Microsoft-Windows-Embedded-ShellLauncherMicrosoft-Windows-Embedded-ShellLauncher

シェルランチャーを使用して、既定の OS シェルをカスタムシェルに置き換えることができます。You can use shell launcher to replace the default OS shell with a custom shell. コマンドウィンドウやカスタム専用アプリケーションなど、任意のアプリケーションまたは実行可能ファイルをカスタムシェルとして使用できます。You can use any application or executable as your custom shell, such as a command window or a custom dedicated application.

  • C:\Windows\System32\を除き、既定のシェルとして任意の実行可能ファイルを指定できます。You may specify any executable file to be the default shell except C:\Windows\System32\Eshell.exe. Eshell.exe を既定のシェルとして指定すると、ユーザーのサインイン後、空白画面が表示されます。Using Eshell.exe as the default shell will result in a blank screen after a user signs in.
  • また、シェルランチャーを構成して、ユーザーまたはユーザーグループごとに異なるシェルアプリケーションを起動することもできます。You can also configure shell launcher to launch different shell applications for different users or user groups.
  • シェルランチャーを使用して、カスタムシェルとして Microsoft Store アプリを起動することはできません。You cannot use shell launcher to launch a Microsoft Store app as a custom shell. ただし、アプリケーションランチャーを使用して、起動時に Microsoft Store アプリを起動することができます。However, you can use the application launcher to launch a Microsoft Store app at startup.

シェルランチャーは、カスタムシェルを開始する前に実行と RunOnce のレジストリキーを処理するため、カスタムシェルは他のアプリケーションやサービスの自動起動を処理する必要がありません。Shell launcher processes the Run and RunOnce registry keys before starting the custom shell, so your custom shell doesn't need to handle the automatic startup of other applications or services. また、シェルランチャーは、カスタムシェルが終了したときのシステムの動作も処理します。Shell launcher also handles the behavior of the system when your custom shell exits. 既定の動作がニーズを満たしていない場合は、シェルの終了動作を構成できます。You can configure the shell exit behavior if the default behavior does not meet your needs.

重要

カスタム シェルはサインインしているアカウントと同じユーザー権限レベルで起動されます。A custom shell is launched with the same level of user rights as the account that is signed in. つまり、管理者権限を持つユーザーは、管理者権限で他のアプリケーションを起動するなど、管理者権限を必要とする任意のシステム操作を実行できますが、管理者権限を持たないユーザーは実行できません。This means that a user with administrator rights can perform any system action that requires administrator rights, including launching other applications with administrator rights, while a user without administrator rights cannot. シェルアプリケーションが管理者権限を必要としていて、昇格する必要があり、ユーザーアカウント制御 (UAC) がデバイスに存在する場合は、シェルランチャーがシェルアプリケーションを起動するために、UAC を無効にする必要があります。If your shell application requires administrator rights and needs to be elevated, and User Account Control (UAC) is present on your device, you must disable UAC in order for shell launcher to launch the shell application.

子要素Child elements

設定Setting 説明Description
DefaultReturnCodeActionDefaultReturnCodeAction リターンコードに基づいて、実行するアクションを指定します。Specifies what action to take, based on the return code.
ShellShell 既定のカスタムシェルとして使用するアプリケーションまたは実行可能ファイルを指定します。Specifies the application or executable to use as the default custom shell.
UserSettingsUserSettings UserSettings 設定を使用して、カスタムシェルと、特定のユーザーまたはユーザーグループに対して使用する既定のリターンコードアクションを指定します。Use the UserSettings settings to specify what custom shell and what default return code action to use for specific users or user groups.

シェルランチャーが有効になっていても、現在サインインしているユーザーのセキュリティ識別子 (SID) がカスタムシェルランチャー構成と一致しない場合、既定のシェル設定Defaultreturncodeactionshellが使用されます。The default shell settings, DefaultReturnCodeAction and Shell, are used when shell launcher is enabled but the security identifier (SID) of the user who is currently signed in does not match any custom defined shell launcher configurations.

UserSettings設定を使用して、特定のユーザーまたはユーザーグループに対して使用するカスタムシェルと既定のリターンコードアクションを指定します。Use the UserSettings settings to specify what custom shell and what default return code action to use for specific users or user groups.

適用対象Applies to

ビルド中のイメージにコンポーネントが当てはまるかどうかを判別するには、イメージを Windows SIM に読み込み、そのコンポーネントまたは設定名を検索します。To determine whether a component applies to the image you’re building, load your image into Windows SIM and search for the component or setting name. コンポーネントと設定を表示する方法については、「応答ファイルのコンポーネントと設定を構成する」を参照してください。For information on how to view components and settings, see Configure Components and Settings in an Answer File.