Get ヘルプアプリをカスタマイズするCustomize the Get Help app

Get Help アプリを使用すると、お客様はサポートを支援する前に、トラブルシューティング、インスタント回答、Microsoft サポート記事などにセルフヘルプを提供できます。The Get Help app empowers customers to self-help with troubleshooters, instant answers, Microsoft support articles, and more, before contacting assisted support.

サポートアプリまたはサポート web サイトでお客様を対象としている場合は、unattend.xml を使用して、Get ヘルプアプリ内にサポートオプションを表示できます。If you have a support app or support website you would like to direct customers towards, you can use unattend.xml to display your support option within the Get Help app. サポートに連絡するためのオプションについては、ヘルプアプリを参照してください。A link to your support app or website is surfaced wherever options to contact support are shown in the Get Help app. リストの最初の項目が、指定したリンクになります。The first item in the list will be the link you provided.

お客様は、設定アプリ、Cortana、Bing の回答、[スタート] メニュー、および多くの Microsoft web エクスペリエンスから [ヘルプの取得] に送信されます。Customers are sent to the Get Help from the Settings app, Cortana, Bing Instant Answers, the Start Menu, and numerous Microsoft web experiences. また、独自のアプリや web サイトからヘルプを表示することもできます。It is also possible to launch Get Help from your own apps and websites.

コンシューマーエクスペリエンスConsumer experience

Get Help アプリを使用すると、質問をして推奨される解決策を入手したり、サポートに問い合わせることができます。For consumers, the Get Help app provides a way to ask a question and get recommended solutions or contact assisted support. デバイスの国/地域と言語に応じて、仮想エージェントまたは検索サポートの2つのエクスペリエンスのいずれかが表示されます。Depending on the country/region and language of the device, one of two experiences will be shown: Virtual Agent, or Search support.

仮想エージェントVirtual Agent

Microsoft の仮想エージェントは、Windows やその他の製品に関連する問題に対応するように設計されたサポートチャットボットです。Microsoft's Virtual Agent is a support chat bot designed to help with issues related to Windows and other products. これにより、問題を理解し、最適なソリューションを提供するための会話アプローチが実現します。This brings a conversational approach to understanding problems and providing the most appropriate solution. 仮想エージェントがソリューションを提供できない場合は、サポートに連絡するためのオプションを顧客に指示します。また、これらのオプションについていつでも要求することもできます。If the Virtual Agent is unable to provide a solution, it will direct customers to the options for contacting support; it is also possible to ask for those options at any time. このエクスペリエンスは en-us でのみご利用いただけます。This experience is only available in en-US.

OEM カスタマイズでは、一覧の最高のサポートオプション (サポート web サイトへのリンクまたはサポートアプリ) が提供されます。OEM customization provides the top support option in the list — a link to either your support website, or your support app.

ヘルプアプリの取得-仮想エージェント

検索サポートSearch support

仮想エージェントの使用経験がない市場では、お客様は質問を入力し、推奨されるサポートコンテンツを受け取ることにより、検索のサポートを利用できます。In markets that do not have the Virtual Agent experience available, customers can utilize search support by entering a question and receiving back recommended support content. 検索結果の下に、サポートに連絡するためのオプションが表示されます。Beneath the search results, the options for contacting support will be listed.

OEM カスタマイズでは、一覧の最高のサポートオプション (サポート web サイトへのリンクまたはサポートアプリ) が提供されます。OEM customization provides the top support option in the list — a link to either your support website, or your support app.

アプリ検索のサポートを利用する

一覧の最初のオプションである [OEM に問い合わせる]

エンタープライズエクスペリエンスEnterprise experience

Enterprise Sku では、Get Help アプリによって、お客様が適切な種類のサポートにアクセスすることに重点を置いたさまざまなエクスペリエンスが提供されます。For Enterprise SKUs, the Get Help app provides a different experience that focuses on getting customers to the right kind of support. 一覧表示されているサポートオプションは、すべての企業ユーザーを対象にしています。The support options listed are shown to all enterprise customers. 各オプション内でサポートが提供されるかどうかは、企業のサポート契約によって異なります。Availability of support within each option depends upon support agreements with the enterprise.

注意

OEM サポートオプションは、Get ヘルプアプリのエンタープライズエクスペリエンスでは表示されません。OEM support options are not displayed in the Enterprise experience of the Get Help app.

サポート情報のカスタマイズCustomize support information

Get Help アプリに OEM サポート情報を表示するには、サポート web サイトの URL へのリンク、またはサポートアプリの URI へのリンク (下の Unattend.xml) を指定する必要があり Microsoft-Windows-Shell-Setup-OEMInformation ます。To display your OEM support information in the Get Help app, you must provide either a link to the URL of your support website, or to the URI of your support app, in Unattend.xml under Microsoft-Windows-Shell-Setup-OEMInformation.

