DefaultConsentDefaultConsent

DefaultConsent どのような場合、ユーザーは、よく寄せられるエラー報告を送信するかどうかを指定します。DefaultConsent specifies in what circumstances the user is asked whether to send an error report. エラー報告のプライバシーの考慮事項の詳細については、この Microsoft web サイトを参照してください。For more information about error reporting privacy concerns, see this Microsoft website.

Values

0または10 or 1

常にユーザーに確認、エラー報告を送信するかどうか。Always ask the user whether to send an error report. これが既定値です。This is the default value.

22

自動的に送信されるアプリケーション名、バージョン、モジュール名などの基本的なパラメーターを除くすべてのユーザーに確認します。Ask the user for everything except for basic parameters such as application name, version, and module name that are sent automatically.

33

アプリケーション名、バージョン、およびモジュール名、およびデータなど、安全であると考えられる基本的なパラメーターを除くすべてのユーザーに確認します。Ask the user for everything except for basic parameters that are likely to be safe, such as application name, version, and module name, and data. これらの項目を自動的に送信します。Send these items automatically.

44

ユーザー メッセージを表示しません。すべてのエラー レポートを自動的に送信します。Do not ask the user; send all error reports automatically.

親階層Parent Hierarchy

Microsoft-Windows-ErrorReportingCore | DefaultConsentMicrosoft-Windows-ErrorReportingCore | DefaultConsent

有効な構成パスValid Configuration Passes

特殊化します。specialize

適用対象Applies To

Windows エディションとコンポーネントをサポートするアーキテクチャの一覧で、Microsoft-Windows-ErrorReportingCoreを参照してください。For the list of the Windows editions and architectures that this component supports, see Microsoft-Windows-ErrorReportingCore.

XML の例XML Example

次の XML 出力では、すべてのデータが自動的に送信されますを指定します。The following XML output specifies that all data is sent automatically.

<DefaultConsent>4</DefaultConsent>

Microsoft-Windows-ErrorReportingCoreMicrosoft-Windows-ErrorReportingCore