方法: ListObject コントロールにデータを読み込むHow to: Fill ListObject controls with data

データ バインディングを使用すると、ドキュメントにデータをすばやく追加できます。You can use data binding as a way to quickly add data to your document. リスト オブジェクトにデータをバインドした後、リスト オブジェクトを切断すると、データは表示されますが、データ ソースとのバインドは解除されます。After binding data to a list object, you can disconnect the list object so it displays the data but is no longer bound to the data source.

適用対象: このトピックの情報は、ドキュメントに適用されます-レベルのプロジェクトおよび VSTO 追加-で Excel 用のプロジェクト。Applies to: The information in this topic applies to document-level projects and VSTO Add-in projects for Excel. 詳細については、「Office アプリケーションおよびプロジェクトの種類で使用できる機能」を参照してください。For more information, see Features available by Office application and project type.

ListObject コントロールにデータをバインドするにはTo bind data to a ListObject control

  1. クラス レベルで DataTable を作成します。Create a DataTable at the class level.

    System.Data.DataTable table = new System.Data.DataTable("Employees");
    
    Dim table As DataTable = New DataTable("Employees")
    
  2. Startup クラス (ドキュメント レベル プロジェクトの場合) または Sheet1 クラス (アプリケーション レベル プロジェクトの場合) の ThisAddIn イベント ハンドラーにサンプルの列とデータを追加します。Add sample columns and data in the Startup event handler of the Sheet1 class (in a document-level project) or ThisAddIn class (in an application-level project).

    table.Columns.Add("FirstName", typeof(string));
    table.Columns.Add("LastName", typeof(string));
    table.Columns.Add("Title", typeof(string));
    
    table.Rows.Add("Nancy", "Anderson", "Sales Representative");
    table.Rows.Add("Robert", "Brown", "Sales Representative");
    
    table.Columns.Add("FirstName", GetType(String))
    table.Columns.Add("LastName", GetType(String))
    table.Columns.Add("Title", GetType(String))
    
    table.Rows.Add("Nancy", "Anderson", "Sales Representative")
    table.Rows.Add("Robert", "Brown", "Sales Representative")
    
  3. SetDataBinding メソッドを呼び出し、列名を表示順に渡します。Call the SetDataBinding method and pass in the column names in the order they should appear. リスト オブジェクト内の列の順序は、 DataTableに表示される順序とは異なる場合があります。The order of the columns in the list object can differ from the order in which they appear in the DataTable.

    
         list1.AutoSetDataBoundColumnHeaders = true;
         list1.SetDataBinding(table, null, "LastName", "FirstName");
    
    list1.AutoSetDataBoundColumnHeaders = True
    list1.SetDataBinding(table, Nothing, "LastName", "FirstName")
    

データ ソースから ListObject コントロールを切断するにはTo disconnect the ListObject control from the data source

  1. DisconnectList1メソッドを呼び出します。Call the Disconnect method of List1.

    list1.Disconnect();
    
    list1.Disconnect()
    

コードのコンパイルCompile the code

このコード例では、このコードがあるワークシートに、 ListObject という名前の既存の list1 があることを前提としています。This code example assumes you have an existing ListObject named list1 on the worksheet in which this code appears.

関連項目See also