タスクバーをカスタマイズするCustomize the Taskbar

さらに3つのアプリをタスクバーにピン留めすることができます。You can pin up to three additional apps to the taskbar. これを行うには、次の2つの方法があります。There are two methods to do this:

  • タスクバーのレイアウト変更 XML メソッド (推奨)Taskbar Layout Modification XML method (recommended)

    • Multivariant イメージをサポートします。地域ごとに異なるタスクバーレイアウトのセットを指定できます。Supports multivariant images; you can specify different sets of taskbar layouts for different regions.
    • 1つの XML ファイルを使用します。Uses a single XML file.
    • は、タスクバーに UWP アプリを追加できる唯一の方法です。Is the only method that allows you to add UWP apps to the taskbar.
    • 次の例では、ファイル名 "TaskbarLayoutModification.xml" が使用されていますが、好きな名前を選択できます。In the examples below, the file name “TaskbarLayoutModification.xml” is used, however, you can choose any name you like.
  • 従来の無人セットアップ方法 (Windows 10 では引き続きサポートされていますが、非推奨とマークされており、今後のビルドでは使用できない可能性があります)Classic Unattend method (still supported in Windows 10, but marked as deprecated, and may not be available in future builds)

タスクバーは、[ 開始 ]、[ 検索 ]、[ タスクビュー ] の各リンクに加えて、[メール]、[エッジ]、[エクスプローラー]、[ストア] という4つの追加のウィンドウから提供されるリンクを使用して開始します。The taskbar starts with the following links: Start , Search , and Task View , plus four additional Windows-provided links: Mail, Edge, File Explorer, and Store. これらの pin は、削除したり置き換えたりすることはできません。These pins cannot be removed or replaced.

Oem は、3つの追加のピン留めされたアプリをタスクバーに追加できます。OEMs can add up to three additional pinned apps to the taskbar.

左から右に記述された言語では、タスクバーのアイコンは左から右 ([開始]、[検索]、[タスクビュー]、[Windows が指定した Pin]、[OEM が提供した pin]、[メール]) の順に並べられています。For left-to-right languages, the taskbar icons are ordered from left to right (Start, Search, Task View, Windows-provided Pins, OEM-provided pins, Mail). 右から左に記述する言語では、タスクバーのアイコンは、右端の要素が 開始 されている逆の順序になっています。For right-to-left languages, the taskbar icons are in the opposite order, with the right-most element being Start.

既定のパスを追加するAdd a default path

Windows でタスクバーのレイアウト変更 XML ファイルを使用するには、レジストリキー (LayoutXMLPath) をイメージに追加してから、イメージを一般化して再キャプチャする必要があります。To use a Taskbar Layout Modification XML file in Windows, you’ll need to add a registry key (LayoutXMLPath) to the image, and then generalize and recapture the image. レジストリキーは、specialize 構成パスの前に処理する必要があります。The registry key must be processed before the specialize configuration pass. つまり、後でイメージを一般化する予定がない限り、同期コマンド/FirstLogonCommands を使用してレジストリキーを追加することはできません。This means you won’t be able to simply add the registry key by using Synchronous Commands/FirstLogonCommands unless you plan to generalize the image afterwards.

ファイルの場所を使用することをお勧めし C:\Windows\OEM\TaskbarLayoutModification.xml ます。これは、 プッシュボタンの自動適用フォルダーのリセットに使用される既定のパスであるためです。We recommend using the file location C:\Windows\OEM\TaskbarLayoutModification.xml, because this is the default path used for Push-button reset auto-apply folders.

その他のショートカットファイル、アプリ、およびタスクバーのレイアウト変更ファイル自体は、通常のイメージング手法を使用していつでも変更できます。The other shortcut files, apps, and the Taskbar Layout Modification file itself can be changed at any time through regular imaging techniques. 従来の無人セットアップ方法を使用してタスクバーのリンクを追加する予定がある場合でも、このレジストリキーをすべてのイメージに追加することができます。You can add this registry key to all your images, even if you intend to add taskbar links using the Classic Unattend method.

taskbarlayoutmodification.xml の構成Configure taskbarlayoutmodification.xml

  1. Windows イメージをテクニシャンコンピューターにインストールします。Install the Windows image to a technician computer.

  2. イメージが起動したら、CTRL キーと SHIFT キーを押しながら F3 キーを押して、監査モードに切り替えます。After the image boots, go into audit mode by pressing CTRL+SHIFT+F3.

