FirstRunTaskFirstRunTask

FirstRunTaskがアクティブ、またはライブ タイルのされた、ユーザーが初めての Windows にサインインしたときに既定で、バック グラウンド タスクを指定します。The FirstRunTask setting specifies the background task that is active, or live, by default for a tile when a user signs in to Windows for the first time.

バック グラウンド タスクでは、最初のサインイン時の Windows 通知サービスとユーザーを登録する必要があり、アプリのライブ タイルに通知を送信する必要があります。The background task must register the user with Windows Notification Service at first sign-in, and must send notifications to the app’s live tile.

開始のタイルの地域のレイアウトの現在のユーザー アカウントのリージョンがある場合は、この設定を使用することができます。If the region of the current user account is among those in the Start Tile regional layouts, you can use this setting. 詳細については、RegionalOverridesを参照してください。For more information, see RegionalOverrides.

Values

させるのには、タイルをライブで、次のいずれかの操作を行います。To make a tile live, do one of the following:

  • JavaScript では、バック グラウンド タスクがある場合は、IBackgroundTask インターフェイスを実装する .js ファイルを指定します。If your background task is in JavaScript, specify the .js file that implements the IBackgroundTask interface.

  • 場合は、バック グラウンド タスクは、XAML または C++ では、アプリケーションのクラス ID を指定します。If your background task is in XAML or C++, specify the class ID for the application.

有効な構成パスValid Configuration Passes

特殊化します。specialize

auditUserauditUser

oobeSystemoobeSystem

親階層Parent Hierarchy

Microsoft Windows Shell セットアップ | StartTiles | RegionalOverrides | RegionalOverride | SquareTiles | SquareTile3 | FirstRunTaskMicrosoft-Windows-Shell-Setup | StartTiles | RegionalOverrides | RegionalOverride | SquareTiles | SquareTile3 | FirstRunTask

適用対象Applies To

Windows エディションとコンポーネントをサポートするアーキテクチャの一覧は、Microsoft Windows Shell セットアップを参照してください。For a list of the Windows editions and architectures that this component supports, see Microsoft-Windows-Shell-Setup.

XML の例XML Example

次の XML 出力が使用する方法を示します、<SquareTiles>コンポーネント。The following XML output shows how to use the <SquareTiles> component.

     <SquareTiles>
          <SquareOrDesktopTile1>
               <AppIdOrPath>C:\programdata\microsoft\windows\start menu\programs\desktoptile1.lnk</AppIdOrPath>
               <FirstRunTask>backgroundtask.js</FirstRunTask>
          </SquareOrDesktopTile1>
          <SquareOrDesktopTile2>
               <AppIdOrPath>67890ChannelFabrikam.channel-JKL_mnop1234789!App</AppIdOrPath>
               <FirstRunTask>Fabrikam.FirstRunTask</FirstRunTask>
          </SquareOrDesktopTile2>
          <SquareOrDesktopTile3>
               <AppIdOrPath>C:\programdata\microsoft\windows\start menu\programs\desktoptile3.lnk</AppIdOrPath>
          </SquareOrDesktopTile3>
          <SquareTile1>
               <AppId>12345ChannelFabrikam.channel-ABC_defghij6789!App</AppId>
               <FirstRunTask>backgroundtask.js</FirstRunTask>
          </SquareTile1>
          <SquareTile2>
               <AppId>34567ChannelFabrikam.channel-DEF_012ghijk345!App</AppId>
               <FirstRunTask>Fabrikam.FirstRunTask</FirstRunTask>
          </SquareTile2>
          <SquareTile3>
               <AppId>56789ChannelFabrikam.channel-GHI_67890jklmno!App</AppId>
          </SquareTile3>
     </SquareTiles> 

StartTilesStartTiles

RegionalOverridesRegionalOverrides

SquareTilesSquareTiles

SquareTilesSquareTiles