Outlook のリボンをカスタマイズします。Customize a ribbon for Outlook

Microsoft Office Outlook でリボンをカスタマイズする場合、アプリケーションのどこにカスタム リボンを表示するかを検討する必要があります。When you customize the ribbon in Microsoft Office Outlook, you must consider where your custom ribbon will appear in the application. Outlook によりメイン アプリケーション ユーザー インターフェイス (UI) にリボンが表示されます。また、ユーザーが電子メール メッセージの作成など、特定のタスクを実行すると、ウィンドウが開いてリボンが表示されます。Outlook displays the ribbon in the main application user interface (UI) and in windows that open when users perform certain tasks, such as creating e-mail messages. これらのアプリケーション ウィンドウをインスペクターと呼びます。These application windows are named inspectors.

ビデオへのリンク関連するビデオ デモについては、次を参照してくださいHow do i:リボン デザイナーを使用して、Outlook でリボンをカスタマイズしますか.link to video For a related video demonstration, see How do I: Use the Ribbon designer to customize the Ribbon in Outlook?.

適用対象: このトピックの情報は、VSTO の追加に適用されます-Outlook のプロジェクトでします。Applies to: The information in this topic applies to VSTO Add-in projects for Outlook. 詳細については、「Office アプリケーションおよびプロジェクトの種類で使用できる機能」を参照してください。For more information, see Features available by Office application and project type.

カスタム リボン、メイン アプリケーション UI を追加します。Add a custom ribbon to the main application UI

Outlook のメインのアプリケーション UI は、エクスプローラーと呼ばれます。The main application UI in Outlook is called the Explorer. 使用する場合、リボン (ビジュアル デザイナー) クリックして、エクスプ ローラーにリボンを追加する項目をribbontypeでリボンのプロパティ、プロパティウィンドウで、選択Microsoft.Outlook.Explorerします。If you are using the Ribbon (Visual Designer) item, you can add a ribbon to the Explorer by clicking the RibbonType property of the ribbon in the Properties window, and then selecting Microsoft.Outlook.Explorer.

インスペクターのリボンを割り当てるAssign a ribbon to an inspector

インスペクターのメッセージ クラスに対応するリボンの種類を指定することによって、カスタマイズするインスペクターを指定します。You identify the inspector you want to customize by specifying the ribbon type that corresponds to the message class for the Inspector.

使用する場合、リボン (ビジュアル デザイナー) 項目をクリックして、 ribbontypeでリボンのプロパティ、プロパティウィンドウと 1 つ以上のリボンからの Id値のリスト。If you are using the Ribbon (Visual Designer) item, click the RibbonType property of the ribbon in the Properties window, and then select one or more ribbon IDs from the list of values.

1 つのプロジェクトに複数のリボンを追加することができます。You can add more than one ribbon to a project. 複数のリボンで 1 つのリボン ID を共有する場合は、プロジェクトの ThisAddin クラスの CreateRibbonExtensibilityObject メソッドをオーバーライドし、実行時に表示するリボンを指定します。If more than one ribbon shares a ribbon ID, override the CreateRibbonExtensibilityObject method in the ThisAddin class of your project to specify which ribbon to display at run time. 詳細については、リボンの概要を参照してください。For more information, see Ribbon overview. リボンの各種類に関する詳細については、技術記事を参照してください。 Outlook 2007 でリボンをカスタマイズします。For more information about each ribbon type, see the technical article Customize the Ribbon in Outlook 2007.

リボン XML を使用して、リボンの種類を指定します。Specify the ribbon type by using ribbon XML

使用する場合、リボン (XML) 項目の値を確認してください、 ribbonIDパラメーター、GetCustomUIメソッドと、適切なリボンを戻り値。If you are using the Ribbon (XML) item, check the value of the ribbonID parameter in the GetCustomUI method and return the appropriate ribbon.

GetCustomUI メソッドは、Visual Studio によってリボン コード ファイルに自動的に生成されます。The GetCustomUI method is automatically generated by Visual Studio in the ribbon code file. RibbonIDパラメーターは、エクスプ ローラーまたはインスペクターの特定の種類を識別する文字列。The ribbonID parameter is a string that identifies the Explorer or a specific type of inspector. 可能な値の完全な一覧については、 ribbonIDパラメーター、技術記事を参照してください。 Outlook 2007 でリボンをカスタマイズします。For a complete list of the possible values of the ribbonID parameter, see the technical article Customize the Ribbon in Outlook 2007.

次のコード例は、Microsoft.Outlook.Mail.Compose インスペクターにのみカスタム リボンを表示する方法を示しています。The following code example demonstrates how to display a custom ribbon only in the Microsoft.Outlook.Mail.Compose inspector. これは、ユーザーが新しい電子メール メッセージを作成するときに表示されるインスペクターです。This is the inspector that opens when a user creates a new e-mail message. 表示するリボンがで指定された、GetResourceText()メソッドで生成される、リボンクラス。The ribbon to display is specified in the GetResourceText() method, which is generated in the Ribbon class. 詳細については、リボンクラスを参照してくださいリボン XMLします。For more information about the Ribbon class, see Ribbon XML.

public string GetCustomUI(string ribbonID)
{
    string ribbonXML = String.Empty;

    if (ribbonID == "Microsoft.Outlook.Mail.Compose")
    {
        ribbonXML = GetResourceText("Trin_RibbonOutlookBasic.Ribbon1.xml");
    }

    return ribbonXML;
}
Public Function GetCustomUI(ByVal ribbonID As String) As String _
    Implements Office.IRibbonExtensibility.GetCustomUI

    Dim ribbonXML As String = String.Empty

    If ribbonID = "Microsoft.Outlook.Mail.Compose" Then
        ribbonXML = GetResourceText("Trin_RibbonOutlookBasic.Ribbon1.xml")
    End If

    Return ribbonXML
End Function

関連項目See also