特定の吸収率 (SAR) マッピング テーブルをカスタマイズする

モバイル ブロードバンド モデムの特定吸収率 (SAR) テーブルを構成し、レジストリに格納できます。 モバイルブロードバンドモデムが Windows デバイスに接続されている場合、Windows は表を自動的に使用して、モデムの登録済み通信事業者 (MO) の運用地域識別コード (MCC) を適切な SAR バックオフ インデックスにマップし、それを使用してモデムを構成します。

イメージング時または実行時にレジストリ設定を構成することもできます。 パッケージ内のイメージのデプロイ時に、レジストリ設定をイメージに構築した場合、SAR マッピング テーブルは、起動後すぐにすべての OS コンポーネントに対して準備が整います。 デバイスの起動後に実行時コンポーネントを使用してレジストリ設定を構成する場合は、Windows のインストールまたはアップグレードによって、静的 SAR 構成が変更または消去されないようにします。また、デバイスとの整合性を保ち、OS のインストールに依存しないようにします。

モバイル ブロードバンド モデムの SAR サポートの詳細については、「モバイル ブロードバンド固有の吸収率プラットフォームのサポート」を参照してください。

カスタマイズした SAR マッピング テーブルに基づいて、Windows がモデムをどのように読み取り、構成するかの概要を次に示します。

  1. SARMappingTable および SARConfiguration の設定を含む、レジストリ設定を含むパッケージを作成します。

  2. パッケージをデバイスのイメージにビルドします。

  3. Windows (具体的には、WWAN サービス) は、起動時にレジストリを読み取り、後で組み込みの SAR 対応モデムが特定の MO に登録されるときに使用するために設定を保存します。

  4. また、Windows は、レジストリの変更通知をリッスンして、設定のレジストリが変更されたかどうかを確認します。 これは、実行時に設定を追加および変更する独自の方法を使用でき、Windows が変更をすぐに受け入れることを意味します。

  5. モデムが実行時に MO に登録されると、Windows は MO の MCC を取得し、SAR マッピング テーブルから対応する SAR バックオフ インデックスを検索します。

  6. Windows は、モバイル ブロードバンド固有の吸収率プラットフォーム サポートで定義されている MBIM インターフェイスを使用して、SAR バックオフ インデックスをモデムに送信します。

  7. モデムが別の国にローミングすると、新しい MO の MCC が変更されます。 Windows は、新しい MO の MCC を使用して、SAR マッピングテーブルから対応する SAR バックオフ インデックスを再び検索し、それをモデムに送信します。

レジストリの場所と構文

SAR マッピング テーブルを構築および構成するためのレジストリ設定は、基本レジストリ キーの下にのみ存在します。

HKLM\OEM\Cellular\DeviceSpecific

基本キーの下には、次の 2 つのサブキーがあります。

これらのサブキーの設定は完全にオプションです。 静的 SAR 構成設定をイメージ時に指定することも、実行時に静的な設定を更新することもできます。

Note

コンポーネントが実行時に設定を更新する場合は、レジストリ値 ConfigurationVersion の構成バージョン番号をレジストリへの最後の書き込みとして増やす必要があります。 ConfigurationVersion レジストリ値が変更されるたびに、Windows はすべての構成設定を読み取り、有効にします。

SARMappingTable サブキー

SARMappingTable サブキーは、最大 1000 個のレジストリ値を持つことができます。 SAR バックオフ インデックスは国ごとに作成されます。 SAR バックオフ テーブルでは、国ごとに 1 つのエントリをサポートできます。 このコンテキストでの国は、標準 MCC (運用地域識別コード) によって識別されます。

Note

値の名前は、MCC を表す 3 桁の 10 進数で構成されている必要があります。 最大 1000 個のレジストリ値の名前、つまり、"000" から "999" が存在する可能性があります。

値の名前 種類 データ
MCC を表す 3 桁の 10 進数 WCHAR 文字列 0,2,5,8 など、WCHAR 文字列内のコンマ区切りの 10 進数。 これらの数値は、MCC の SAR バックオフ インデックスを表します。 一連のバックオフ インデックスは、モデムのアンテナの配列に対応し、アンテナの最初のバックオフ インデックスはインデックス 0、アンテナの 2 番目のバックオフ インデックスはインデックス 1 というように続きます。 アンテナが 1 つしかない単純なモデムの場合は、最初のアンテナと唯一のアンテナに対して、"2" などの文字列にインデックスが 1 つだけ必要です。

特定の MCC のレジストリ値が存在しない場合は、特殊な reg 値 000 のデータが使用されます。 特定のバックオフ インデックスを必要としない国では、この既定値を使用できます。 MCC と特殊な reg 値 000 の両方のレジストリ値が存在しない場合、MCC には SAR インデックスは使用されません。

SARConfiguration サブキー

SARConfiguration 設定は、モデムの DSI メッセージを使用してパススルーする機能には影響しません。 たとえば、SAR プロキシでは、既存の API (WWAN サービス API や対応する WinRT API) を使用して、SAR コントロールとマッピングのカスタム設計を実装できます。

BackOffEnabled および ControlMode の設定では、モデムの DSI メッセージの値が優先されます。 モデムの DSI メッセージが WWAN サービスを通過すると、これら 2 つの設定の値が保存され、次に必要になったときに、レジストリ設定の値に関係なく使用されます。 レジストリの BackOffEnabled および ControlMode の設定に 0xFFFFFFFF (変更なし) が含まれ、モデムの DSI メッセージが通過しない場合、WWAN サービスはモデムに現在ある値を使用します。 WWAN サービスは、モデムの起動時にクエリを実行し、モデムの値を取得して記憶します。

値の名前 種類 データ
SARMappingTableEnabled DWORD 0 - SAR マッピングテーブルは無効です。
1 - SAR マッピングテーブルは有効です。
データが存在しないか無効な場合は、0 の既定値が適用されます。
BackoffEnabled DWORD 0 - SAR バックオフは無効です。
1 - SAR バックオフは有効です。
0xFFFFFFFF モデムは現在のバックオフ状態を維持する必要があります。
データが存在しないか無効な場合は、0xFFFFFFFF の既定値が適用されます。
ControlMode DWORD 0 - SAR バックオフ メカニズムは、モデム デバイスによって直接制御されます。
1 - SAR バックオフ メカニズムは、オペレーティング システムによって制御および管理されます。
0xFFFFFFFF モデムは現在の制御モードを維持する必要があります。
データが存在しないか無効な場合は、0xFFFFFFFF の既定値が適用されます。
ConfigurationVersion DWORD このレジストリ値は、OEM ランタイム コンポーネントが SAR マッピング テーブルおよびその他のパラメーターが更新されたことを Windows に通知するように設計されています。 OEM ランタイム コンポーネントは、SAR マッピングテーブルまたはレジストリ内のその他のパラメーターの更新が完了するたびに、ConfigurationVersion レジストリ値を増分する必要があります。
データが存在しないか無効な場合、ランタイム コンポーネントは SAR レジストリ設定を構成しません。