アクティブActive

Active パーティションをアクティブとしてマークするかどうかを指定します。Active specifies whether to mark the partition as active. BIOS ベースのシステムでは、アクティブパーティションはシステムが起動するパーティションです。On a BIOS-based system, the active partition is the partition the system will boot to. このパーティションは、プライマリパーティションである必要があります。This partition must be a primary partition.

Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) ベースのシステムでは、この設定は使用されません。On a Unified Extensible Firmware Interface (UEFI)-based system, this setting is not used. システムは常に EFI システムパーティション (ESP) で起動します。The system will always boot to the EFI System Partition (ESP). Activeこのパーティションの種類に対してが設定されている場合は無視されます。If Active is set for this partition type, it is ignored.

ハードディスクには、アクティブなパーティションを1つだけ設定できます。Only one active partition can be set on a hard disk. この設定が true に変更されたときにアクティブなパーティションがディスク上に既に存在する場合、既存のアクティブな設定は削除され、選択したパーティションはアクティブとしてマークされます。If an active partition already exists on the disk when this setting is changed to true , the existing active setting is removed and the selected partition is marked as active.

プライマリパーティションのみをアクティブとしてマークできます。Only primary partitions can be marked as active. Active他のパーティションの種類に対してが設定されている場合、この設定は無視されます。If Active is set for other partition types, the setting is ignored.

Values

truetrue

パーティションをアクティブとしてマークします。Marks the partition as active.

falsefalse

パーティションをアクティブとしてマークしません。Does not mark the partition as active.

有効な構成パスValid Configuration Passes

windowsPEwindowsPE

[親階層]Parent Hierarchy

microsoft-windows-セットアップ- | Diskconfiguration | ディスク | ModifyPartitions | ModifyPartition | アクティブmicrosoft-windows-setup- | DiskConfiguration | Disk | ModifyPartitions | ModifyPartition | Active

適用対象Applies To

このコンポーネントでサポートされている Windows のエディションとアーキテクチャの一覧については、「 microsoft-windows-setup-」を参照してください。For a list of the supported Windows editions and architectures that this component supports, see microsoft-windows-setup-.

XML の例XML Example

次の設定の XML 出力は、 DiskConfiguration 最初のパーティションをアクティブパーティションとして設定する方法を示しています。The following XML output for the DiskConfiguration setting shows how to set the first partition as the active partition.

<DiskConfiguration>

  <Disk wcm:action="add">
    <DiskID>0</DiskID> 
    <WillWipeDisk>true</WillWipeDisk> 
    <CreatePartitions>

      <!-- System partition -->
      <CreatePartition wcm:action="add">
        <Order>1</Order> 
        <Type>Primary</Type> 
        <Size>300</Size> 
      </CreatePartition>

      <!-- Windows partition -->
      <CreatePartition wcm:action="add">
        <Order>2</Order> 
        <Type>Primary</Type> 
        <Extend>true</Extend> 
      </CreatePartition>

    </CreatePartitions>
    <ModifyPartitions>

      <!-- System partition -->
      <ModifyPartition wcm:action="add">
        <Order>1</Order> 
        <PartitionID>1</PartitionID> 
        <Label>System</Label>
        <Format>NTFS</Format> 
        <Active>true</Active> 
      </ModifyPartition>

      <!-- Windows partition -->
      <ModifyPartition wcm:action="add">
        <Order>2</Order> 
        <PartitionID>2</PartitionID> 
        <Label>Windows</Label> 
        <Letter>C</Letter> 
        <Format>NTFS</Format> 
      </ModifyPartition>
    </ModifyPartitions>
  </Disk>


  <WillShowUI>OnError</WillShowUI> 
</DiskConfiguration>


<ImageInstall>
  <OSImage>
    <InstallTo>
      <DiskID>0</DiskID> 
      <PartitionID>2</PartitionID> 
    </InstallTo>
  </OSImage>
</ImageInstall>

XML の完全な例と推奨されるパーティション構成については、「 UEFI/GPT ベースのハードディスクパーティションを構成する方法 」または「 BIOS/MBR ベースのハードディスクパーティションを構成する方法」を参照してください。For full XML examples and recommended partition configurations, see How to Configure UEFI/GPT-Based Hard Disk Partitions or How to Configure BIOS/MBR-Based Hard Disk Partitions.

ModifyPartitionModifyPartition