Excel ソリューションExcel solutions

Visual Studio には、Microsoft Office Excel のドキュメント レベルのカスタマイズおよび VSTO アドインの作成に使用できるプロジェクト テンプレートが用意されています。Visual Studio provides project templates you can use to create document-level customizations and VSTO Add-ins for Microsoft Office Excel. これらのソリューションを使用して、Excel の自動化、Excel の機能拡張、Excel のユーザー インターフェイス (UI) のカスタマイズを行うことができます。You can use these solutions to automate Excel, extend Excel features, and customize the Excel user interface (UI). ドキュメント レベルのカスタマイズと VSTO アドインの違いの詳細については、次の Office ソリューション開発の概要(VSTO) を参照してください。For more information about the differences between document-level customizations and VSTO Add-ins, see Office solutions development overview (VSTO).

適用されます: ドキュメントにこのトピックの情報が適用されます-レベルのプロジェクトおよび VSTO 追加-で Excel 用のプロジェクト。Applies to: The information in this topic applies to document-level projects and VSTO Add-in projects for Excel. 詳細については、Office アプリケーションおよびプロジェクトの種類で使用できる機能を参照してください。For more information, see Features available by Office application and project type.

Note

複数のプラットフォームにまたがる Office を拡張するソリューション開発に関心がありますか?Interested in developing solutions that extend the Office experience across multiple platforms? 新しい Office アドイン モデルをチェックして下さい。Check out the new Office Add-ins model. Office アドインは VSTO アドインやソリューションと比較して、小さなフット プリントを持ち、HTML5、JavaScript、CSS3、XML などのほぼすべての web プログラミング テクノロジを使用して、ビルドすることができます。Office Add-ins have a small footprint compared to VSTO add-ins and solutions, and you can build them by using almost any web programming technology, such as HTML5, JavaScript, CSS3, and XML.

ここでは、次の情報について説明します。This topic provides the following information:

Excel を自動化します。Automate Excel

Excel オブジェクト モデルでは、Excel の自動化に使用できる型が多数公開されています。The Excel object model exposes many types that you can use to automate Excel. たとえば、グラフの作成、ワークシートの書式設定、範囲やセルの値の設定をプログラムを使用して実行できます。For example, you can programmatically create charts, format worksheets, and set the values of ranges and cells. 詳細については、次の Excel オブジェクト モデルの概要を参照してください。For more information, see Excel object model overview.

Visual Studio で Excel ソリューションを開発する場合、ソリューションで ホスト項目ホスト コントロール も使用できます。When developing Excel solutions in Visual Studio, you can also use host items and host controls in your solutions. これらのオブジェクトは、Excel オブジェクト モデル内にある、 WorksheetRange オブジェクトなど、よく使用される特定のオブジェクトを拡張したオブジェクトです。These are objects that extend certain commonly used objects in the Excel object model, such as the Worksheet and Range objects. これらの拡張オブジェクトは、基になる Excel オブジェクトと同じように動作しますが、基のオブジェクトにはないイベントとデータ バインディング機能が追加されています。The extended objects behave like the Excel objects they are based on, but they add additional events and data binding capabilities to the objects. 詳細については、次の拡張オブジェクトによる Excel の自動化参照してください。For more information, see Automate Excel by using extended objects.

Excel 用ドキュメント レベル カスタマイズを開発します。Develop document-level customizations for Excel

Microsoft Office Excel のドキュメント レベルのカスタマイズは、特定のブックに関連付けられたアセンブリで構成されます。A document-level customization for Microsoft Office Excel consists of an assembly that is associated with a specific workbook. このアセンブリは、一般には UI のカスタマイズと Excel の自動化によってブックの機能を拡張します。The assembly typically extends the workbook by customizing the UI and by automating Excel. Excel 自体と関連付けられる VSTO アドインとは異なり、カスタマイズに実装した機能は、関連付けられたブックが Excel で開かれている場合にのみ利用できます。Unlike a VSTO Add-in, which is associated with Excel itself, functionality that you implement in a customization is available only when the associated workbook is open in Excel.

Excel 用ドキュメント レベルのカスタマイズ プロジェクトを作成するには、 Visual Studio の新しいプロジェクトダイアログ ボックスから Excel ブックまたは Excel テンプレート プロジェクト テンプレートを使用します。To create a document-level customization project for Excel, use the Excel workbook or Excel template project templates in the New Project dialog box of Visual Studio. 詳細については、「方法 :Visual Studio で Office プロジェクトを作成する方法」を参照してください。For more information, see How to: Create Office projects in Visual Studio.

