Office Web Apps サーバーの概要Office Web Apps Server overview

に適用されます: Office Web アプリケーション サーバーApplies to: Office Web Apps Server

の概要: Office Web アプリケーション サーバーとサポートされているホストへのブラウザー ベースの Office 機能を提供する方法について説明します。Summary: Learn about Office Web Apps Server and how it provides browser-based Office functionality to supported hosts.

対象ユーザー: IT 担当者Audience: IT Professionals

Office Web アプリケーション サーバーは、Word、PowerPoint、Excel、および OneNote のブラウザ ・ ベースのバージョンを提供する新しい Office サーバー製品です。1 つの Office Web アプリケーション サーバー ファームには、SharePoint 2013、Lync Server 2013、共有フォルダー、および web サイトを Office ファイルにアクセスするユーザーをサポートできます。新しいスタンドアロンでの導入モデルでは、更新、組織内に、Office Web アプリケーション サーバーのファームに展開されている他の Office サーバー製品とは別に管理できますを意味します。Office Web Apps Server is a new Office server product that delivers browser-based versions of Word, PowerPoint, Excel, and OneNote. A single Office Web Apps Server farm can support users who access Office files through SharePoint 2013, Lync Server 2013, shared folders, and websites. The new stand-alone deployment model means that you can manage updates to your Office Web Apps Server farm independently of other Office Server products that are deployed in your organization.

重要

この資料は、 Office Web アプリケーション サーバーのコンテンツのロードマップの一部です。記事、ダウンロードの開始点としてのロードマップを使用し、役立つビデオを展開し、Office Web アプリケーション サーバーを管理します。This article is part of the Content roadmap for Office Web Apps Server. Use the roadmap as a starting point for articles, downloads, and videos that help you deploy and manage Office Web Apps Server.
Office の Web アプリを使用して、デスクトップまたはモバイル デバイス上のヘルプを検索していますか?Office.com上の「Office Web Apps」を検索し、この情報が表示されます。Are you looking for help with Office Web Apps on your desktop or mobile device? You can find this information by searching for "Office Web Apps" on Office.com.

この記事の内容In this article:

  • Office Web Apps サーバーについてAbout Office Web Apps Server

  • SharePoint 2013 が Office Web Apps サーバーを使用して Office ドキュメントを表示および編集する方法How SharePoint 2013 uses Office Web Apps Server for viewing and editing Office documents

  • Lync Server 2013 が Office Web Apps サーバーを使用して PowerPoint ブロードキャストを表示する方法How Lync Server 2013 uses Office Web Apps Server for viewing PowerPoint broadcasts

  • Office Web Apps サーバーでオンライン ビューアーを使用して共有フォルダーや Web サイトの Office ファイルを表示する方法How Office Web Apps Server enables viewing Office files in shared folders and web sites by using Online Viewers

Office Web Apps サーバーについてAbout Office Web Apps Server

Office Web アプリケーション サーバーは、ブラウザー ベースのファイルを表示および編集 Office ファイル用のサービスを提供する Office サーバー製品です。Office Web アプリケーション サーバーは、WOPI、Web アプリケーション プラットフォームのオープン ・ インタ フェースのプロトコルをサポートする製品およびサービスで動作します。ホストと呼ばれる、これらの製品には、SharePoint 2013 および Lync Server 2013 が含まれます。Office Web アプリケーションのサーバー ファームは、設置型の複数のホストに Office サービスを提供することができをスケール アウトできます 1 つのサーバーからファームを複数のサーバーに、組織のニーズ増大とします。Office Web アプリケーション サーバーには、他のサーバー アプリケーションを実行しない専用のサーバーが必要ですが、その代わりに仮想マシンのインスタンスで Office Web アプリケーション サーバーをインストールできます。Office Web Apps Server is an Office server product that provides browser-based file viewing and editing services for Office files. Office Web Apps Server works with products and services that support WOPI, the Web app Open Platform Interface protocol. These products, known as hosts, include SharePoint 2013 and Lync Server 2013. An Office Web Apps Server farm can provide Office services to multiple on-premises hosts, and you can scale out the farm from one server to multiple servers as your organization’s needs grow. Although Office Web Apps Server requires dedicated servers that run no other server applications, you can install Office Web Apps Server on virtual machine instances instead.

