OEMAppIDOEMAppID

OEMAppID アプリ情報を指定する OEM を有効にします。OEMAppID enables the OEM to specify app information. OEM は、この設定を使用している場合、OEM の登録 画面でユーザーが入力したすべての情報は、OEM アプリによってアクセスできるユーザーのプロファイル内の場所に書き込まれます。If the OEM uses this setting, all information entered by the user in the OEM registration screen is written to a location in the user's profile that can be accessed by the OEM app.

Values

OEMAppID設定は、文字列である必要があります。The OEMAppID setting must be a string.

有効な構成パスValid Configuration Passes

oobeSystemoobeSystem

親階層Parent Hierarchy

Microsoft-Windows-Shell-Setup | OOBE | OEMAppIDMicrosoft-Windows-Shell-Setup | OOBE | OEMAppID

適用対象Applies To

サポートされている Windows のエディションおよびコンポーネントをサポートするアーキテクチャの一覧は、Microsoft Windows Shell セットアップを参照してください。For a list of the supported Windows editions and architectures that this component supports, see Microsoft-Windows-Shell-Setup.

XML の例XML Example

次の XML の例は、使用する方法を示します、OEMAppID設定します。The following XML example shows how to use the OEMAppID setting.

<OOBE>
   <OEMAppID>winstore_abc123def!Windows.Store</OEMAppID>
</OOBE>

OOBEOOBE