ドキュメント レベルのカスタマイズの動作の詳細については、次のドキュメント レベルのカスタマイズのアーキテクチャを参照してください。For more information about how document-level customizations work, see Architecture of document-level customizations.

Excel カスタマイズのプログラミング モデルExcel customization programming model

Excel 用のドキュメント レベルのプロジェクトを作成すると、ソリューションの基礎となるクラス ( ThisWorkbookSheet1Sheet2、および Sheet3) が Visual Studio によって生成されます。When you create a document-level project for Excel, Visual Studio generates several classes that are the foundation of your solution: ThisWorkbook, Sheet1, Sheet2, and Sheet3. これらのクラスはソリューションに関連付けられたブックおよびワークシートを表し、コードを記述するための開始点となります。These classes represent the workbook and worksheets that are associated with your solution, and they provide a starting point for writing your code.

これらの生成クラスとその他ドキュメント レベル プロジェクトで使用できる機能については、ドキュメント レベルのカスタマイズのプログラミングを参照してください。For more information about these generated classes and other features you can use in a document-level project, see Program document-level customizations.

Excel 用 VSTO アドインを開発します。Develop VSTO Add-ins for Excel

Microsoft Office Excel の VSTO アドインは、Excel によって読み込まれるアセンブリで構成されます。A VSTO Add-in for Microsoft Office Excel consists of an assembly that is loaded by Excel. このアセンブリは、一般には UI のカスタマイズと Excel の自動化によって Excel の機能を拡張します。The assembly typically extends Excel by customizing the UI and by automating Excel. 特定のブックに関連付けられるドキュメント レベルのカスタマイズとは異なり、VSTO アドインに実装した機能の対象は 1 つのブックに制限されません。Unlike a document-level customization, which is associated with a specific workbook, functionality that you implement in a VSTO Add-in is not restricted to any single workbook.

Excel 用 VSTO アドイン プロジェクトを作成するには、Visual Studio の新しいプロジェクトダイアログ ボックスで、 Excel ブックまたは Excel テンプレート プロジェクト テンプレートを使用します。To create a VSTO Add-in project for Excel, use the Excel workbook or Excel template project templates in the New Project dialog box of Visual Studio. 詳細については、「方法 :Visual Studio で Office プロジェクトを作成する方法」を参照してください。For more information, see How to: Create Office projects in Visual Studio.

VSTO アドインが機能するしくみの概要については、次の Architecture of VSTO Add-ins を参照してください。For general information about how VSTO Add-ins work, see Architecture of VSTO Add-ins.

Excel のアドイン プログラミング モデルExcel Add-in programming model

Excel VSTO アドイン プロジェクトを作成すると、 ThisAddInと呼ばれる、ソリューションの基礎となるクラスが Visual Studio によって生成されます。When you create an Excel VSTO Add-in project, Visual Studio generates a class, called ThisAddIn, which is the foundation of your solution. このクラスは、コードを記述するための開始点となり、Excel のオブジェクト モデルを VSTO アドインに公開します。This class provides a starting point for writing your code, and it also exposes the object model of Excel to your VSTO Add-in.

詳細については、ThisAddInクラスと、VSTO アドインで使用できるその他の Visual Studio の機能を参照してくださいプログラム VSTO アドインします。For more information about the ThisAddIn class and other Visual Studio features you can use in a VSTO Add-in, see Program VSTO Add-Ins.

Excel のユーザー インターフェイスをカスタマイズします。Customize the user interface of Excel

Excel のユーザー インターフェイスをカスタマイズする方法はいくつかあります。There are several different ways to customize the user interface of Excel. 一部のオプションはすべてのプロジェクト タイプで使用できますが、VSTO アドインまたはドキュメント レベルのカスタマイズでのみ使用できるオプションもあります。Some options are available to all project types, and other options are available only to VSTO Add-ins or document-level customizations.

すべてのプロジェクトの種類のオプションOptions for all project types

ドキュメント レベルのカスタマイズと VSTO アドインの両方に使用できるカスタマイズ オプションを次の表に示します。The following table lists customization options that are available to both document-level customizations and VSTO Add-ins.

