特定の吸収率 (SAR) マッピングテーブルをカスタマイズするCustomize a Specific Absorption Rate (SAR) mapping table

モバイルブロードバンドモデムの特定の吸収率 (SAR) テーブルを構成して、レジストリに格納することができます。You can configure and store a Specific Absorption Rate (SAR) table for mobile broadband modems in the registry. モバイルブロードバンドモデムが Windows デバイスに接続されている場合、Windows は自動的にテーブルを使用して、モデムの登録された携帯電話 (MO) の携帯電話会社 (MCC) を適切な SAR バックオフインデックスにマップし、それを使用してモデムを構成します。When a mobile broadband modem is connected to the Windows device, Windows automatically uses the table to map the mobile country code (MCC) of the modem's registered mobile operator (MO) to its appropriate SAR back-off index, and configure the modem with it.

イメージング時または実行時にレジストリ設定を構成することもできます。You may choose to configure the registry settings at imaging time, or run-time. パッケージ内のイメージの展開時にイメージにレジストリ設定を構築した場合、SAR マッピングテーブルは、起動後すぐにすべての OS コンポーネントの準備が整います。If you build the registry settings into the image at image deployment time within a package, the SAR mapping table will be ready for any OS component as soon as it starts. デバイスの起動後に実行時コンポーネントを使用してレジストリ設定を構成する場合、静的 SAR 構成は、Windows のインストールまたはアップグレードによって変更または消去されず、デバイスとの整合性が維持され、OS のインストールとは無関係になります。If you use a run-time component to configure the registry settings after device bootup, you ensure that the static SAR configuration will not be changed and/or wiped out by Windows installation or upgrade, and that it stays consistent to the device and independent of OS installation.

モバイルブロードバンドモデムの SAR サポートの詳細については、「 モバイルブロードバンド固有の吸収率プラットフォームのサポート」を参照してください。For more details on SAR support for mobile broadband modems, please see Mobile Broadband Specific Absorption Rate Platform Support.

ここでは、カスタマイズされた SAR マッピングテーブルに基づいて、Windows がモデムをどのように読み取り、構成するかの概要を示します。Here is an overview of how Windows will read and configure the modem based on your customized SAR mapping table:

  1. SARMappingTableおよびSARConfigurationの設定を含む、レジストリ設定を含むパッケージを作成します。Create a package that contains your registry settings, including those for the SARMappingTable and SARConfiguration.

  2. デバイスのイメージにパッケージをビルドします。Build the package into the image for the device.

  3. Windows (特に、WWAN サービス) では起動時にレジストリが読み取られ、その後使用するために設定が保存されます。これは、埋め込みの SAR 対応モデムが特定の MO に登録されている場合に発生します。Windows (the WWAN service, in particular) will read the registry at start-up and store the settings for later usage when an embedded, SAR-capable modem registers with a particular MO.

  4. また、レジストリの変更通知をリッスンして、設定のレジストリが変更されたかどうかを確認します。Windows also listens to registry change notifications to know if the registry for the settings is changed. つまり、実行時に設定を追加および変更する独自の方法を使用することができ、Windows はすぐに変更を受け入れます。This means you may use your own way of adding and changing the settings at run-time, and Windows will accept the changes immediately.

  5. モデムが実行時に MO に登録されると、Windows は MO の MCC を取得し、SAR マッピングテーブルから対応する SAR バックオフインデックスを検索します。When a modem is registered with an MO at run-time, Windows takes the MCC of the MO and finds the corresponding SAR back-off index(es) from the SAR mapping table.

  6. Windows は、 モバイルブロードバンド固有の吸収率プラットフォームサポートで定義されている mbim インターフェイスを使用して、SAR バックオフインデックスをモデムに送信します。Windows will then send the SAR back-off index to the modem using the MBIM interface defined in Mobile Broadband Specific Absorption Rate Platform Support.

