NamedRange コントロールNamedRange control

NamedRange コントロールは、一意の名前を持つ、イベントを公開する範囲です。このコントロールは、データにバインドすることができます。The NamedRange control is a range that has a unique name, exposes events, and can be bound to data. 詳細については、次の Excel オブジェクト モデルの概要を参照してください。For more information, see Excel object model overview.

適用対象: このトピックの情報は、ドキュメントに適用されます-レベルのプロジェクトおよび VSTO 追加-で Excel 用のプロジェクト。Applies to: The information in this topic applies to document-level projects and VSTO Add-in projects for Excel. 詳細については、「Office アプリケーションおよびプロジェクトの種類で使用できる機能」を参照してください。For more information, see Features available by Office application and project type.

コントロールを作成するCreate the control

ドキュメント レベルのプロジェクトでは、デザイン時または実行時に NamedRange コントロールを Microsoft Office Excel ワークシートに追加できます。You can add NamedRange controls to a Microsoft Office Excel worksheet at design time or at run time in document-level projects.

VSTO アドインでは実行時に NamedRange コントロールをワークシートに追加できます。You can add NamedRange controls to a worksheet at run time in a VSTO Add-in. 詳細については、「方法 :ワークシートに NamedRange コントロールを追加します。For more information, see How to: Add NamedRange controls to worksheets.

Note

既定では、動的に作成された名前付き範囲は、ワークシートを閉じる際に、ホスト コントロールとしてワークシートに残りません。By default, dynamically created named ranges are not persisted in the worksheet as host controls when the worksheet is closed. 詳細については、「実行時に Office ドキュメントにコントロールを追加する」を参照してください。For more information, see Add controls to Office documents at run time.

NamedRange コントロールは、特定のシート上の範囲でしか構成できません。NamedRange controls can only consist of ranges on specific sheets. NamedRange コントロールの名前には、すべてのシートに適用される相対名を使用できません。また、ブックの複数のワークシートにまたがる範囲 (3-D 範囲) で構成することもできません。NamedRange controls cannot have relative names that apply to all sheets, and they cannot consist of ranges that span two or more worksheets in a workbook (3-D ranges).

コントロールにデータをバインドするBind data to the control

名前付き範囲は多数のセルを使用できるため、複合データ バインディングで有力候補となりそうですが、範囲は単なるセルのコレクションでしかなく、データセットの特定の列に簡単にマップすることはできません。A named range would appear to be a good candidate for complex data binding since it can have many cells; however, a range is merely a collection of cells that cannot be easily mapped to a particular column from a dataset. したがって、 NamedRange コントロールがサポートするのは単純なデータ バインディングのみです。Therefore, NamedRange controls only support simple data binding. 複合データ バインディングには ListObject コントロールを使用できます。The ListObject control can be used for complex data binding. 詳細については、「 ListObject コントロール」を参照してください。For more information, see ListObject control.

NamedRange コントロールをデータ ソースにバインドするには、 DataBindings プロパティを使用します。The NamedRange control can be bound to a data source using the DataBindings properties. NamedRange コントロールの既定のデータ バインディング プロパティは Value2です。The default data binding property of the NamedRange control is Value2.

バインドされたデータセット内のデータが任意のメカニズムにより更新された場合に、 NamedRange コントロールが変更を反映します。If the data in the bound dataset is updated through any mechanism, the NamedRange control reflects the changes.

書式設定Formatting

Range に適用できる書式設定は、 NamedRange コントロールに適用できます。Formatting that can be applied to a Range can be applied to a NamedRange control. これには、罫線、フォント、数値書式、およびスタイルが含まれます。This includes borders, fonts, number formats, and styles.

コントロールの名前を変更するRename the control

NamedRange [ツールボックス] からコントロールをワークシートに追加すると、そのコントロールの名前が Visual Studio により自動的に生成されます。When you add a NamedRange control to your worksheet from the Toolbox, Visual Studio automatically generates a name for the control. 名前は [プロパティ] ウィンドウで変更できます。You can change the name in the Properties window.

イベントEvents

次のイベントは NamedRange コントロールに対して利用できます。The following events are available for the NamedRange control:

関連項目See also