SkipAutoActivationSkipAutoActivation

SkipAutoActivation Windows が自動的にアクティブ化しようとしたかどうかを指定します。SkipAutoActivation specifies whether Windows attempts to automatically activate. 自動ライセンス認証を完了する、有効な Windows プロダクト キーが必要です。For automatic activation to complete, a valid Windows product key is required.

Windows が起動された後、無人セットアップ設定を使用する必要はありません。Microsoft-Windows-セキュリティ-SPP-UX\SkipAutoActivationします。After Windows has been activated, it is not necessary to use the unattended-Setup setting: Microsoft-Windows-Security-SPP-UX\SkipAutoActivation. 使用しないでください、SkipAutoActivationが非システムで既にアクティブ化されているシステム上の設定には、インストール前 (SLP) のライセンス キーがロックされています。Do not use the SkipAutoActivation setting on a system that has already been activated with a non-system locked pre-installation (SLP) license key.

この設定は、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、および Windows Server 2012 の Server Core インストールには影響を与えません。This setting has no effect on Server Core installations of Windows Server 2008, Windows Server 2008 R2, and Windows Server 2012.

Values

truetrue

Windows が自動的にアクティブ化を試行しないことを指定します。Specifies that Windows does not attempt to automatically activate.

falsefalse

Windows が自動的にアクティブ化しようとしたことを指定します。Specifies that Windows attempts to automatically activate. これが既定値です。This is the default value.

有効な構成パスValid Configuration Passes

特殊化します。specialize

親階層Parent Hierarchy

Microsoft-Windows-セキュリティ-SPP-UX | SkipAutoActivationMicrosoft-Windows-Security-SPP-UX | SkipAutoActivation

適用対象Applies To

Windows エディションとコンポーネントをサポートするアーキテクチャの一覧は、Microsoft-Windows-セキュリティ-SPP-UXを参照してください。For a list of the Windows editions and architectures that this component supports, see Microsoft-Windows-Security-SPP-UX.

XML の例XML Example

次の XML 出力の例では、その自動ライセンス認証はスキップされますを指定します。The following sample XML output specifies that auto-activation is skipped.

<SkipAutoActivation>true</SkipAutoActivation>

Microsoft-Windows-セキュリティ-SPP-UXMicrosoft-Windows-Security-SPP-UX

ProductKeyProductKey

ProductKeyProductKey