  3. 次のレジストリキーを追加して、タスクバーのレイアウト変更ファイルの既定の場所を定義します。Add the following registry key to define a default location for the Taskbar Layout Modification file:

    cmd /c reg add HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\ /v LayoutXMLPath /d C:\Windows\OEM\TaskbarLayoutModification.xml

  4. タスクバーのレイアウト変更ファイル (TaskbarLayoutModification.xml) を既定の場所に追加します (例:) C:\Windows\OEM\TaskbarLayoutModification.xmlAdd a Taskbar Layout Modification file (TaskbarLayoutModification.xml) in the default location, for example: C:\Windows\OEM\TaskbarLayoutModification.xml. また、ファイルのバックアップコピーをに配置することをお勧め C:\Recovery\AutoApply\TaskbarLayoutModification.xml します。これにより、 プッシュボタンのリセット時に復元されます。We also recommend placing a backup copy of the file at C:\Recovery\AutoApply\TaskbarLayoutModification.xml so it will be restored during a push-button reset.

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <LayoutModificationTemplate
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/Start/2014/LayoutModification"
    xmlns:defaultlayout="http://schemas.microsoft.com/Start/2014/FullDefaultLayout"
    xmlns:start="http://schemas.microsoft.com/Start/2014/StartLayout"
    xmlns:taskbar="http://schemas.microsoft.com/Start/2014/TaskbarLayout"
    Version="1">
    
    <CustomTaskbarLayoutCollection PinListPlacement="Replace">
        <defaultlayout:TaskbarLayout>
            <taskbar:TaskbarPinList>
                <taskbar:UWA AppUserModelID="Microsoft.Windows.Photos_8wekyb3d8bbwe!App" />
                <taskbar:DesktopApp DesktopApplicationLinkPath="%ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Accessories\Paint.lnk"/>
            </taskbar:TaskbarPinList>
        </defaultlayout:TaskbarLayout>
        <defaultlayout:TaskbarLayout Region="US|GB">
            <taskbar:TaskbarPinList >
                <taskbar:DesktopApp DesktopApplicationLinkPath="%APPDATA%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Accessories\Notepad.lnk" />
                <taskbar:UWA AppUserModelID="Microsoft.WindowsCalculator_8wekyb3d8bbwe!App" />
            </taskbar:TaskbarPinList>
        </defaultlayout:TaskbarLayout>
        <defaultlayout:TaskbarLayout Region="CN|TW">
            <taskbar:TaskbarPinList>
                <taskbar:DesktopApp DesktopApplicationLinkPath="%APPDATA%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Accessories\Notepad.lnk" />
                <taskbar:UWA AppUserModelID="Microsoft.Windows.Photos_8wekyb3d8bbwe!App" />
                <taskbar:DesktopApp DesktopApplicationLinkPath="%ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Accessories\Paint.lnk"/>
            </taskbar:TaskbarPinList>
        </defaultlayout:TaskbarLayout>
    </CustomTaskbarLayoutCollection>
    </LayoutModificationTemplate>
    
  5. Sysprepを使用して Windows イメージを一般化します。Generalize the Windows image using Sysprep:

    Sysprep /generalize /oobe /shutdown

  6. Windows PE で起動します。Boot to Windows PE.

  7. イメージを再キャプチャします。Recapture the image. 次に例を示します。For example:

    Dism /Capture-Image /CaptureDir:C:\ /ImageFile:c:\install-with-new-taskbar-layout.wim /Name:"Windows image with Taskbar layout"

  8. このイメージを他の Pc に適用できるようになりました。You can now apply this image to other PCs.

アプリを参照するにはTo reference your apps

  • 従来の Windows アプリケーション の場合は、ショートカット (.lnk) ファイルを使用します。For Classic Windows applications , use shortcut (.lnk) files. すべてのユーザーの [スタート] メニューで同じショートカット .lnk ファイルを使用することをお勧めします。We recommend using the same shortcut .lnk files in the All Users Start menu. 例:Example:

    DesktopApp
    DesktopApplicationLinkPath="%ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Accessories\Paint.lnk"
    
  • ユニバーサル windows アプリ の場合は、ユニバーサル windows アプリユーザーモデル ID を使用します。For Universal Windows apps , use the Universal Windows app user model ID. 例:Example:

    UWA AppUserModelID="Microsoft.Windows.Photos_8wekyb3d8bbwe!App"

注意

Url ファイルへのリンクはサポートされていません。Links to .url files are not supported.

