PathPath

Path インストールするデータイメージのパスを指定します。Path specifies the path to the data image to install. ローカルパスまたはネットワークパスを指定できます。This can be either a local or a network path. パスがローカルの場合は、資格情報は必要ありません。If the path is local, no credentials are required.

Values

Path_to_data_imagePath_to_data_image

インストールするデータイメージのパスと名前を指定します。Specifies the path and the name of the data image to install. Path_to_data_image は文字列です。Path_to_data_image is a string.

ローカルパスと UNC (汎用名前付け規則) パスの両方がサポートされています。Both local paths and Universal Naming Convention (UNC) paths are supported.

相対パスはサポートされていますが、ファイルの名前を指定する必要があります。Relative paths are supported, but the name of the file must be specified. パスは、Windows セットアップが実行されるパスを基準とした相対パスです。The path is relative to the path from where Windows Setup is run.

パスが正しくない、または資格情報が無効なためにファイルパスにアクセスできない場合、インストールは終了します。If the file path cannot be accessed because of an incorrect path or invalid credentials, installation is terminated.

有効な構成パスValid Configuration Passes

windowsPEwindowsPE

[親階層]Parent Hierarchy

microsoft-windows-セットアップ- | Imageinstall | Dataimage | InstallFrom | パスmicrosoft-windows-setup- | ImageInstall | DataImage | InstallFrom | Path

適用対象Applies To

このコンポーネントでサポートされている Windows のエディションとアーキテクチャの一覧については、「 Microsoft-windows-セットアップ」を参照してください。For a list of the Windows editions and architectures that this component supports, see Microsoft-Windows-Setup.

XML の例XML examples

ネットワークパスNetwork paths

次の XML の例は、 ImageInstall ネットワーク上に格納されているオペレーティングシステムイメージとデータイメージの両方をインストールするように設定を設定する方法を示しています。The following XML example shows how to set the ImageInstall setting to install both an operating system image and a data image that are stored on a network.

<ImageInstall>
    <OSImage>
        <InstallFrom>
            <Credentials>
                <Domain>FabrikamDomain</Domain>
                <Password>MyPassword</Password>
                <Username>MyUsername</Username>
            </Credentials>
            <Path>\\networkshare\share\install.wim</Path>
            <MetaData wcm:action="add">
                <Key>/IMAGE/NAME</Key>
                <Value>FabrikamCustomOSImage</Value>
            </MetaData>
        </InstallFrom>
        <InstallTo>
            <DiskID>0</DiskID>
            <PartitionID>1</PartitionID>
        </InstallTo>
        <WillShowUI>OnError</WillShowUI>
        <InstallToAvailablePartition>false</InstallToAvailablePartition>
    </OSImage>
    <DataImage wcm:action="add">
        <InstallTo>
            <DiskID>0</DiskID>
            <PartitionID>2</PartitionID>
        </InstallTo>
        <InstallFrom>
            <Credentials>
                <Domain>FabrikamDomain</Domain>
                <Password>MyPassword</Password>
                <Username>MyUsername</Username>
            </Credentials>
            <Path>\\networkshare\share\data.wim</Path>
            <MetaData wcm:action="add">
                <Key>/IMAGE/NAME</Key>
                <Value>FabrikamData</Value>
            </MetaData>
        </InstallFrom>
        <Order>1</Order>
    </DataImage>
</ImageInstall>

相対パスRelative paths

次の XML の例では、インストーラーは、Windows インストールプログラム、無人セットアップファイル、およびデータイメージを USB ドライブに保持しています。これは現在ドライブ文字 E に割り当てられています。技術者は、Windows セットアップを実行する前に作業ディレクトリを E: に変更します。In the following XML example, the installer has the Windows installation programs, the Unattend file, and the data image on a USB drive, which is currently assigned to the drive letter E. The technician changes the working directory to E: before running Windows Setup.

X:\Windows\System32> E:
E:\> setup.exe /installfrom:".\wims\32bitimage.wim" /unattend:".\autounattend_files\32bit_autounattend.xml"
<ImageInstall>
    <DataImage>
        <InstallFrom>
            <Path>.\wims\dataimage.wim</Path>
            <MetaData wcm:action="add">
                <Key>/IMAGE/INDEX</Key>
                <Value>1</Value>
            </MetaData>
        </InstallFrom>
        <InstallTo>
            <DiskID>0</DiskID>
            <PartitionID>3</PartitionID>
        </InstallTo>
    </DataImage>
</ImageInstall>

絶対パスAbsolute paths

データイメージへの絶対パスを参照するには、次のようにします。You can reference an absolute path to your data image as follows:

<Path>E:\dataimage.wim</Path>

Windows セットアップが存在するドライブ文字が不明な場合は、変数で指定でき %configsetroot% ます。If the drive letter where Windows Setup resides is unknown, you can indicate this with the %configsetroot% variable. 次の XML の例は、を使用して、 %configsetroot% Windows セットアップが存在するドライブ文字が不明なローカルパスを参照する方法を示しています。The following XML example shows how to use %configsetroot% to reference a local path where the drive letter where Windows Setup resides is unknown.

<DataImage wcm:action="add">
    <InstallTo>
        <DiskID>0</DiskID>
        <PartitionID>4</PartitionID>
    </InstallTo>
    <InstallFrom>
        <Path>%configsetroot%\dataimage.wim</Path>
        <MetaData wcm:action="add">
            <Key>/IMAGE/INDEX</Key>
            <Value>1</Value>
        </MetaData>
    </InstallFrom>
    <Order>1</Order>
</DataImage>

重要

を使用する場合は、 %configsetroot% 無人セットアップの UseConfigurationSet の値をに設定する必要もあり true ます。If using %configsetroot%, you must also set the value of the Unattend setting Microsoft-Windows-Setup-UseConfigurationSet to true.

InstallFromInstallFrom

DISM を使用してデータイメージを作成するCreate a Data Image using DISM