XmlMappedRange コントロールXmlMappedRange control

XmlMappedRange コントロールは、非繰り返しスキーマ要素が Microsoft Office Excel のセルにマップされている場合にのみ作成される範囲です。The XmlMappedRange control is a range that is created only when a non-repeating schema element is mapped onto a cell in Microsoft Office Excel. たとえば、スキーマ要素の maxOccurs 属性が1と等しい場合です。For example, when the maxOccurs attribute of a schema element equals 1. XML にマップされた範囲が Visual Studio によって作成された後は、Excel オブジェクトモデルを走査する必要なく、直接プログラミングできます。After Visual Studio creates the XML mapped range, you can program against it directly without having to traverse the Excel object model. 要素のマッピングが削除された場合、Excel 内の XmlMappedRange コントロールのみを削除できます。You can only delete a XmlMappedRange control within Excel when the element mapping is removed.

適用対象: このトピックの情報は、ドキュメントに適用されます-Excel のレベルのプロジェクト。Applies to: The information in this topic applies to document-level projects for Excel. 詳細については、「Office アプリケーションおよびプロジェクトの種類で使用できる機能」を参照してください。For more information, see Features available by Office application and project type.

コントロールにデータをバインドするBind data to the control

XmlMappedRange コントロールでは、単一のデータフィールド (単純データバインディング) へのバインドがサポートされています。An XmlMappedRange control supports binding to a single data field (simple data binding). ListObject コントロールは、複合データバインディングをサポートでき、繰り返しスキーマ要素がセルにマップされるときに自動的に作成されます。The ListObject control can supports complex data binding, and is automatically created when a repeating schema element is mapped onto a cell. 詳細については、「 ListObject コントロール」を参照してください。For more information, see ListObject control.

XmlMappedRange コントロールは、DataBindings プロパティを使用してデータソースにバインドされます。The XmlMappedRange control is bound to a data source using the DataBindings property. XmlMappedRange がワークシートセルに追加されると、Visual Studio は、マップされたセル内のデータからデータセットを自動的に生成し、そのデータセットにコントロールをバインドします。When an XmlMappedRange is added to a worksheet cell, Visual Studio automatically generates a data set from the data in the mapped cells, and binds the control to that data set. XmlMappedRange の既定のデータバインディングプロパティは Value2です。The default data binding property of the XmlMappedRange is Value2.

バインドされたデータセット内のデータが任意のメカニズムによって更新されると、XmlMappedRange 制御によって変更が反映されます。If the data in the bound data set is updated through any mechanism, the XmlMappedRange control reflects the changes.

書式設定Formatting

Rangeに適用できる XmlMappedRange コントロールに同じ書式設定を適用できます。You can apply the same formatting to an XmlMappedRange control that you can apply to a Range. これには、罫線、フォント、番号形式、スタイルが含まれます。This includes borders, fonts, number format, and styles.

イベントEvents

XmlMappedRange コントロールで使用できるイベントは次のとおりです。The events available for the XmlMappedRange control are:

関連項目See also