IManagedAddin インターフェイスIManagedAddin interface

読み込むコンポーネントを作成するには、その IManagedAddin インターフェイスを実装では、VSTO アドインを管理します。このインターフェイスは、2007 Microsoft Office system に追加された機能です。Implement the IManagedAddin interface to create a component that loads managed VSTO Add-ins. This interface was added in the 2007 Microsoft Office system.

構文Syntax

[
    object,
    uuid(B9CEAB65-331C-4713-8410-DDDAF8EC191A),
    pointer_default(unique),
    oleautomation
]
interface IManagedAddin : IUnknown
{
    HRESULT Load(
        [in] BSTR bstrManifestURL,
        [in] IDispatch *pdispApplication);
    HRESULT Unload();
};

メソッドMethods

IManagedAddin インターフェイスによって定義されているメソッドを次の表に示します。The following table lists the methods that are defined by the IManagedAddin interface.

名前Name 説明Description
IManagedAddin::LoadIManagedAddin::Load Microsoft Office アプリケーションがマネージド VSTO アドインを読み込むときに呼び出されます。Called when a Microsoft Office application loads a managed VSTO Add-in.
IManagedAddin::UnloadIManagedAddin::Unload Microsoft Office アプリケーションがマネージド VSTO アドインをアンロードする直前に呼び出されます。Called just before a Microsoft Office application unloads a managed VSTO Add-in.

RemarksRemarks

以降、2007 Microsoft Office system では、Microsoft Office アプリケーションでは、Office VSTO アドインの読み込みに IManagedAddin インターフェイスを使用します。独自の VSTO アドイン ローダーを作成する IManagedAddin インターフェイスを実装して、ランタイムをマネージ VSTO アドイン ローダーを使用する代わりに VSTO アドイン (VSTOLoader.dll) とVisual Studio Tools for Office RuntimeVisual Studio Tools for Office runtimeします。Microsoft Office applications, starting with the 2007 Microsoft Office system, use the IManagedAddin interface to help load Office VSTO Add-ins. You can implement the IManagedAddin interface to create your own VSTO Add-in loader and runtime for managed VSTO Add-ins, instead of using the VSTO Add-in loader (VSTOLoader.dll) and Visual Studio Tools for Office RuntimeVisual Studio Tools for Office runtime. 詳細については、「 Architecture of VSTO Add-ins」を参照してください。For more information, see Architecture of VSTO Add-ins.

マネージ アドインを読み込む方法How managed Add-ins are loaded

アプリケーションが起動すると、次の処理が行われます。The following steps occur when an application starts:

  1. アプリケーションによって、次のレジストリ キーにあるエントリが検索され、VSTO アドインが検出されます。The application discovers VSTO Add-ins by looking for entries under the following registry key:

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\ <アプリケーション名 > \Addins\**HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\<application name>* \Addins\*

    このレジストリ キーにある各エントリは、VSTO アドインの一意な ID です。Each entry under this registry key is a unique ID of the VSTO Add-in. 通常、これは VSTO アドイン アセンブリの名前です。Typically, this is the name of the VSTO Add-in assembly.

  2. アプリケーションによって、各 VSTO アドイン エントリにある Manifest エントリが検索されます。The application looks for a Manifest entry under the entry for each VSTO Add-in.

    マネージ VSTO アドインのマニフェストの完全なパスを格納できる、ManifestエントリHKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\ <アプリケーション名 > \Addins\ <アドイン ID > します。Managed VSTO Add-ins can store the full path of a manifest in the Manifest entry under HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\<application name> \Addins\<add-in ID>. マニフェストは、VSTO アドインの読み込みに使用される情報を提供するファイル (通常は XML ファイル) です。A manifest is a file (typically, an XML file) that provides information that is used to help load the VSTO Add-in.

  3. アプリケーションによって Manifest エントリが検出されると、そのアプリケーションはマネージド VSTO アドイン ローダー コンポーネントの読み込みを試みます。If the application finds a Manifest entry, the application tries to load a managed VSTO Add-in loader component. アプリケーションは、IManagedAddin インターフェイスを実装する COM オブジェクトを作成しようとしています。The application does this by trying to create a COM object that implements the IManagedAddin interface.

    Visual Studio Tools for Office RuntimeVisual Studio Tools for Office runtime VSTO アドイン ローダー コンポーネントが含まれています (VSTOLoader.dll)、または IManagedAddin インターフェイスを実装して、独自に作成することができます。The Visual Studio Tools for Office RuntimeVisual Studio Tools for Office runtime includes a VSTO Add-in loader component (VSTOLoader.dll), or you can create your own by implementing the IManagedAddin interface.

  4. アプリケーションによって IManagedAddin::Load メソッドが呼び出され、 Manifest エントリの値に渡されます。The application calls the IManagedAddin::Load method and passes in the value of the Manifest entry.

  5. IManagedAddin::Load メソッドによって、読み込む VSTO アドイン用のアプリケーション ドメインやセキュリティ ポリシーの構成など、VSTO アドイン読み込みに必要なタスクが実行されます。The IManagedAddin::Load method performs tasks required to load the VSTO Add-in, such as configuring the application domain and security policy for the VSTO Add-in that is being loaded.

    Microsoft Office アプリケーションを検出して読み込むに使用するキーが VSTO アドインを管理対象レジストリの詳細についてを参照してくださいVSTO アドインのレジストリ エントリします。For more information about the registry keys that Microsoft Office applications use to discover and load managed VSTO Add-ins, see Registry entries for VSTO Add-ins.

IManagedAddin を実装するためのガイダンスGuidance to implement IManagedAddin

IManagedAddin を実装する場合は、次の CLSID を使用して実装を含んでいる DLL を登録する必要があります。If you implement IManagedAddin, you must register the DLL that contains the implementation by using the following CLSID:

99D651D7-5F7C-470E-8A3B-774D5D9536AC99D651D7-5F7C-470E-8A3B-774D5D9536AC

Microsoft Office アプリケーションでは、この CLSID を使用して、読み込みを実装する COM オブジェクトを作成します。Microsoft Office applications use this CLSID to create the COM object that implements IManagedAddin.

Caution

この CLSID はによっても使用VSTOLoader.dllで、Visual Studio Tools for Office RuntimeVisual Studio Tools for Office runtimeします。This CLSID is also used by VSTOLoader.dll in the Visual Studio Tools for Office RuntimeVisual Studio Tools for Office runtime. そのため、IManagedAddin を使用して、独自の VSTO アドイン ローダーおよびランタイム コンポーネントを作成する場合は展開できませんコンポーネントに依存する VSTO アドインを実行しているコンピューターに、Visual Studio Tools for Office RuntimeVisual Studio Tools for Office runtimeします。Therefore, if you use IManagedAddin to create your own VSTO Add-in loader and runtime component, you cannot deploy your component to computers that are running VSTO Add-ins that rely on the Visual Studio Tools for Office RuntimeVisual Studio Tools for Office runtime.

関連項目See also