タスク バーをカスタマイズする

ヒント

このトピックに関する Windows 10 向けの情報については、「Windows 10 タスクバーをカスタマイズする」を参照してください。

最大でさらに 3 つのアプリをタスクバーにピン留めすることができます。 タスクバーのピン留めは、次の 2 つの方法のうちいずれかで構成できます。

  • TaskbarLayoutModification.XML を使用する方法 (推奨)

    • さまざまなバリエーションのイメージをサポートしています。地域ごとに異なるタスクバー レイアウトのセットを指定できます。
    • 1 つの XML ファイルを使用します。
    • タスクバーに UWP アプリを追加できる唯一の方法です。
    • 以下の例では、ファイル名 "TaskbarLayoutModification.xml" が使用されていますが、任意の名前を選択できます。
  • 従来の無人セットアップの方法 (Windows 10 では引き続きサポートされていますが、非推奨とマークされており、将来のビルドでは使用できない可能性があります)

Image showing the Windows desktop, including the taskbar

初期状態のタスクバーには、スタート検索 (グリフ)タスク ビューウィジェットチャットへのリンクに加えて、Windows によって提供されるエクスプローラーEdgeStore への 3 つの追加のリンクがあります。 これらのピンは、削除することも置き換えることもできません。

OEM は、これ以外に最大で 3 つのアプリをタスクバーにピン留めすることができます。

左から右に記述する言語では、タスクバーのアイコンは左から右に並べられ、右から左に記述する言語では、タスクバーのアイコンは逆順で、右端の要素が スタート になります。

TaskbarLayoutModification.xml ファイルを作成する

TaskbarLayoutModification.xml ファイルの基本的な例を次に示します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LayoutModificationTemplate
xmlns="http://schemas.microsoft.com/Start/2014/LayoutModification"
xmlns:defaultlayout="http://schemas.microsoft.com/Start/2014/FullDefaultLayout"
xmlns:start="http://schemas.microsoft.com/Start/2014/StartLayout"
xmlns:taskbar="http://schemas.microsoft.com/Start/2014/TaskbarLayout"
Version="1">

<CustomTaskbarLayoutCollection PinListPlacement="Replace">
    <defaultlayout:TaskbarLayout>
        <taskbar:TaskbarPinList>
            <taskbar:UWA AppUserModelID ="Microsoft.WindowsNotepad_8wekyb3d8bbwe!App"/> 
            <taskbar:UWA AppUserModelID="Microsoft.WindowsCalculator_8wekyb3d8bbwe!App" />
            <taskbar:DesktopApp DesktopApplicationLinkPath="%APPDATA%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\System Tools\Command Prompt.lnk"/>
        </taskbar:TaskbarPinList>
    </defaultlayout:TaskbarLayout>
</CustomTaskbarLayoutCollection>
</LayoutModificationTemplate>

上の例は、メモ帳、電卓 UWP アプリ、コマンド プロンプトの 3 つのピン留めされた項目を含む既定のレイアウトを定義しています。

レイアウトにピン留めを追加する

<taskbar:TaskbarPinList> 要素の下に最大で 3 つの要素を追加することにより、従来の Windows アプリケーションまたはユニバーサル Windows アプリをタスクバーにピン留めします。

  • 従来の Windows アプリケーションを追加するには、ショートカット (.lnk) ファイルへのパスを指定する DesktopApplicationLinkPath 属性を持つ <taskbar:DesktopApp> 要素を追加します。 すべてのユーザーの [スタート] メニューで同じショートカット .lnk ファイルを使用することをお勧めします。 例:

    <taskbar:TaskbarPinList>
    <taskbar:DesktopApp DesktopApplicationLinkPath="%APPDATA%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\System Tools\Command Prompt.lnk"/>
    </taskbar:TaskbarPinList>
    

    Note

    従来の Windows アプリケーションの中には、以前のバージョンの Windows の場合とは異なる方法でパッケージ化されているものもあります。 詳細については、「メモ帳」および「ペイント」を参照してください。

  • ユニバーサル Windows アプリの場合は、ユニバーサル Windows アプリのユーザー モデル ID (AUMID) を指定する AppUserModelID 属性を持つ <Taskbar:UWA> 要素を追加します。 例:

    <taskbar:TaskbarPinList>
    <taskbar:UWA AppUserModelID="Microsoft.Windows.Photos_8wekyb3d8bbwe!App"/>
    </taskbar:TaskbarPinList>
    

    インストールされているアプリの AUMID を検索する方法については、「インストール済みアプリのアプリケーション ユーザー モデル ID の検索」を参照してください。

Note

.url ファイルへのリンクはサポートされていません。

地域ごとに異なるレイアウトを使用する

同じ TaskbarLayoutModification.xml ファイル内で、地域ごとに異なるレイアウトを定義することもできます。 地域ごとに異なるレイアウトを追加するには、利用可能な地域を定義する Region 属性を含む追加の <defaultlayout:TaskbarLayout> 要素を構成します。 複数の地域タグを、パイプ文字 (|) で区切って指定します。

次の例では、中国語 (PRC) と中国語 (台湾) 地域へのピンを追加しています。

<defaultlayout:TaskbarLayout Region="CN|TW">

Note

これらの地域には、Windows の使用可能な言語パックに関するページの後半に一覧表示されている言語/地域タグを使用します。

次の例は、既定の構成に加えて特定の地域のための 2 つの構成が含まれる、TaskbarLayoutModification.xml ファイルです。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LayoutModificationTemplate
xmlns="http://schemas.microsoft.com/Start/2014/LayoutModification"
xmlns:defaultlayout="http://schemas.microsoft.com/Start/2014/FullDefaultLayout"
xmlns:start="http://schemas.microsoft.com/Start/2014/StartLayout"
xmlns:taskbar="http://schemas.microsoft.com/Start/2014/TaskbarLayout"
Version="1">