  7. モデムが別の国にローミングすると、新しい MO の MCC が変更されます。When the modem roams to another country, the MCC for the new MO will change. Windows は、新しい MO の MCC を使用して、SAR マッピングテーブルから対応する SAR バックオフインデックスを検索し、それをモデムに送信します。Windows will again find the corresponding SAR back-off index(es) from the SAR mapping table using the MCC of the new MO and send it to modem.

レジストリの場所と構文Registry location and syntax

SAR マッピングテーブルを構築および構成するためのレジストリ設定は、基本レジストリキーの下にのみ存在します。The registry settings to build and configure the SAR mapping table reside exclusively under the base registry key:

HKLM\OEM\Cellular\DeviceSpecific

基本キーの下には、次の2つのサブキーがあります。Under the base key, there are two subkeys:

これらのサブキーの設定は完全に省略可能です。Setting these subkeys is entirely optional. 静止した SAR 構成設定をイメージ時に指定することも、実行時に静的な設定を更新することもできます。You may supply static SAR configuration settings at image-time or update any static settings at run-time.

注意

コンポーネントが実行時に設定を更新する場合は、レジストリ値の構成バージョン番号を ConfigurationVersion レジストリへの最後の書き込みとして増やす必要があります。If you have components update the settings at run-time, you must increment the configuration version number in the registry value ConfigurationVersion as the last write to the registry. ConfigurationVersionレジストリ値が変更されるたびに、Windows によってすべての構成設定が読み取られ、有効になります。Whenever the ConfigurationVersion registry value is changed, Windows will read all configuration settings and put them into effect.

SARMappingTable サブキーSARMappingTable subkey

SARMappingTableサブキーは、最大1000のレジストリ値を持つことができます。The SARMappingTable subkey may have up to 1000 registry values. SAR バックオフインデックスは国ごとに作成されます。The SAR back-off index(es) is per country. SAR バックオフテーブルでは、国ごとに1つのエントリをサポートできます。The SAR back-off table will be able to support one entry per country. このコンテキストの国は、標準の MCC (携帯電話番号) によって識別されます。A country in this context is identified by the standard MCC (Mobile Country Code).

注意

値の名前は、MCC を表す3桁の10進文字で構成されている必要があります。The value name must consist of three decimal-digit characters that represents the MCC. 最大1000のレジストリ値の名前 "000" ~ "999" が存在する場合があります。There may be up to 1000 registry value names, "000" through "999".

値の名前Value name 種類Type データData
MCC を表す3桁の10進数Three-decimal-digit representing the MCC WCHAR 文字列WCHAR string WCHAR 文字列のコンマ区切りの10進数 (など) 0,2,5,8Comma-separated decimal number in WCHAR string, such as 0,2,5,8. これらの数値は、MCC の SAR バックオフインデックスを表します。The numbers represent the SAR back-off indexes for the MCC. 一連のバックオフインデックスは、モデムのアンテナの配列に対応します。これは、アンテナの最初のバックオフインデックス (インデックス0の場合)、2番目のバックオフインデックス (インデックス1のアンテナの場合) などです。The sequence of back-off indexes corresponds to an array of antennas in modem, with the first back-off index for the antenna at index 0, the second back-off index for the antenna at index 1, and so on. アンテナが1つしかない単純なモデムの場合、1つ目のアンテナに対しては、"2" のような1つのインデックスのみを文字列に指定する必要があります。For a simple modem with only one antenna, there needs to be only one index in the string, such as “2”, for the first and only antenna.

特定の MCC のレジストリ値が存在しない場合は、特殊な reg 値のデータが 000 使用されます。If a registry value for a particular MCC is absent, the data in the special reg value 000 will be used. 特定のバックオフインデックスを必要としない国には、この既定値を使用できます。You may use this default value for countries that do not need specific back-off indexes. MCC と特別な reg 値の両方のレジストリ値が存在しない場合 000 、MCC には SAR インデックスは使用されません。If both a registry value for the MCC and the special reg value 000 are absent, no SAR index will be used for the MCC.

