BrandingNeutralBrandingNeutral

ようこそ画面に表示する UI 要素を指定します。Specifies which UI elements display on the Welcome screen.

Values

次の表に、設定可能な値を示します。The following table shows the possible values. ビットごとの排他的 OR ロジックを使用してこれらの値を組み合わせ、ようこそ画面の複数の UI 要素を無効にできます。You can combine these values using bitwise exclusive-OR logic to disable multiple Welcome screen UI elements.

既定値は 17、ようこそ画面のすべての UI 要素を無効にして、ユーザーの切り替えボタンをクリックします。The default value is 17, which disables all Welcome screen UI elements and the Switch user button.

ValueValue 説明Description

11

[ようこそ] 画面のすべての UI 要素を無効にします。Disables all Welcome screen UI elements.

22

無効になります、 Powerボタンをクリックします。Disables the Power button.

44

無効になります、言語ボタンをクリックします。Disables the Language button.

88

無効になります、アクセスの容易さボタンをクリックします。Disables the Ease of access button.

1616

無効になります、ユーザーの切り替えボタンをクリックします。Disables the Switch user button.

3232

Blocked Shutdown Resolver (BSDR) の画面を無効にして、システムの再起動またはシャットダウン時に、システムのシャットダウンをブロックしているアプリケーションが OS によって即座に強制的に閉じられるようにします。Disables the blocked shutdown resolver (BSDR) screen so that restarting or shutting down the system causes the OS to immediately force close any applications that are blocking system shut down. UI は表示されず、ユーザーにはシャットダウン処理をキャンセルする機会は与えられません。No UI is displayed and users are not given a chance to cancel the shutdown process. 開いているアプリケーションのデータが保存されていない場合、データを損失する可能性があります。This can result in a loss of data if any open applications have unsaved data.

親階層Parent Hierarchy

Microsoft の Windows に埋め込まれた-EmbeddedLogon | BrandingNeutralMicrosoft-Windows-Embedded-EmbeddedLogon | BrandingNeutral

有効な構成パスValid Configuration Passes

offlineServicingofflineServicing

特殊化します。specialize

適用対象Applies To

Windows エディションとコンポーネントをサポートするアーキテクチャの一覧は、Microsoft-Windows-埋め込まれた-EmbeddedLogonを参照してください。For a list of the Windows editions and architectures that this component supports, see Microsoft-Windows-Embedded-EmbeddedLogon.

XML の例XML example

<settings pass="specialize">
    <component name="Microsoft-Windows-Embedded-EmbeddedLogon" processorArchitecture="x86" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
      <BrandingNeutral>17</BrandingNeutral>
    </component>
</settings>