<CustomTaskbarLayoutCollection PinListPlacement="Replace">
    <defaultlayout:TaskbarLayout>
        <taskbar:TaskbarPinList>
            <taskbar:UWA AppUserModelID="Microsoft.Windows.Photos_8wekyb3d8bbwe!App" />
            <taskbar:DesktopApp DesktopApplicationLinkPath="%APPDATA%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\System Tools\Command Prompt.lnk"/>
        </taskbar:TaskbarPinList>
    </defaultlayout:TaskbarLayout>
    <defaultlayout:TaskbarLayout Region="US|GB">
        <taskbar:TaskbarPinList >
            <taskbar:UWA AppUserModelID ="Microsoft.WindowsNotepad_8wekyb3d8bbwe!App"/> 
            <taskbar:UWA AppUserModelID="Microsoft.WindowsCalculator_8wekyb3d8bbwe!App" />
        </taskbar:TaskbarPinList>
    </defaultlayout:TaskbarLayout>
    <defaultlayout:TaskbarLayout Region="CN|TW">
        <taskbar:TaskbarPinList>
            <taskbar:UWA AppUserModelID ="Microsoft.WindowsNotepad_8wekyb3d8bbwe!App"/> 
            <taskbar:UWA AppUserModelID="Microsoft.Windows.Photos_8wekyb3d8bbwe!App" />
            <taskbar:DesktopApp DesktopApplicationLinkPath="%APPDATA%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\System Tools\Command Prompt.lnk"/>
        </taskbar:TaskbarPinList>
    </defaultlayout:TaskbarLayout>
</CustomTaskbarLayoutCollection>
</LayoutModificationTemplate>

TaskbarLayoutModification.XML をイメージに追加する

タスクバーのカスタマイズに TaskbarLayoutModification.xml ファイルを使用している場合、次を行います。

  1. Windows イメージでレジストリ キーを構成して、TaskBarLayoutModification.xml ファイルの既定のパスを設定します。
  2. TaskBarLayoutModification.xml ファイルをイメージに追加します。
  3. イメージを一般化して再キャプチャします。

既定のパスを設定する

Taskbar Layout Modification XML ファイルを使用するには、イメージにレジストリ キー (LayoutXMLPath) を追加して、イメージを一般化および再キャプチャします。 レジストリ キーは specialize 構成パスよりも前に処理されるため、イメージを後で一般化するつもりである場合をのぞき、Synchronous Commands/FirstLogonCommands を使用してレジストリ キーを追加することはできません。

イメージでレジストリ キーを構成したら、通常のイメージ化の手法を使用して、他のショートカット ファイル、アプリ、Taskbar Layout Modification ファイルそのものを変更できます。 このレジストリ キーは、従来の無人セットアップの方法でタスクバーのリンクを追加する場合でも、すべてのイメージに追加することができます。

パスの設定方法:

  1. Windows イメージをテクニシャン コンピューターにインストールします。

  2. イメージが起動したら、CTRL + SHIFT + F3 を押して監査モードに入ります。

  3. 次のレジストリ キーを追加して、Taskbar Layout Modification ファイルの既定の場所を定義します。

    cmd /c reg add HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\ /v LayoutXMLPath /d C:\Windows\OEM\TaskbarLayoutModification.xml

    Note

    ファイルの場所には C:\Windows\OEM\TaskbarLayoutModification.xml を使用することを推奨します。これが、PC のリカバリー自動適用フォルダー に使用される既定のパスだからです。

イメージに taskbarlayoutmodification.xml を追加する

Windows がファイルを探すべき場所を指定したので、TaskbarLayoutModification.xml ファイルを構成した場所にコピーします。

監査モード内で、次を行います。

  1. Taskbar Layout Modification ファイル (TaskbarLayoutModification.xml) を、前の手順で構成した場所 (例: C:\Windows\OEM\TaskbarLayoutModification.xml) に追加します。
  2. (省略可能) PC のリカバリー中に復元されるように、ファイルのバックアップ コピーを C:\Recovery\AutoApply\TaskbarLayoutModification.xml に配置することもできます。

イメージを一般化して再キャプチャする

監査モード内で、次を行います。

  1. Sysprep を使用して Windows イメージを一般化します。

    Sysprep /generalize /oobe /shutdown
    
  2. Windows PE で起動します。

  3. イメージを再キャプチャします。 次に例を示します。

    Dism /Capture-Image /CaptureDir:C:\ /ImageFile:c:\install-with-new-taskbar-layout.wim /Name:"Windows image with Taskbar layout"
    

イメージは、TaskBarLayoutModification.xml を使用するように構成されました。

Windows が無人セットアップと Taskbar Layout Modification XML の設定を解析する方法

タスク バーをカスタマイズするための新しい方法に移行する際に、結局従来の無人 TaskbarLinks 設定を含む既存のイメージを使用してしまうことがあります。 その場合、次のようになります。

  1. Windows が有効な Taskbar Layout Modification XML ファイルを見つけると、その XML ファイルを使用し、無人タスクバー設定をすべて無視します。
  2. Taskbar Layout Modification XML ファイルが見つからないか無効である場合、Windows は古い無人 TaskbarLinks 設定を探します。 見つかった場合はそれを使用します。
  3. Windows が有効な Taskbar Layout Modification XML ファイルまたは無人 TaskbarLink 設定を見つけられない場合は、Windows が提供するピンと、スタート検索 (グリフ)タスク ビューウィジェットチャット、タスクバーの隅にあるアイコンだけが表示されます。