキュメントに XML データを埋め込むことができます。You can embed XML data in documents for some Microsoft Office applications. データがという名前をドキュメントに XML データを埋め込むときに、カスタム XML 部分します。When you embed XML data in a document, the data is named a custom XML part.

Visual Studio で VSTO アドインまたはドキュメント レベルのソリューションを使用して、ドキュメントのカスタム XML 部分を作成または変更できます。You can create and modify custom XML parts in a document by using a VSTO Add-in or document-level solution in Visual Studio. カスタム XML 部分を作成または変更するために Microsoft Office アプリケーションを開始する必要はありません。You do not need to start the Microsoft Office application to create and modify custom XML parts.

適用対象: このトピックの情報は、Excel、PowerPoint、および Word のドキュメント レベルのプロジェクトおよび VSTO アドイン プロジェクトに適用されます。Applies to: The information in this topic applies to document-level projects and VSTO Add-in projects for Excel, PowerPoint, and Word. 詳細については、「Office アプリケーションおよびプロジェクトの種類で使用できる機能」を参照してください。For more information, see Features available by Office application and project type.

Note

Visual Studio では、ドキュメント レベルのカスタマイズ内のデータ オブジェクトをキャッシュすることもできます。Visual Studio also enables you to cache data objects in document-level customizations. いくつかの類似点はありますが、この機能はカスタム XML 部分とは異なります。This feature is different from custom XML parts, although there are some similarities. 詳細については、次を参照してください。ドキュメント レベルのカスタマイズでキャッシュされたデータします。For more information, see Cached data in document-level customizations.

カスタム XML 部分を理解します。Understand custom XML parts

カスタム XML 部分は、2007 Microsoft Office system で Open XML 形式とともに導入されました。Custom XML parts were introduced in the 2007 Microsoft Office system, along with the Open XML Formats. これらの形式は、Excel、PowerPoint、および Word の新しい XML ベースのファイル形式を含める (など .xlsx.pptx、および .docx)。These formats include new XML-based file formats for Excel, PowerPoint, and Word (such as .xlsx, .pptx, and .docx). これらの形式でドキュメントが XML ファイルで構成されます (とも呼ばれますXML パーツ) ZIP アーカイブ内のフォルダーに編成されます。Documents in these formats consist of XML files (also named XML parts) that are organized in folders in a ZIP archive. XML 部分のほとんどは、ドキュメントの構造と状態を定義するのに役立つ組み込みの部分です。Most of the XML parts are built-in parts that help to define the structure and the state of the document. ただし、ドキュメントにはカスタム XML 部分を含めることができ、ユーザーはこれを使用して、ドキュメントに任意の XML データを格納できます。However, documents can also contain custom XML parts, which you can use to store arbitrary XML data in the documents.

XML ファイル形式が以前のバイナリ ファイル形式では実現できない方法でドキュメントを操作するアプリケーションを有効にする (など .xls.ppt、および .doc)。The XML file formats enable applications to work with documents in ways that are not possible with the older binary file formats (such as .xls, .ppt, and .doc). ZIP アーカイブを読み取ることができるすべてのアプリケーションは、Microsoft Office がインストールされていない場合でも、ドキュメントの内容を検証し、変更できます。Any application that can read ZIP archives can examine and modify the contents of the documents, even if Microsoft Office is not installed.

Open XML およびカスタム XML 部分の構造の詳細については、次の記事をご覧ください。For more information about the structure of Open XML and custom XML parts, see the following articles:

Note

Excel、Word、および PowerPoint ではバイナリ ファイル形式で保存されているドキュメント内のカスタム XML 部分を使用することもできます。Excel, Word, and PowerPoint also enable you to use custom XML parts in documents that are saved in the binary file formats. ただし、バイナリ形式でドキュメントを保存する場合は、Microsoft Office アプリケーションを起動せずにカスタム XML 部分を追加または変更することはできません。However, if a document is saved in a binary format, you cannot add or modify custom XML parts without starting the Microsoft Office application.

作成およびカスタム XML 部分を変更します。Create and modify custom XML parts

ドキュメントが Office アプリケーションで開いているとき、またはドキュメントが閉じているとき (Microsoft Office がインストールされていない場合でも)、カスタム XML 部分を作成または変更できます。You can create or modify custom XML parts when the document is open in the Office application, or when the document is closed—even if Microsoft Office is not installed.

Office アプリケーションの実行中の XML 部分を変更します。Modify XML parts while the Office application is running

ドキュメント レベルのカスタマイズまたは VSTO アドインを使用して、カスタム XML 部分を操作することができます。You can work with custom XML parts by using a document-level customization or a VSTO Add-in. ドキュメント レベルのカスタマイズを使用している場合は、通常、カスタマイズされたドキュメント内にあるカスタム XML 部分を操作します。If you are using a document-level customization, you will typically work with custom XML parts that are in the customized document. VSTO アドインを使用する場合は、作成または、アプリケーションで開いている任意のドキュメントのカスタム XML 部分を変更することができます。If you are using a VSTO Add-in, you can create or modify custom XML parts in any document that is open in the application.

Visual Studio を使用してカスタム XML 部分を作成するには、新しい CustomXMLPart をドキュメントの CustomXMLParts コレクションに追加します。To create a custom XML part by using Visual Studio, add a new CustomXMLPart to the CustomXMLParts collection in the document. 詳細については、次のトピックを参照してください。For more information, see the following topics:

Office アプリケーションを起動せずに XML 部分を変更します。Modify XML parts without starting the Office application

Excel、PowerPoint、または Word を起動しないでカスタム XML 部分を変更できます。You can add or modify a custom XML part without starting Excel, PowerPoint, or Word. これは、Microsoft Office アプリケーションがインストールされていないサーバーなどのコンピューターで、ドキュメント内の XML データを使用する場合に便利です。This is useful if you want to work with XML data in a document on a computer that does not have Microsoft Office applications installed, such as a server.

Microsoft Office を起動せずにカスタム XML 部分を追加するには Open XML SDK のクラスを使用します。To add a custom XML part without starting Microsoft Office, use classes in the Open XML SDK. これらのクラスは、Office ドキュメントに固有の Open XML コンテンツにアクセスするために設計されています。These classes are designed to provide access to Open XML content that is specific to Office documents. 使用する Excel ブックにカスタム XML 部分を追加するなど、AddNewPartのメソッドをWorkbookPartオブジェクト。For example, to add a custom XML part to an Excel workbook, you use the AddNewPart method of a WorkbookPart object. 詳細については、次を参照してください。 Open XML 用 SDKします。For more information, see Open XML SDK.

カスタム XML 部分を Word コンテンツ コントロールにバインドします。Bind custom XML parts to Word content controls

Word ソリューションのコンテンツ コントロールをカスタム XML 部分の要素にバインドできます。You can bind content controls in a Word solution to elements in a custom XML part. カスタム XML 部分にコンテンツ コントロールがバインドされると、カスタム XML 部分のデータがコンテンツ コントロールのユーザー インターフェイス (UI) に表示されます。When a content control is bound to a custom XML part, the data in the custom XML part is displayed in the user interface (UI) of the content control. ユーザーがコントロール内のテキストを編集すると、対応する XML 要素が自動的に更新されます。If a user edits text in the control, the corresponding XML element is automatically updated. 同様に、カスタム XML 部分の要素の値が変更されると、その XML 要素にバインドされているコンテンツ コントロールに新しいデータが表示されます。Similarly, if element values in the custom XML parts are changed, the content controls that are bound to the XML elements display the new data. 詳細については、次を参照してください。コンテンツ コントロールします。For more information, see Content controls.

関連項目See also