Visual Studio 2017 へようこそ

デバイスまたはデスクトップで機能する Web およびクラウド向けの優れたアプリを作成するのに必要なものがすべて揃っています。 iOS、Android、Linux、Windows、その他用のコードを 1 つの統合開発環境 (IDE) で記述してください。 便利な対話型コード ヘルプ (IntelliSense)、簡単なコード ナビゲーションとデバッグ、高速なビルド、すばやいデプロイをご利用ください。 Visual Studio なら生産性が向上し、単独での作業も、より大きなチームの一員としての作業も容易になります。

注意

Visual Studio 2017 のリリース ノートについては、こちらをクリックしてください。

Visual Studio Community を無料でダウンロードし、コーディングをすぐに開始してください。 クロス プラットフォーム開発を行う場合は、オプションのパッケージをインストールします。 さらに多くの機能が必要な場合は、Visual Studio の他のエディションをご確認ください。

Visual Studio 2017 は、「Visual Studio のダウンロード」からダウンロードしてインストールできます。 インストール プロセスについて詳しくは、「Visual Studio 2017 RC のインストール」をご覧ください。 すぐに作業に取りかかり、新しいプロジェクトを作成、またはコード ファイルを開いて、コードの記述を開始してください。 作成するアプリの種類を選択します。 あるいは、Visual Studio IDE のツアーを見て、ツールの理解を深めてください。

忘れずに コード ギャラリー を調べ、アプリをすばやく作成するのに役立つサンプルを見つけてください。 「Channel 9」と「Microsoft Virtual Academy」で使用可能な多くの無料の Visual Studio ビデオをご確認ください。

クロス プラットフォーム アプリとゲームをビルドする

Visual Studio を使用して、Android、iOS、Linux、Windows、その他のデバイス用のアプリとゲームを作成できます。 詳細については、クロス プラットフォーム モバイル開発に関する記事をご覧ください。 ユニバーサル Windows アプリでは、複数のプラットフォームでコードを活用できます。 詳しくは、ユニバーサル Windows アプリに関するページをご覧ください。

アプリ要件に基づいて必要なツールと使用する言語を選択します。

DirectX、Unity、Unreal、Cocos などのゲーム開発ツールとともに Visual Studio を使用してゲームを作成します

アプリをクラウド サービスに接続する

Azure などのオンライン アカウント サービスがある場合は、接続済みサービスを使用してそれらにすぐに接続できます。

Visual Studio をインストールするときに、必要に応じて Azure Development ワークロードをインストールして Azure SDK for .NETを入手します。 これらのツールを使用すると、Azure サービスへの接続だけでなく、IDE から直接クラウド対応のアプリとリソースを作成し、管理できます。

  • HockeyApp では、ベータ版の配信、ライブ クラッシュ レポートの収集、実際のユーザーからのフィードバックの取得を行うことができます。

さらに、クラウドに格納されているデータに接続するために、Office 365 REST API を独自のアプリに統合できます。 詳細については、 これらのサンプルを参照してください。

ASP.NET で優れた Web アプリを作成する

ASP.NET Core は、MVC、WebAPI、および SignalR へのメジャー アップデートであり、Windows、Mac、および Linux で実行されます。 ASP.NET Core は、最新のクラウド ベースの Web アプリとサービスをビルドするための効率的で構成可能な .NET スタックを提供するために、まったく新たに設計されました。

コードのビルド、テスト、管理

コードのチェックイン

チームで作業している場合、最新バージョンのコードを共有して、チーム全員が同じコードベースを使用する必要があります。 Visual Studio は Visual Studio Team Services や Team Foundation Server とシームレスに統合し、Git または TFVC (Team Foundation バージョン管理) でのバージョン管理を提供します。

Visual Studio Team Services を使用してコードをクラウドに格納すると、ローカル サーバーのメンテナンスが不要になります。 オンプレミスのサーバーを使用する場合は、Team Foundation Server を使用します。 コード プロジェクトを作成するたびに、そのプロジェクトをバージョン管理に追加するオプションが表示されます。 ニーズに最適なバージョン管理システムを調べるには、「Choosing the right version control for your project (プロジェクトに最適なバージョン管理を選択する)」をご覧ください。

アプリのビルド

アプリをローカルでビルドし、 それが正常に機能することを確認します。 デバッグ ツールを使用して 、アプリの問題を修正します。 あるいは、共有ビルド サーバーまたはクラウドにプロジェクトをビルドすることもできます。 チームの開発者がバージョン管理にチェックインしたコードをビルドするよう、ビルド プロセスを自動化します。 たとえば、1 つまたは複数のプロジェクトを夜間にビルドすることも、コードのチェックインごとにビルドすることもできます。 詳細については、「Continuous integration on any platform (あらゆるプラットフォームでの継続的インテグレーション)」をご覧ください。

アプリをテストして品質を向上

単体テストを作成し、アプリの品質を向上させます。 このテストはチェックインするたびに、ビルドの一部として実行できます。

アプリの手動テストと自動化されたテストを計画、作成、実行します。 テスト計画、スイート、テスト ケース、テスト結果は、Visual Studio Team Services でクラウドに、または Team Foundation Server でオンプレミスのサーバーに格納されます。 アプリケーションのテストについて学びます。

メモリの利用状況、CPU の利用状況、その他のアプリケーション レベルの問題を診断します。 詳細については、「Profiling tools (プロファイリング ツール)」をご覧ください。

チームのコードの迅速な配信

チームのメンバーの間の障壁を取り除き、共同作業を向上させます。 さらに、実稼働に至る開発の各ステージへのアプリのリリースを自動化します。 実行中にはアプリのパフォーマンスと可用性を監視します。 顧客がアプリを実際にどのように使用しているかに関するリアルタイム使用状況データを収集します。 詳細については、「 DevOps とアプリケーション ライフサイクル管理 」を参照してください。

新機能

Visual Studio の新機能について説明します。

Visual Studio 2017 の新機能 Visual C++ の新機能
Visual C# の新機能

Visual Studio を拡張する

独自の Visual Studio 拡張機能を追加して、コーディングの際によく使用するツールまたはスクリプトを含めます。 カスタム メニュー項目とツール ウィンドウを作成し、独自のツールを Visual Studio IDE に統合することができます。 Visual Studio エディターを拡張してコードの分析と修正を行うことも、新しいプロジェクトの種類を追加して必要なものだけを含めることもできます。

Visual Studio 機能拡張ツール (VS SDK) の最新バージョンを検索するには、「 Visual Studio SDK」を参照してください。

.NET コンパイラ プラットフォーム (Roslyn) を使用して、独自のコード アナライザーとコード ジェネレーターを記述することができます。 必要なものはすべて Roslynに揃っています。

Microsoft 開発者や開発コミュニティが作成した VS IDE の既存の拡張機能 を検索してください。