WideTilesWideTiles

WideTiles 定義のワイド タイルとして表示される既定の Microsoft Store アプリ、開始画面。WideTiles defines the default Microsoft Store apps to appear as wide tiles on the Start screen.

この設定を含める必要がありますを使用する、AppIdします。To use this setting you must include the AppId. AppIdは、 AppUserModelID Microsoft Store の OEM チャネル パートナー ポータルからダウンロードしたアプリ パッケージにあるアプリケーションの AUMIDs.txt ファイルで見つかりました。The AppId is the AppUserModelID found in the application's AUMIDs.txt file, which is located in the app package downloaded from the OEM channel partner portal of the Microsoft Store. 含めることも、FirstRunTaskで各アプリのタイルに対して実行するバック グラウンド タスクを設定する設定、開始active、または既定では、ライブ画面。You can also include the FirstRunTask setting to set a background task to run for each app tile on the Start screen that you want to be active, or live, by default.

Windows での設定の位置をアプリ タイルのフローを再配置設定をスキップする場合、開始画面。If you skip a setting, Windows will rearrange the flow of your app tiles around the position of that setting on the Start screen. フローの再配置は、列に基づいており、ギャップを排除するのには設計されています。The flow rearrangement is based on columns and is designed to eliminate gaps. この位置は、画面サイズ、解像度と DPI によって異なります。This position may vary based on the screen size, resolution, and DPI. これらの設定の詳細については、関連付けられているを参照してくださいStartTiles設定に関するトピック。For more information about these settings, see the associated StartTiles settings topics.

開始のタイルの地域のレイアウトの現在のユーザー アカウントのリージョンがある場合は、この設定を使用することができます。If the region of the current user account is among those in the Start Tile regional layouts, you can use this setting. 詳細については、RegionalOverridesを参照してください。For more information, see RegionalOverrides.

子要素Child Elements

設定Setting 説明Description
WideTile1WideTile1 表示されるアプリケーションを指定します、開始] メニューの [WideTile1 の位置。Specifies the application that appears on the Start menu, in position WideTile1.
WideTile2WideTile2 表示されるアプリケーションを指定します、開始] メニューの [WideTile2 の位置。Specifies the application that appears on the Start menu, in position WideTile2.
WideTile3WideTile3 表示されるアプリケーションを指定します、開始] メニューの [WideTile3 の位置。Specifies the application that appears on the Start menu, in position WideTile3.
WideTile4WideTile4 表示されるアプリケーションを指定します、開始] メニューの [WideTile4 の位置。Specifies the application that appears on the Start menu, in position WideTile4.
WideTile5WideTile5 表示されるアプリケーションを指定します、開始] メニューの [WideTile5 の位置。Specifies the application that appears on the Start menu, in position WideTile5.
WideTile6WideTile6 表示されるアプリケーションを指定します、開始] メニューの [WideTile6 の位置。Specifies the application that appears on the Start menu, in position WideTile6.

有効な構成パスValid Configuration Passes

特殊化します。specialize

auditUserauditUser

oobeSystemoobeSystem

親階層Parent Hierarchy

Microsoft Windows Shell セットアップ | StartTiles | WideTilesMicrosoft-Windows-Shell-Setup | StartTiles | WideTiles

適用対象Applies To

Windows エディションとコンポーネントをサポートするアーキテクチャの一覧は、Microsoft Windows Shell セットアップを参照してください。For a list of the Windows editions and architectures that this component supports, see Microsoft-Windows-Shell-Setup.

XML の例XML Example

次の XML 出力が使用する方法を示します、<WideTiles>コンポーネントとその設定します。The following XML output shows how to use the <WideTiles> component and its settings.

     <WideTiles>
          <WideTile1>
               <AppId>12345ChannelFabrikam.channel-ABC_defghij6789!App</AppId>
               <FirstRunTask>backgroundtask.js</FirstRunTask>
          </WideTile1>
          <WideTile2>
               <AppId>34567ChannelFabrikam.channel-DEF_012ghijk345!App</AppId>
               <FirstRunTask>Fabrikam.FirstRunTask</FirstRunTask>
          </WideTile2>
          <WideTile3>
               <AppId>56789ChannelFabrikam.channel-GHI_67890jklmno!App</AppId>
          </WideTile3>
     </WideTiles>

StartTilesStartTiles

SquareTilesSquareTiles

RegionalOverridesRegionalOverrides