RunSynchronousCommandRunSynchronousCommand

RunSynchronousCommand windowsPE 構成パス中に実行する 1 つのコマンドを指定します。RunSynchronousCommand specifies a single command to run during the windowsPE configuration pass.

他のコマンドの前に完了する必要があるコマンドを開始するには、ことができます、同期コマンドを使用しています。To start a command that needs to finish before other commands can start, use synchronous commands. サービスまたは同時に開始できるコマンドを実行するには、次のように使用します。 RunAsynchronousCommand代わりにします。To run services or commands that can start at the same time, use RunAsynchronousCommand instead.

すべてRunSynchronousシステム コンテキストでコマンドを実行します。All RunSynchronous commands run in the system context.

子要素Child Elements

設定Setting 説明Description
資格情報Credentials コマンドがネットワーク共有上にある場合、コマンドへのアクセスに使用する資格情報を指定します。Specifies the credentials used to access the command if the command is on a network share.
説明Description 実行する同期コマンドをについて説明します。Describes the synchronous command to run.
順序Order 実行するコマンドの順序を指定します。Specifies the order of the command to run.
パスPath 実行するコマンドへのパスを指定します。Specifies the path to the command to run.

有効な構成パスValid Configuration Passes

windowspe パスwindowsPE

親階層Parent Hierarchy

Microsoft Windows のセットアップ | RunSynchronous | RunSynchronousCommandMicrosoft-Windows-Setup | RunSynchronous | RunSynchronousCommand

適用対象Applies To

Windows エディションとコンポーネントをサポートするアーキテクチャの一覧で、Microsoft Windows のセットアップを参照してください。For the list of the Windows editions and architectures that this component supports, see Microsoft-Windows-Setup.

XML の例XML Example

次の XML 出力は、同期コマンドを設定する方法を示します。The following XML output shows how to set synchronous commands.

<RunSynchronous>
   <!-- First synchronous command to run -->
   <RunSynchronousCommand>
      <Order>1</Order>
      <Path>\\MyNetworkShare\MyApplication.exe</Path>
      <Description>DescriptionOfMyApplication</Description>
      <Credentials>
         <Domain>FabrikamDomain</Domain>
         <UserName>MyUserName</UserName>
         <Password>MyPassword</Password>
      </Credentials>
   </RunSynchronousCommand>
<!-- Second synchronous command to run -->
   <RunSynchronousCommand>
      <Order>2</Order>
      <Path>C:\AnotherApplication.exe</Path>
      <Description>DescriptionOfMyApplication</Description>
   </RunSynchronousCommand>
</RunSynchronous>

RunSynchronousRunSynchronous

RunAsynchronousCommandRunAsynchronousCommand