方法: アプリケーションにカスタム作業ウィンドウを追加します。How to: Add a custom task pane to an application

VSTO アドインを使用して、上記にリストしたアプリケーションにカスタム作業ウィンドウを追加できます。You can add a custom task pane to the applications listed above by using VSTO Add-in. 詳細については、カスタム作業ウィンドウを参照してください。For more information, see Custom task panes.

適用対象: VSTO を追加するこのトピックの情報が適用されます-Outlook のプロジェクトでします。Applies to: The information in this topic applies to VSTO Add-in projects for Outlook. 詳細については、Office アプリケーションおよびプロジェクトの種類で使用できる機能を参照してください。For more information, see Features available by Office application and project type.

Note

次の手順で参照している Visual Studio ユーザー インターフェイス要素の一部は、お使いのコンピューターでは名前や場所が異なる場合があります。Your computer might show different names or locations for some of the Visual Studio user interface elements in the following instructions. これらの要素は、使用している Visual Studio のエディションや独自の設定によって決まります。The Visual Studio edition that you have and the settings that you use determine these elements. 詳細については、「Visual Studio IDE のカスタマイズ」を参照してください。For more information, see Personalize the Visual Studio IDE.

アプリケーションにカスタム作業ウィンドウを追加します。Add a custom task pane to an application

カスタム作業ウィンドウをアプリケーションに追加するにはTo add a custom task pane to an application

  1. 上記のアプリケーションのいずれかの VSTO アドイン プロジェクトを開くか、作成します。Open or create a VSTO Add-in project for one of the applications listed above. 詳細については、「方法 :Visual Studio で Office プロジェクトを作成する方法」を参照してください。For more information, see How to: Create Office projects in Visual Studio.

  2. [プロジェクト] メニューの [ユーザー コントロールの追加] をクリックします。On the Project menu, click Add User Control.

  3. 新しい項目の追加 ダイアログ ボックスに新しいユーザー コントロールの名前に変更MyUserControl、 をクリックし、追加します。In the Add New Item dialog box, change the name of the new user control to MyUserControl, and then click Add.

    ユーザー コントロールがデザイナーで開きます。The user control opens in the designer.

  4. 1 つまたは複数の Windows フォーム コントロールを追加、ツールボックスをユーザー コントロール。Add one or more Windows Forms controls from the Toolbox to the user control.

  5. 開く、 ThisAddIn.csまたはThisAddIn.vbコード ファイル。Open the ThisAddIn.cs or ThisAddIn.vb code file.

  6. ThisAddIn クラスに次のコードを追加します。Add the following code to the ThisAddIn class. このコードは MyUserControlCustomTaskPane のインスタンスを ThisAddIn クラスのメンバーとして宣言します。This code declares instances of MyUserControl and CustomTaskPane as members of the ThisAddIn class.

    Private myUserControl1 As MyUserControl
    Private myCustomTaskPane As Microsoft.Office.Tools.CustomTaskPane
    
    private MyUserControl myUserControl1;
    private Microsoft.Office.Tools.CustomTaskPane myCustomTaskPane;
    
  7. ThisAddIn_Startup イベント ハンドラーに次のコードを追加します。Add the following code to the ThisAddIn_Startup event handler. このコードは CustomTaskPane オブジェクトを MyUserControl コレクションに追加することにより、新しい CustomTaskPanes を作成します。This code creates a new CustomTaskPane by adding the MyUserControl object to the CustomTaskPanes collection. コードでは、作業ウィンドウも表示されます。The code also displays the task pane.

    myUserControl1 = New MyUserControl
    myCustomTaskPane = Me.CustomTaskPanes.Add(myUserControl1, "My Task Pane")
    myCustomTaskPane.Visible = True
    
    myUserControl1 = new MyUserControl();
    myCustomTaskPane = this.CustomTaskPanes.Add(myUserControl1, "My Task Pane");
    myCustomTaskPane.Visible = true;
    

    Note

    このコードは、カスタム作業ウィンドウをアプリケーションのアクティブ ウィンドウに関連付けます。This code associates your custom task pane with the active window in the application. 一部のアプリケーションでは、他のドキュメントやアプリケーションのアイテムで作業ウィンドウが表示されるように、このコードを変更する場合があります。For some applications, you might want to modify this code to ensure that the task pane appears with other documents or items in the application. 詳細については、カスタム作業ウィンドウを参照してください。For more information, see Custom task panes.

関連項目See also