SARConfiguration サブキーSARConfiguration subkey

この SARConfiguration 設定は、モデムの DSI メッセージを使用してパススルーする機能には影響しません。The SARConfiguration settings do not affect your ability to use modem DSI messages to pass through. たとえば、SAR プロキシでは、既存の API (WWAN サービス API または対応する WinRT Api) を使用して、SAR コントロールとマッピングのカスタム設計を実装できます。For example, SAR proxy may implement a custom design for SAR control and mapping using the existing API (the WWAN service API and/or the corresponding WinRT APIs).

との設定では、[ BackOffEnabled ControlMode モデムの DSI メッセージ] の値が優先されます。For the BackOffEnabled and ControlMode settings, the value in modem DSI messages will take precedence. モデムの DSI メッセージが WWAN サービスを通過すると、これら2つの設定の値は保存され、次に必要になったときに、レジストリ設定の値に関係なく使用されます。If a modem DSI message passes through the WWAN service, the values of these two settings will be saved and will be used next time they are needed, regardless what values the registry settings for those are. BackOffEnabled ControlMode レジストリのおよび設定に (変更なし) が含まれていて、モデムの DSI メッセージが通過し 0xFFFFFFFF ない場合、WWAN サービスは現在モデムにある値を使用します。If the BackOffEnabled and ControlMode settings in registry contain 0xFFFFFFFF (no change) and no modem DSI message ever passes through, the WWAN service will use the value currently in the modem. WWAN サービスは、モデムの起動時にクエリを実行し、モデムの値を取得して記憶します。The WWAN service queries the modem at start to obtain and remember the values in the modem.

値の名前Value name 種類Type データData
SARMappingTableEnabledSARMappingTableEnabled DWORDDWORD 0 -SAR マッピングテーブルが無効です。0 - SAR mapping table is disabled.
1 -SAR マッピングテーブルが有効になっています。1 - SAR mapping table is enabled.
データが存在しない場合、または無効な場合は、の既定値 0 が適用されます。If the data is absent or invalid, the default value of 0 is applied.
バックオフ有効BackoffEnabled DWORDDWORD 0 -SAR バックオフは無効です0 - SAR back-off is disabled
1 -SAR-バックオフが有効になっています。1 - SAR-backoff is enabled.
0xFFFFFFFF –モデムは、現在のバックオフ状態を保持する必要があります。0xFFFFFFFF – modem should retain its current back-off state.
データが存在しない場合、または無効な場合は、の既定値 0xFFFFFFFF が適用されます。If the data is absent or invalid, the default value of 0xFFFFFFFF is applied.
ControlModeControlMode DWORDDWORD 0 -SAR バックオフメカニズムは、モデムデバイスによって直接制御されます。0 - SAR back-off mechanism is controlled by the modem device directly.
1 -SAR-バックオフメカニズムは、オペレーティングシステムによって制御および管理されます。1 - SAR-backoff mechanism is controlled and managed by the operating system.
0xFFFFFFFF – modem は、現在の制御モードを維持する必要があります。0xFFFFFFFF – modem should retain its current control mode.
データが存在しない場合、または無効な場合は、の既定値 0xFFFFFFFF が適用されます。If the data is absent or invalid, the default value of 0xFFFFFFFF is applied.
ConfigurationVersionConfigurationVersion DWORDDWORD このレジストリ値は、SAR マッピングテーブルやその他のパラメーターが更新されたことを Windows に通知するために、OEM ランタイムコンポーネント向けに設計されています。This registry value is designed for OEM run-time components to inform Windows that the SAR mapping table and other parameters are updated. OEM ランタイムコンポーネントは、 ConfigurationVersion SAR マッピングテーブルまたはレジストリ内のその他のパラメーターの更新が完了するたびに、レジストリ値を増やす必要があります。An OEM run-time component must increment the ConfigurationVersion registry value every time it completes updating the SAR mapping table, or other parameters in the registry.
データが存在しないか無効な場合、実行時コンポーネントは SAR レジストリ設定を構成しません。If the data is absent or invalid, the run-time component will not configure any SAR registry settings.