展開し、Office Web Apps をスタンドアロン製品は、組織内で管理すると便利です。SharePoint 2013 を展開する場合など、不要になったがある場合、SharePoint Server 2010 と緊密に統合された以前のバージョンである Office Web Apps をサポートするために SharePoint インフラストラクチャを最適化します。適用することも更新 Office Web アプリケーション サーバー ファームに個別に、さまざまな頻度で SharePoint または Lync Server を更新するよりもします。スタンドアロンの Office Web アプリケーションのサーバー ファームを持つユーザーが表示または共有フォルダーまたは他の web サイトのような SharePoint のサーバーの外部に格納されている Office ファイルを編集することをも意味します。この機能は、オンラインの視聴者と呼ばれる機能によって提供されます。It is easier to deploy and manage Office Web Apps within your organization now that it is a stand-alone product. If you deploy SharePoint 2013, for example, you no longer have to optimize the SharePoint infrastructure to support Office Web Apps, which in earlier versions was tightly integrated with SharePoint Server 2010. You can also apply updates to the Office Web Apps Server farm separately and at a different frequency than you update SharePoint or Lync Server. Having a stand-alone Office Web Apps Server farm also means that users can view or edit Office files that are stored outside SharePoint Server, such as those in shared folders or other websites. This functionality is provided by a feature known as Online Viewers.

次の図は、Office Web Apps の前の配置モデルと Office Web Apps の新しいスタンドアロンでの導入モデルとの違いを示します。The following illustration shows the differences between the previous deployment model for Office Web Apps and the new stand-alone deployment model for Office Web Apps.

Office Web Apps の展開モデルの違いDifferences between the Office Web Apps deployment models

以前の配置モデルと Office Web アプリケーション サーバーの新しいスタンドアロンでの導入モデルとの違いを示しています。Shows the difference between the previous deployment model and the new stand-alone deployment model for Office Web Apps Server

SharePoint 2013 が Office Web Apps サーバーを使用して Office ドキュメントを表示および編集する方法How SharePoint 2013 uses Office Web Apps Server for viewing and editing Office documents

SharePoint Server 2013 を併用すると、Office Web アプリケーション サーバーには、Word Web App、Excel Web App、PowerPoint Web App では、更新されたバージョンが用意されていて、OneNote Web アプリケーションのユーザーを表示したり、場合によっては、サポートされている web を使用して SharePoint ライブラリ内の Office ドキュメントを編集コンピューター上および Windows の電話、iPhones、台もの Ipad、および Windows 8 のタブレットなど、さまざまなモバイル デバイスのブラウザーです。Office Web Apps で多くの新機能、強化されたタッチのサポート、および編集機能を有効にする台もの Ipad と Windows 8 のタブレットのユーザーは、編集、デバイスから直接 Office ドキュメントを表示することをお楽しみです。When used with SharePoint Server 2013, Office Web Apps Server provides updated versions of Word Web App, Excel Web App, PowerPoint Web App, and OneNote Web App. Users can view and, in some cases, edit Office documents in SharePoint libraries by using a supported web browser on computers and on many mobile devices, such as Windows Phones, iPhones, iPads, and Windows 8 tablets. Among the many new features in Office Web Apps, improved touch support and editing capabilities enable users of iPads and Windows 8 tablets to enjoy editing and viewing Office documents directly from their devices.

次の図は、表示や編集にさまざまな種類のデバイスに Office Web Apps の機能をまとめたものです。The following illustration summarizes the viewing and editing capabilities of Office Web Apps on different kinds of devices.

Office Web Apps の表示と編集の機能Viewing and editing capabilities of Office Web Apps

![グラフィック表示や編集にさまざまな種類のデバイスに Office Web Apps の機能をまとめたものです。タッチ スクリーン用に最適化されたものが強調表示されます]。(images/Ff431685.8bf76669-f511-4e02-8ed3-d658e9e746f0(Office.15).gif "グラフィック表示や編集にさまざまな種類のデバイスに Office Web Apps の機能をまとめたものです。タッチ スクリーン用に最適化されたものが強調表示されます")。A graphic that summarizes the viewing and editing capabilities of Office Web Apps on different kinds of devices. It highlights those that are optimized for touch screens.