タスクTask 詳細情報For more information
リボンをカスタマイズする。Customize the Ribbon. リボンの概要Ribbon overview
Windows フォーム コントロールまたは拡張された Excel コントロールを、ドキュメント レベルのカスタマイズ用のカスタマイズされたブック内のワークシート、または VSTO アドイン用の任意の開いているブック内のワークシートに追加する。Add Windows Forms controls or extended Excel controls to a worksheet in the customized workbook for a document-level customization, or in any open workbook for a VSTO Add-in. 方法: Office ドキュメントへの Windows フォーム コントロールを追加します。How to: Add Windows forms controls to Office documents

方法: ワークシートに Chart コントロールを追加します。How to: Add Chart controls to worksheets

方法: ワークシートに ListObject コントロールを追加します。How to: Add ListObject controls to worksheets

方法: ワークシートに NamedRange コントロールを追加します。How to: Add NamedRange controls to worksheets

ドキュメント レベルのカスタマイズのオプションOptions for document-level customizations

ドキュメント レベルのカスタマイズにのみ使用できるカスタマイズ オプションを次の表に示します。The following table lists customization options that are available only to document-level customizations.

タスクTask 詳細情報For more information
ブックに操作ウィンドウを追加する。Add an actions pane to the workbook. 操作ウィンドウの概要Actions pane overview

方法: Word 文書または Excel ブックに操作ウィンドウを追加します。How to: Add an actions pane to Word documents or Excel workbooks
XML ノードにマップする拡張範囲コントロールをワークシートに追加する。Add extended range controls that are mapped to XML nodes to a worksheet. 方法: ワークシートに XMLMappedRange コントロールを追加します。How to: Add XMLMappedRange controls to worksheets

VSTO アドインのオプションOptions for VSTO Add-ins

VSTO アドインにのみ使用できるカスタマイズ オプションを次の表に示します。The following table lists customization options that are available only to VSTO Add-ins.

タスクTask 詳細情報For more information
カスタム作業ウィンドウを作成する。Create a custom task pane. カスタム作業ウィンドウCustom task panes
タイトルTitle 説明Description
Excel オブジェクト モデルの概要Excel object model overview Excel オブジェクト モデルによって提供される主な型の概要について説明します。Provides an overview of the main types provided by the Excel object model.
拡張オブジェクトを使用した Excel の自動化Automate Excel by using extended objects Excel ソリューションで使用できる ( Visual Studio Tools for Office RuntimeVisual Studio Tools for Office runtimeによって提供される) 拡張オブジェクトについて説明します。Provides information about extended objects (provided by the Visual Studio Tools for Office RuntimeVisual Studio Tools for Office runtime) that you can use in Excel solutions.
Excel ソリューションのグローバリゼーションとローカリゼーションGlobalization and localization of Excel solutions Windows が英語以外の言語に設定されているコンピューター上で実行される Excel ソリューションに関する特記事項について説明します。Contains information about special considerations for Excel solutions that will be run on computers that have non-English settings for Windows.
Office ドキュメントの概要での Windows フォーム コントロールWindows Forms controls on Office documents overview Windows フォーム コントロールを Excel ワークシートに追加する方法について説明します。Describes how you can add Windows Forms controls to Excel worksheets.
チュートリアル: 最初の Excel 用ドキュメント レベルのカスタマイズを作成します。Walkthrough: Create your first document-level customization for Excel Excel 用の基本的なドキュメント レベルのカスタマイズを作成する方法を示します。Demonstrates how to create a basic document-level customization for Excel.
チュートリアル: Excel 用の最初の VSTO アドインの作成します。Walkthrough: Create your first VSTO Add-in for Excel Excel 用の基本的な VSTO アドインを作成する方法を示します。Demonstrates how to create a basic VSTO Add-in for Excel.
チュートリアル: VSTO アドイン プロジェクトでの実行時にワークシートにコントロールを追加します。Walkthrough: Add controls to a worksheet at runtime in VSTO Add-in project VSTO アドインを使用して、 Windows フォームのボタン、 NamedRange、およびListObjectを、実行時にワークシートへ追加する方法を示します。Demonstrates how to add a Windows Forms button, a NamedRange, and a ListObject to a worksheet at runtime by using a VSTO Add-in.
共同編集とアドインを理解します。Understand co-authoring and Add-ins 共同編集の対応するために、ソリューションを作成する必要がありますの調整について説明します。Describes adjustments you might need to make to your solutions to accommodate coauthoring.
Office 開発における Excel 2010Excel 2010 in Office development Excel ソリューションの開発に関する記事およびリファレンス ドキュメントへのリンクを提供します。Provides links to articles and reference documentation about developing Excel solutions. Visual Studio を使用した Office 開発だけの情報ではありません。These are not specific to Office development using Visual Studio.