パスワードPassword

Password 指定された場所へのアクセスを認証するために使用するユーザー アカウントのパスワードを指定しますパスします。Password specifies the password of the user account used to authentication access to the location specified by Path.

すべてRunSynchronousシステム コンテキストでコマンドを実行します。All RunSynchronous commands run in the system context.

Values

パスワードPassword

認証に使用されるユーザー アカウントのパスワードを指定します。Specifies the password of the user account used for authentication. パスワードは文字列です。Password is a string.

この文字列型は、空の要素をサポートしません。This string type does not support empty elements. この設定に対して空の値を作成しないでください。Do not create an empty value for this setting.

有効な構成パスValid Configuration Passes

windowspe パスwindowsPE

親階層Parent Hierarchy

microsoft、windows のセットアップ - | RunSynchronous | RunSynchronousCommand | 資格情報 | パスワードmicrosoft-windows-setup- | RunSynchronous | RunSynchronousCommand | Credentials | Pasword

適用対象Applies To

サポートされている Windows のエディションおよびコンポーネントをサポートするアーキテクチャの一覧で、microsoft-windows のセットアップ-を参照してください。For the list of the supported Windows editions and architectures that this component supports, see microsoft-windows-setup-.

XML の例XML Example

次の XML 出力は、同期コマンドを設定する方法を示します。The following XML output shows how to set synchronous commands.

<RunSynchronous>
   <!-- First synchronous command to execute -->
   <RunSynchronousCommand>
      <Order>1</Order>
      <Path>\\MyNetworkShare\MyApplication.exe</Path>
      <Description>DescriptionOfMyApplication</Description>
      <Credentials>
         <Domain>FabrikamDomain</Domain>
         <UserName>MyUserName</UserName>
         <Password>MyPassword</Password>
      </Credentials>
   </RunSynchronousCommand>
<!-- Second synchronous command to execute -->
   <RunSynchronousCommand>
      <Order>2</Order>
      <Path>C:\AnotherApplication.exe</Path>
      <Description>DescriptionOfMyApplication</Description>
   </RunSynchronousCommand>
</RunSynchronous>

資格情報Credentials