タイムアウトTimeout

この設定では、 Timeout ネットワーク負荷分散クラスターの構成の変更間にクライアントアフィニティ (単一またはネットワーク) を保持する秒数を指定します。The Timeout setting specifies the number of seconds for which the client affinity (either single or network) would be preserved across configuration changes in the Network Load Balancing cluster.

クライアントのアフィニティは、クラスターホストにクライアント要求を関連付けるために使用されます。Client affinity is used to associate client requests to cluster hosts.

既定では、すべてのネットワーク要求は、ソースに関係なく、クラスター間で負荷分散されます。By default, all network requests are load-balanced across the cluster without respect to their source. アフィニティは、同じ IP アドレスからのすべてのクライアント要求を同じクラスターホストに送ることによって実装されます。Affinity is implemented by directing all client requests from the same IP address to the same cluster host.

拡張クライアントアフィニティを指定すると、ネットワーク接続が終了した後、構成可能な時間の間、接続の所有権が保持されます。When extended client affinity is specified, then after a network connection terminates, it retains ownership of a connection for a configurable amount of time. タイムアウト期間中に同じクライアントから受信した要求は、同じクラスターホストによって取得されることが保証されます。Requests coming in from the same client during the timeout period are guaranteed to be picked up by the same cluster host. この時間が経過すると、接続が解放されます。After this time expires, the connection is released.

Note

  • この設定は、 Clientaffinity 設定がまたはに設定されている場合にのみ適用され Single Network ます。This setting will be applied only if the ClientAffinity setting is set to Single or Network.

  • このネットワーク負荷分散の設定を有効にするには、インストールする Windows イメージで NetworkLoadBalancingFullServer パッケージを有効にする必要があります。To enable this Network Load Balancing setting, the NetworkLoadBalancingFullServer package must be enabled in the Windows image you are installing. そのためには、Windows システム イメージ マネージャを使用して Microsoft-Windows-Foundation-Package を応答ファイルに追加し、次に、NetworkLoadBalancingFullServer パッケージを構成してそれを有効にします。To do this, use Windows System Image Manager to add the Microsoft-Windows-Foundation-Package to your answer file, and then configure the NetworkLoadBalancingFullServer package to enable it. パッケージの追加と構成の詳細については、「 Windows アセスメント & デプロイメント (WINDOWS ADK) テクニカルリファレンス」を参照してください。For more information about adding and configuring packages, see the Windows Assessment and Deployment (Windows ADK) Technical Reference.

Values

Number_of_secondsNumber_of_seconds

拡張クライアントアフィニティの秒数を指定します。Specifies a number of seconds for extended client affinity. この期間中、同じクライアントからの要求は、同じクラスターホストによって取得されることが保証されます。During this time, requests coming in from the same client are guaranteed to be picked up by the same cluster host.

Number_of_seconds は整数値です。Number_of_seconds is an integer value.

既定値は0です。これは、拡張関係が使用されないことを意味します。The default value is 0, meaning extended affinity is not used. すべてのネットワーク要求は、ソースに関係なく、クラスター間で負荷分散されます。All network requests are load-balanced across the cluster without respect to their source.

有効な構成パスValid Configuration Passes

specializespecialize

[親階層]Parent Hierarchy

networkloadbalancing-コア- | クラスター | クラスター | Portrules | Portrule | タイムアウトmicrosoft-windows-networkloadbalancing-core- | Clusters | Cluster | Portrules | Portrule | Timeout

適用対象Applies To

このコンポーネントでサポートされている Windows のエディションとアーキテクチャの一覧については、「 networkloadbalancing-」を参照してください。For the list of the supported Windows editions and architectures that this component supports, see microsoft-windows-networkloadbalancing-core-.

XML の例XML Example

次の XML の例は、同じクライアントからの要求が、15分のタイムアウト期間が経過するまで同じクラスターホストによって取得されることが保証されるようにネットワークを設定する方法を示しています。The following XML example shows how to set the network so that requests from the same client are guaranteed to be picked up by the same cluster host until a timeout period of 15 minutes expires.

<Timeout>900</Timeout>

PortrulePortrule