サポート情報を Get Help アプリに追加する方法の詳細については、「無人セットアップのリファレンス」の Oeminformation の設定 を参照してください。See the OEMInformation setting in the Unattended setup reference to learn more about how to add your support information to the Get Help app.

のパスを指定する例を次に示し SupportAppURL ます。Here is an example where a path for SupportAppURL is supplied. この場合、Get Help アプリは顧客を OEM のサポートアプリに転送します。In this case , the Get Help app will direct customers to the OEM's support app:

<OEMInformation>
   <SupportProvider>Contoso</SupportProvider>
   <SupportAppURL>ContosoSupport://path/?param=val</SupportAppURL>
</OEMInformation>

SupportAppURL は存在し、有効な文字列値を含んでいる必要があります。それ以外の場合、サポート情報は取得されません。SupportAppURL must be present and contain valid string values, otherwise Get Help won't pick up your support information. SupportProvider は、リンクに表示される名前の省略可能なオーバーライドです。SupportProvider が存在しない場合の既定値は、SystemInformation (msinfo32.exe) の SystemManufacturer です。SupportProvider is an optional override for the name shown on the link; the default when SupportProvider is not present is SystemManufacturer from SystemInformation (msinfo32.exe).

"ContosoSupport" は、サンプルのプロトコル名です。システム内の既存のプロトコル名と競合しない場合は、アプリ独自のプロトコル名を選択できます。"ContosoSupport" is a sample protocol name; you can pick your app's own protocol name, if it does not conflict with an existing protocol name in the system.

アプリのプロトコルハンドラーを登録するには、次のようにします。To register a protocol handler for your app:

  • ユニバーサルアプリの場合、プロトコルハンドラーは、package.appxmanifest ファイル (Visual Studio プロジェクトの一部) のセクションの下に指定されます <Extensions>For a Universal app, the protocol handler is specified in the package.appxmanifest file (part of the Visual Studio project), under the <Extensions> section. 詳細については、「 ハンドル URI のアクティブ化 」を参照してください。See Handle URI activation for more details.
  • Win32 アプリの場合は、レジストリにプロトコルハンドラーが指定されています。For a Win32 app, the protocol handler is specified in the registry. 詳細については 、「アプリケーションを URI スキームに登録する 」を参照してください。See Registering an Application to a URI Scheme for more details.

注意

Win32 アプリは、Windows 10 のモードではサポートされていません。Win32 apps are not supported in Windows 10 in S mode.

の URL が指定されている例を次に示し SupportURL ます。Here is an example where a URL for SupportURL is provided. この場合、Get Help アプリは顧客を OEM のサポート webiste に誘導します。In this case, the Get Help app will direct customers to the OEM's support webiste.

<OEMInformation>
   <SupportProvider>Contoso</SupportProvider>
   <SupportURL>https://www.contoso.com/support?param=val</SupportURL>
</OEMInformation>

SupportURL は存在し、有効な文字列値を含んでいる必要があります。それ以外の場合、サポート情報は取得されません。SupportURL must be present and contain valid string values, otherwise Get Help won't pick up your support information. SupportProvider は、リンクに表示される名前の省略可能なオーバーライドです。SupportProvider が存在しない場合の既定値は、SystemInformation (msinfo32.exe) の SystemManufacturer です。SupportProvider is an optional override for the name shown on the link; the default when SupportProvider is not present is SystemManufacturer from SystemInformation (msinfo32.exe).

Get Help アプリは、OEM サポートオプションが選択されている場合に、指定された SupportURL を Microsoft Edge で起動します。The Get Help app will launch the specified SupportURL in Microsoft Edge when the OEM support option is chosen.

ヘルプの表示の開始Launch Get Help

次の URL へのリンクを提供することで、アプリまたは web サイトから Get Help アプリに顧客を送信できます。You can send customers to the Get Help app from your app or website by providing a link to the following URL:

ms-contact-support://oem/<Manufacturer>

ここで <Manufacturer> 、はすべて小文字で、"contoso" や "fabrikaminc" などの途切れのない名前です。Where <Manufacturer> is an all lowercase, unbroken name such as "contoso" or "fabrikaminc". 一般に、これは、長い正式なビジネス名ではなく、ブランド名の最も単純なバージョンである必要があります。Generally, this should be the simplest version of your brand name, not the longer formal business name. この情報は、ユーザーが Get Help アプリを起動した場所を識別するために使用されます。アプリを直接カスタマイズするためには使用されません。This information is used to identify where users launched the Get Help app from; it is not used to customize the app directly.