方法: NamedRange コントロールのサイズ変更How to: Resize NamedRange controls

NamedRange コントロールのサイズは Microsoft Office Excel ドキュメントにコントロールを追加するときに設定できますが、後でサイズの変更が必要になる場合があります。You can set the size of a NamedRange control when you add it to a Microsoft Office Excel document; however, you might want to resize it at a later time.

適用対象: このトピックの情報は、ドキュメントに適用されます-レベルのプロジェクトおよび VSTO 追加-で Excel 用のプロジェクト。Applies to: The information in this topic applies to document-level projects and VSTO Add-in projects for Excel. 詳細については、「Office アプリケーションおよびプロジェクトの種類で使用できる機能」を参照してください。For more information, see Features available by Office application and project type.

ドキュメント レベルのプロジェクトでは、デザイン時または実行時に名前付き範囲のサイズを変更できます。You can resize a named range at design time or at run time in document-level projects. アプリケーション レベルの VSTO アドインでも、実行時に名前付き範囲のサイズを変更できます。You can also resize named ranges at run time in application-level VSTO Add-ins.

このトピックでは、次のタスクについて説明します。This topic describes the following tasks:

デザイン時に NamedRange コントロールのサイズを変更するResize NamedRange controls at design time

名前付き範囲のサイズを変更するには、 [名前の定義] ダイアログ ボックスでサイズを再定義します。You can resize a named range by redefining its size in the Define Name dialog box.

[名前の定義] ダイアログ ボックスで名前付き範囲のサイズを変更するにはTo resize a named range by using the Define Name dialog box

  1. NamedRange コントロールを右クリックします。Right-click a NamedRange control.

  2. ショートカット メニューの [名前付き範囲の管理] をクリックします。Click Manage Named Ranges on the shortcut menu.

    [名前の定義] ダイアログ ボックスが表示されます。The Define Name dialog box appears.

  3. サイズを変更する名前付き範囲を選択します。Select the named range you want to resize.

  4. [参照範囲] ボックスをオフにします。Clear the Refers to box.

  5. 名前付き範囲のサイズを定義するために使用するセルを選択します。Select the cells you want to use to define the size of the named range.

  6. [OK] をクリックします。Click OK.

実行時にドキュメントレベルのプロジェクトの NamedRange コントロールのサイズを変更するResize NamedRange controls at run time in a document-level project

RefersTo プロパティを使用して、名前付き範囲のサイズをプログラムで変更できます。You can resize a named range programmatically by using the RefersTo property.

Note

[プロパティ] ウィンドウで、 RefersTo プロパティは読み取り専用としてマークされています。In the Properties window, the RefersTo property is marked as read-only.

名前付き範囲のサイズをプログラムで変更するにはTo resize a named range programmatically

  1. NamedRange コントロールを のセル A1 Sheet1に作成します。Create a NamedRange control on cell A1 of Sheet1.

    Microsoft.Office.Tools.Excel.NamedRange NamedRange1 =
        this.Controls.AddNamedRange(this.Range["A1"], "NamedRange1");
    
    Dim NamedRange1 As Microsoft.Office.Tools.Excel.NamedRange = _
        Me.Controls.AddNamedRange(Me.Range("A1"), "NamedRange1")
    
  2. 名前付き範囲のサイズをセル B1が含まれる大きさに変更します。Resize the named range to include cell B1.

    NamedRange1.RefersTo = "=Sheet1!$A$1:$B$1";
    
    NamedRange1.RefersTo = "=Sheet1!$A$1:$B$1"
    

実行時に VSTO アドインプロジェクトの NamedRange コントロールのサイズを変更するResize NamedRange controls at run time in a VSTO Add-in project

実行時に、任意の開いているワークシート上の NamedRange コントロールのサイズを変更できます。You can resize a NamedRange control on any open worksheet at run time. VSTO アドインを使用してワークシートNamedRangeにコントロールを追加する方法の詳細については、 「」を参照してください。ワークシートに NamedRange コントロールを追加します。For more information about how to add a NamedRange control to a worksheet by using a VSTO Add-in, see How to: Add NamedRange controls to worksheets.

名前付き範囲のサイズをプログラムで変更するにはTo resize a named range programmatically

  1. NamedRange コントロールを のセル A1 Sheet1に作成します。Create a NamedRange control on cell A1 of Sheet1.

    
    Worksheet worksheet = Globals.Factory.GetVstoObject(Application.ActiveSheet);
    
    
    Microsoft.Office.Tools.Excel.NamedRange namedRange1 = worksheet.Controls.AddNamedRange(
        worksheet.Range["A1"], "MyNamedRange");
    
    Dim NativeWorksheet As Microsoft.Office.Interop.Excel.Worksheet = _
        Application.ActiveSheet
    
    Dim worksheet As Microsoft.Office.Tools.Excel.Worksheet = _
        Globals.Factory.GetVstoObject(NativeWorksheet)
    
    Dim namedRange1 As Microsoft.Office.Tools.Excel.NamedRange
    namedRange1 = worksheet.Controls.AddNamedRange(worksheet.Range("A1"), "MyNamedRange")
    
  2. 名前付き範囲のサイズをセル B1が含まれる大きさに変更します。Resize the named range to include cell B1.

    namedRange1.RefersTo = "=Sheet1!$A$1:$B$1";
    
    namedRange1.RefersTo = "=Sheet1!$A$1:$B$1"
    

関連項目See also