ConvertibleSlateModeConvertibleSlateMode

ConvertibleSlateMode デバイスに物理キーボードがあるかどうかを指定します。ConvertibleSlateMode specifies whether the device has a physical keyboard. Windows は、スクリーンキーボードを表示するかどうかを決定するときに、この設定を使用します。Windows uses this setting when determining whether to show an on-screen keyboard. たとえば、タブレットでキーボード入力を受け付けることができるプロンプトをユーザーが受信すると、スクリーンキーボードが表示されます。For example, when the user receives a prompt that can accept keyboard input on a tablet, the on-screen keyboard appears.

この設定は、 ConvertibleSlateModePromptPreferenceに関連しています。これは、デバイスのモードが変更されたときに、キーボードの表示と非表示をユーザーに確認するかどうかを決定します。たとえば、キーボードを接続/切断したり、回転してアクセスしたり、アクセスできない場合などです。This setting is related to ConvertibleSlateModePromptPreference, which determines whether to prompt the user to show or hide the keyboard whenever the device changes modes, for example, when the keyboards is attached/detached or rotated to be accessible/inaccessible.

タブレットまたはキーボードがないその他のデバイスの 場合は、ConvertibleSlateMode を 0 に設定します。For tablets or other devices that don’t have a keyboard , set ConvertibleSlateMode to 0.

ラップトップなどのデバイスが常にアクセス可能なキーボードを持っている場合は 、ConvertibleSlateMode を 1 に設定します。For laptops or other devices that always have an accessible keyboard , set ConvertibleSlateMode to 1.

アクセス可能なキーボードがある可能性のある変換可能なデバイスまたは取り外し可能なデバイスの場合 :For convertible or detachable devices that sometimes have an accessible keyboard :

  • ConvertibleSlateMode を 0 に設定します。Set ConvertibleSlateMode to 0.
  • ConvertibleSlateModePromptPreference1 に設定します。Set ConvertibleSlateModePromptPreference to 1.
  • モードを検出するために、GPIO ピンと Gpio インジェクションドライバー を設定します。Set up a GPIO pin and a GPIO Injection Driver to detect the mode. モードが変更されると、ドライバーは HKLM/System/CurrentControlSet/control//ConvertibleSlateMode のレジストリ値を更新する必要があります。When the mode changes, the driver should update the registry value of HKLM/System/CurrentControlSet/Control/PriorityControl/ConvertibleSlateMode.
  • Windows 10 の連続機能を使用できるデバイスについては、「 連続性」を参照してください。For devices that can use Windows 10 Continuum feature, also see the topic: Continuum.

タッチスクリーンがないデバイスの 場合、この設定は何も行いません。For devices without a touchscreen , this setting does nothing. この設定を設定した場合でも、Windows では物理キーボードが存在すると見なされ、スクリーンキーボードは表示されません。Even if you set this setting, Windows assumes a physical keyboard is present and will not show the on-screen keyboard.

Values

11

ラップトップモード: デバイスにユーザーがアクセスできる物理キーボードがあることを指定します。Laptop mode: Specifies that the device has a physical keyboard accessible to the user.

00

タブレットモード: デバイスにユーザーがアクセスできる物理キーボードがないことを指定します。Tablet mode: Specifies that the device does not have a physical keyboard accessible to the user.

これは、既定値です。This is the default value

[親階層]Parent Hierarchy

Microsoft-Windows-GPIOButtons | ConvertibleSlateModeMicrosoft-Windows-GPIOButtons | ConvertibleSlateMode

有効な構成パスValid Configuration Passes

specializespecialize

offlineServicingofflineServicing

適用対象Applies To

このコンポーネントでサポートされている Windows のエディションとアーキテクチャの一覧については、「 Microsoft-windows-GPIOButtons」を参照してください。For a list of the supported Windows editions and architectures that this component supports, see Microsoft-Windows-GPIOButtons.

XML の例XML Example

次の XML 出力では、ラップトップフォームファクターを指定しています。The following XML output specifies a laptop form factor.

<ConvertibleSlateMode>1</ConvertibleSlateMode>

Microsoft-Windows-GPIOButtonsMicrosoft-Windows-GPIOButtons

ConvertibleSlateModePromptPreferenceConvertibleSlateModePromptPreference

GPIO 実装ガイドGPIO Implementation Guide

ContinuumContinuum