DisableDataExecutionPreventionDisableDataExecutionPrevention

DisableDataExecutionPrevention Internet Explorer が、実行可能にマークされている仮想メモリのページから任意のコードの実行を防止するかどうかを指定します。DisableDataExecutionPrevention specifies whether Internet Explorer prevents arbitrary code execution from a virtual-memory page that is marked as non-executable.

Values

truetrue

Internet Explorer では、非実行可能としてマークされている仮想メモリ ページからの任意のコードが実行できないようにします。Internet Explorer prevents arbitrary code execution from virtual memory pages that are marked as non-executable.

これが既定値です。This is the default value.

falsefalse

Internet Explorer では、非実行可能としてマークされている仮想メモリ ページから任意のコードの実行を許可します。Internet Explorer allows arbitrary code execution from virtual memory pages that are marked as non-executable.

有効な構成パスValid Configuration Passes

特殊化します。specialize

親階層Parent Hierarchy

Microsoft Windows IE InternetExplorer | DisableDataExecutionPreventionMicrosoft-Windows-IE-InternetExplorer | DisableDataExecutionPrevention

適用対象Applies To

サポートされている Windows のエディションおよびコンポーネントをサポートするアーキテクチャの一覧は、Microsoft Windows IE InternetExplorerを参照してください。For a list of the supported Windows editions and architectures that this component supports, see Microsoft-Windows-IE-InternetExplorer.

XML の例XML Example

次の XML 出力は、非実行可能としてマークされている仮想メモリ ページから任意のコード実行を許可する Internet Explorer を構成する方法を示します。The following XML output shows how to configure Internet Explorer to allow arbitrary code execution from virtual memory pages marked as non-executable.

<DisableDataExecutionPrevention>false</DisableDataExecutionPrevention>

Microsoft Windows IE InternetExplorerMicrosoft-Windows-IE-InternetExplorer