注意

PowerPoint ブロードキャストは、SharePoint 2013 から削除されます。OneDrive と Lync Server 2013 を使用可能になります。PowerPoint Broadcast is removed from SharePoint 2013. It is available through OneDrive and Lync Server 2013.

Office Web Apps の新機能の詳細については、設置型の SharePoint 2013 を使用する Office Web Apps 方法を参照してください。For more information about what’s new in Office Web Apps, see How Office Web Apps work on-premises with SharePoint 2013.

Lync Server 2013 が Office Web Apps サーバーを使用して PowerPoint ブロードキャストを表示する方法How Lync Server 2013 uses Office Web Apps Server for viewing PowerPoint broadcasts

Lync Server 2010 では、PowerPoint プレゼンテーションは 2 つの方法のいずれかで表示されます。Lync 2010 を実行するユーザーの場合、PowerPoint プレゼンテーションは、PowerPoint 97-2003 形式で、埋め込みの PowerPoint Viewer を使用して表示されます。Lync Web App を実行するユーザーの場合、PowerPoint プレゼンテーションは動的 HTML ファイルに変換されてから、カスタマイズされた DHTML ファイルと Silverlight の組み合わせを使用して表示されます。この方法は通常は有効ですが、いくつかの制限がありました。In Lync Server 2010, PowerPoint presentations are viewed in one of two ways. For users who run Lync 2010, PowerPoint presentations are displayed by using the PowerPoint 97-2003 format and they are viewed by using an embedded copy of the PowerPoint viewer. For users who run Lync Web App, PowerPoint presentations are converted to dynamic HTML files then viewed by using a combination of the customized DHTML files and Silverlight. Although generally effective, this approach did have some limitations:

  • 埋め込み PowerPoint Viewer (より優れた表示機能を提供) を使用できるのは Windows プラットフォームのみです。The embedded PowerPoint Viewer (which provided a more optimal viewing experience) is available only on the Windows platform.

  • 多くのモバイル デバイス (広く普及している携帯電話の一部を含む) では Silverlight はサポートされていません。Many mobile devices (including some of the more popular mobile telephones) do not support Silverlight.

    PowerPoint Viewer でも DHTML/Silverlight の方法でも、最新版の PowerPoint で提供されるすべての機能 (画面切り替えや埋め込みビデオなど) がサポートされるわけではありません。Neither the PowerPoint Viewer nor the DHTML/Silverlight approach supports all the features (including slide transitions and embedded video) found in the more recent editions of PowerPoint.

これらの問題は、対処できるように、表示、または PowerPoint プレゼンテーションを表示するすべてのユーザーの全体的な使用感を向上させるために、Lync Server 2013 は、PowerPoint プレゼンテーションを処理するために Office Web アプリケーション サーバーを使用します。間での他の利点は、この新たなアプローチでは、次のような機能ことができます。To help address these issues, and to improve the overall experience of anyone who presents or views PowerPoint presentations, Lync Server 2013 uses Office Web Apps Server to handle PowerPoint presentations. Among other advantages, this new approach allows the following capabilities:

  • 高解像度表示、および PowerPoint 機能 (アニメーション、画面切り替え、埋め込みビデオなど) の十分なサポート。Higher-resolution displays and better support for PowerPoint capabilities such as animations, slide transitions, and embedded video.

  • 追加のモバイル デバイスは、これらのプレゼンテーションにアクセスできます。Lync Server 2013 を使用して、標準の DHTML および JavaScript カスタム DHTML と Silverlight ではなく PowerPoint プレゼンテーションをブロードキャストするためです。Additional mobile devices can access these presentations. That's because Lync Server 2013 uses standard DHTML and JavaScript to broadcast PowerPoint presentations instead of customized DHTML and Silverlight.