異なる地域で異なるレイアウトを使用するにはTo use different layouts for different regions

領域ごとに異なるレイアウトを使用するには、defaultlayout タグに領域を含めます。To use different layouts for different regions, include a region in the defaultlayout tag. これらのリージョンでは、「 Windows の使用可能な言語パック」に記載されている言語/地域タグの後半部分を使用します。These regions use the second half of the language/region tags listed in Available Language Packs for Windows. パイプ (|) 文字で区切られた複数の地域タグを使用できます。You can use multiple region tags separated by a pipe (|) character. 次に、中国語 (PRC) と中国語 (台湾) の領域にピンを追加する例を示します。Here is an example of adding pins to the Chinese (PRC) and Chinese (Taiwan) regions:

<defaultlayout:TaskbarLayout Region="CN|TW">

無人セットアップおよびタスクバーのレイアウト変更 XML の設定を Windows が解析する方法How Windows parses the setting for Unattend and Taskbar Layout Modification XML

タスクバーをカスタマイズするために新しい方法に移行している間に、古い無人セットアップ TaskbarLinks の設定が含まれている既存のイメージを使用する場合があります。While you’re transitioning to the new method to customize the taskbar, you may end up using existing images that still include your old Unattend TaskbarLinks settings. その場合は、次のようになります。When that happens:

  1. 有効なタスクバーのレイアウト変更 XML ファイルが見つかった場合は、XML ファイルが使用され、無人セットアップタスクバーの設定は無視されます。If Windows finds a valid Taskbar Layout Modification XML file, it uses the XML file, and ignores any of the Unattend taskbar settings.
  2. タスクバーのレイアウト変更の XML ファイルが見つからない場合、または無効な場合は、古い無人セットアップ TaskbarLinks の設定が検索されます。If the Taskbar Layout Modification XML file isn't found, or is invalid, Windows looks for the old Unattend TaskbarLinks settings. 見つかった場合は、それらを使用します。If it finds them, it uses them.
  3. Windows が有効なタスクバーのレイアウト変更 XML ファイルまたは無人 TaskbarLink 設定を見つけられない場合は、Windows によって提供される pin と 開始検索 、および タスクの表示 のみが表示されます。If Windows can't find either a valid Taskbar Layout Modification XML file, or Unattend TaskbarLink settings, then only the Windows-provided pins and Start , Search , and Task View are shown.

タスクバーの透明度を設定するSet transparency for the taskbar

タスクバーの既定の透明度設定は15% です。The default transparency setting for the taskbar is 15%. OLED の濃いモードでタスクバーを機能させるには、タスクバーの透明度を40% に設定する必要があります。To make Taskbar work with the Dark Mode on OLED displays, you need to set the taskbar transparency to 40%.

タスクバーの透明度を設定するには、"UseOLEDTaskbarTransparency" という名前のレジストリキーを作成し、次の場所に配置します。To set the transparency for the Taskbar, create a registry key called “UseOLEDTaskbarTransparency” and place it in the following location:

HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced

重要

このレジストリキーは、OLED 画面のタスクバーの透明度を変更する場合にのみ使用してください。This registry key should only be used to change the taskbar transparency for OLED screens. 非 OLED の表示では、既定の透明度を変更することはできません。We do not advise changing the default transparency on non-OLED displays.

アクション センターAction Center

アクションセンターでピン留めされているクイックアクションタイルのほとんどはカスタマイズできません。Most quick action tiles that are pinned in the Action Center are not customizable. ただし、デバイスに複数のカラープロファイルがインストールされている場合は、デスクトップクイックアクションタイル ( カラープロファイル ) のいずれかを有効にすることができます。You can, however, enable one of the desktop quick action tiles, Color Profile , if more than one color profile is installed on the device. 既定では、このクイックアクションタイルは使用できません。By default, this quick action tile is not available. ユーザーがアクションセンターでカラープロファイルを表示できるようにするには、次のようにします。To let users see Color Profile in the Action Center:

  1. 少なくとも2つの ICC カラープロファイルをプライマリディスプレイにインストールします。Install at least two ICC color profiles on the primary display. これを実現する方法の詳細については、Microsoft の担当者にお問い合わせください。For more information on how to accomplish this, please work with your Microsoft representative.

  2. 次のレジストリキーを追加して、Microsoft QuickAction. ColorProfile クイックアクションを有効にします: HKLM\Software\Microsoft\Windows\Shell\OEM\QuickActions\ColorProfileQuickAction = 0x1 (DWORD)Add the following registry key to enable the Microsoft.QuickAction.ColorProfile quick action: HKLM\Software\Microsoft\Windows\Shell\OEM\QuickActions\ColorProfileQuickAction = 0x1 (DWORD)