OEM の登録ページOEM registration pages

顧客情報を収集する OEM 登録ページをカスタマイズし、OOBE の間に、プランを導入できます。You can customize OEM registration pages to gather customer information, and introduce offers, during OOBE. 省略可能な登録ページを実装するために選択した場合は、情報と顧客の利点を得られる機会を提供する使用することをお勧めします。If you choose to implement the optional registration pages, we recommend that you use them to provide information and opportunities that benefit your customers. Windows 10 の OOBE は一度に 1 つのページ的を絞ったを作成して顧客のエンゲージメントを最大化する設計されています。The Windows 10 OOBE is designed to maximize customer engagement by creating pages that focus on one thing at a time. その結果、OEM 登録のフィールドは 2 つの個別のページ間で分割されます。As a result, OEM registration fields are divided between two separate pages.

2 つの OEM 登録ページの例を次に示します。Here is an example of the two OEM registration pages:

OEM 登録ページ 1

OEM 登録ページ 2

OEM の登録ページは、OOBE の間にその情報を 1 回だけ入力を支援する Microsoft アカウント (MSA) で動作します。The OEM registration pages work with a Microsoft Account (MSA) to help customers enter in their information only once during OOBE. Microsoft では、顧客、MSA にサインアップし、既存の MSA OOBE の間にサインインしたりするように求められます。Microsoft prompts customers to sign up for an MSA or sign into an existing MSA during OOBE. 顧客は、その名、姓、名、および電子メール アドレス、MSA の指定した場合になります 1 登録ページに自動的に入力。When a customer does this, their first name, last name, and email address for the MSA, if provided, will be pre-filled in on registration page one. お客様は、クリックする前にその情報を変更できます必要な場合。The customer can change their information before clicking Next if desired.

必要な場合は、顧客が MSA を使用していない、OEM の登録ページのフィールドは空になりますし、顧客ことができる場合としています。If the customer has not used an MSA, the fields on the OEM registration pages will be empty, and the customer can fill them in if and as desired.

ユーザーは、OOBE の他のすべての手順は OEM 登録ページは、OOBE フローでは、最後の画面が。The OEM registration pages are the last screens in the OOBE flow, after the user goes through all other steps in OOBE.

登録ページは、使用して送信された顧客情報を保管、%systemroot%\System32\Oobe\Info\フォルダー、Windows イメージに配置した公開キーを使用して暗号化されます。The customer information submitted through the registration pages will be stored in the %systemroot%\System32\Oobe\Info\ folder, and will be encrypted using a public key that you place into the Windows image. OEM アプリとして指定された Microsoft Store アプリを使用して暗号化されたデータを収集またはサービスは、これを記述し、サーバーにデータをアップロードします。Collect the encrypted data using a Microsoft Store app designated as your OEM App, or write a service that does this, and upload the data to your server. サーバーで実行されると、対応する秘密キーを使用してデータを復号化します。Decrypt the data using the corresponding private key once it's on your server.

このセクションの内容In this section

次のトピックでは、登録ページを OOBE に追加する方法について説明します。The following topics describe how to add your registration pages to OOBE.

トピックTopic 説明Description
登録ページを設計します。Design your registration pages 登録ページのフィールドとフライアウトの HTML ページのカスタマイズに関するガイダンスです。Guidance on customizing the registration page fields and HTML flyout pages.
OOBE.xml を構成します。Configure OOBE.xml Oobe.xml の要素を使用するには、登録ページをカスタマイズします。The elements of Oobe.xml are used to customize your registration pages. カスタムの Oobe.xml ファイルまたは言語と、会社の Pc を出荷するリージョンによって決定されるファイルを作成します。Create a custom Oobe.xml file or files as determined by the languages and regions where you ship your company's PCs. 言語と地域に固有の用語と設定の複数の Oobe.xml ファイルを使用するには、ので、ユーザーが各自の Pc を起動するとすぐに、適切な言語を表示します。You can use multiple Oobe.xml files for language- and region-specific terms and settings so users see the correct language as soon as they start their PCs.
保護し、ユーザー データの収集Protect and collect user data お客様のプライバシーを保護するには、は、Windows は、Windows イメージの格納を生成する公開キーを使用して、登録ページを使用して作成される顧客データを暗号化します。To protect customer privacy, Windows encrypts the customer data that's created via the Registration pages using a public key that you generate and store in the Windows image. OEM アプリを作成または暗号化されたデータを収集し、SSL を使用して、サーバーにアップロードするサービスを記述します。Create an OEM App or write a service that collects the encrypted data and uploads it to your server using SSL. 対応する秘密キーを使用してデータの暗号化を解除することができます。You can then decrypt the data using the corresponding private key.