  • 適切な権限を持つユーザーが、PowerPoint プレゼンテーションを、プレゼンテーションそのものとは別にスクロール表示できます。たとえば、Ken Myer が自分のスライド ショーを提示しているときに、Pilar Ackerman は必要なスライドをスクロールして表示できます。Ken のプレゼンテーションにはまったく影響しません。Users who have appropriate privileges can scroll through a PowerPoint presentation independent of the presentation itself. For example, while Ken Myer is presenting his slide show, Pilar Ackerman can scroll through and view any slide she wishes, all without affecting Ken's presentation.

Office Web アプリケーション サーバーを使用するのには、Lync Server 2013 を構成する方法の詳細については、 Office Web アプリケーション サーバーを展開し Lync Server 2013を参照してください。For more information about how to configure Lync Server 2013 to use Office Web Apps Server, see Deploying Office Web Apps Server and Lync Server 2013.

Office Web Apps サーバーでユーザーがオンライン ビューアーを使用して共有フォルダーや Web サイトの Office ファイルを表示する方法How Office Web Apps Server enables users to view Office files in shared folders and websites by using Online Viewers

オンライン ビューアーは、web サーバーに格納されている、または組織内のフォルダーを共有する、Excel、PowerPoint、および Word のファイルを表示する web ブラウザーを使用するユーザーを有効にします。簡単に表示できます Office ファイル、web ブラウザーで別のアプリケーションを開くことがなく。さらに、オンラインの視聴者には、ユーザーのコンピューターにインストールする Office 2013 は不要です。オンライン ビューアーでは、リンクまたは web ページ内の URL を埋め込むのために必要なコードも生成します。イントラネット内またはインターネット上でオンラインのビューアーを使用できます。Online Viewers enable users to use a web browser to view Excel, PowerPoint and Word files that are stored on web servers or shared folders in an organization. Users can conveniently view Office files in a web browser without having to open a separate application. In addition, Online Viewers do not require Office 2013 to be installed on users’ computers. Online Viewers also generate the code that is required to link or embed the URL inside a webpage. You can use Online Viewers within your Intranet, or on the Internet.

Office Web アプリケーション サーバーでは、UNC または URL アドレスを持つ公開されているドキュメントへのリンクを生成するために使用できるアドレス http://OfficeWebAppsServername/op/generate.aspx のページを提供します。ユーザーは、生成された URL を選択すると、オンライン視聴者はオフィスの Web アプリケーション サーバーの場所からファイルを取得し、Office Web Apps を使用してレンダリングする有効にします。ユーザー、Word、Excel、または PowerPoint ファイル ブラウザーで表示できます、Office の機能をそのままの状態です。Word 文書のレイアウトが保持されます、Excel のブックでデータをフィルター処理され、並べ替え、および PowerPoint のプレゼンテーションにアニメーションを再生します。ただしとになるオンラインのビューアーで表示がないファイルを編集するユーザーは、オンラインの閲覧者が認証を必要とするすべてのファイルを開くことができません。Office Web Apps Server provides a page at the address http://OfficeWebAppsServername/op/generate.aspx that you can use to generate links to publicly available documents that have UNC or URL addresses. When a user selects a generated URL, Online Viewers enable Office Web Apps Server to get the file from its location and then render it by using Office Web Apps. The user can view the Word, Excel, or PowerPoint file in a browser with Office features intact. Formatting and layout in Word documents are preserved, data in Excel workbooks can be filtered and sorted, and animations play in PowerPoint presentations. However, be aware that Online Viewers allow users to view but not edit files, and Online Viewers can't open any files that require authentication.

オンライン ビューアーの詳細については、「オンライン ビューアーの計画」を参照してください。You can find more about Online Viewers in Planning for Online Viewers.

注意

マイクロソフトは、インターネット向けの専用バージョンOffice.com上の URL の作成をホストします。Microsoft hosts an Internet-only facing version of Create URL on Office.com.

関連項目See also

Office Web Apps サーバーのコンテンツ ロードマップContent roadmap for Office Web Apps Server
Office Web Apps サーバーの計画Plan Office Web Apps Server
Office Web Apps サーバーの展開Deploy Office Web Apps Server