ReverseHashReverseHash

ReverseHash 負荷分散の決定を行う前に、アダプターがソースと宛先の IP アドレスとポートを逆にするかどうかを指定します。ReverseHash specifies whether the adapter reverses the source and destination IP addresses and ports before making load-balancing decisions. この設定は必須です。This is a required setting.

Note
このネットワーク負荷分散の設定を有効にするには、インストールする Windows イメージで NetworkLoadBalancingFullServer パッケージを有効にする必要があります。To enable this Network Load Balancing setting, the NetworkLoadBalancingFullServer package must be enabled in the Windows image you are installing. そのためには、Windows システム イメージ マネージャを使用して Microsoft-Windows-Foundation-Package を応答ファイルに追加し、次に、NetworkLoadBalancingFullServer パッケージを構成してそれを有効にします。To do this, use Windows System Image Manager to add the Microsoft-Windows-Foundation-Package to your answer file, and then configure the NetworkLoadBalancingFullServer package to enable it. パッケージの追加と構成の詳細については、「 Windows アセスメント & デプロイメント (WINDOWS ADK) テクニカルリファレンス」を参照してください。For more information about adding and configuring packages, see the Windows Assessment and Deployment (Windows ADK) Technical Reference.

Value

truetrue

アダプターが送信元と送信先の IP アドレスおよびポートを反転することを指定します。Specifies that the adapter reverses the source and destination IP addresses and ports.

falsefalse

アダプターがソースと宛先の IP アドレスとポートを逆にしないように指定します。Specifies that the adapter does not reverse the source and destination IP addresses and ports.

有効な構成パスValid Configuration Passes

specializespecialize

[親階層]Parent Hierarchy

networkloadbalancing-コア- | クラスター | クラスター | Bdateam | ReverseHashmicrosoft-windows-networkloadbalancing-core- | Clusters | Cluster | BDATeam | ReverseHash

適用対象Applies To

このコンポーネントでサポートされている Windows のエディションとアーキテクチャの一覧については、「 networkloadbalancing-」を参照してください。For the list of the supported Windows editions and architectures that this component supports, see microsoft-windows-networkloadbalancing-core-.

XML の例XML Example

次の XML 出力は、アダプターがソースと宛先の IP アドレスとポートを反転することを指定します。The following XML output specifies that the adapter reverses the source and destination IP addresses and ports.

<ReverseHash>true</ReverseHash>

BDATeamBDATeam