キャッシュCache

Cache 補足的なメモリのキャッシュとして使用する、Microsoft ReadyBoost™ フラッシュ記憶域のキャッシュの設定を指定します。Cache specifies settings for a Microsoft ReadyBoost™ flash-storage cache, to be used as a supplemental memory cache. これは通常、内部のフラッシュ デバイスやソリッド ステート ドライブ (SSD) など、コンピューターと統合されているデバイスを使用します。This is typically used for devices that have been integrated with the computer, such as an internal flash device or solid-state drive (SSD).

Values

設定Setting 説明Description
CacheIDCacheID 一意のキャッシュの ID を指定しますSpecifies a unique cache ID.
CacheSizeMBCacheSizeMB ReadyBoost キャッシュのサイズをメガバイト (MB) 単位で指定します。Specifies the size of the ReadyBoost cache in megabytes (MB).
DiskIDDiskID ReadyBoost のデバイスを識別するディスクの ID を指定します。Specifies the Disk ID that identifies the ReadyBoost device. 併用PartitionIDします。Used with PartitionID.
EnableCompressionEnableCompression ReadyBoost キャッシュは圧縮を使用するかどうかを指定します。Specifies whether the ReadyBoost cache uses compression.
EnableEncryptionEnableEncryption ReadyBoost キャッシュが暗号化を使用しているかどうかを指定します。Specifies whether the ReadyBoost cache uses encryption.
PartitionIDPartitionID ReadyBoost のデバイスを識別するパーティションの ID を指定します。Specifies the Partition ID that identifies the ReadyBoost device. 併用DiskIDします。Used with DiskID.

親階層Parent Hierarchy

Microsoft-Windows-SystemMaintenanceService | CacheList | CacheMicrosoft-Windows-SystemMaintenanceService | CacheList | Cache

有効な構成パスValid Configuration Passes

特殊化します。specialize

適用対象Applies To

サポートされている Windows のエディションおよびコンポーネントをサポートするアーキテクチャの一覧は、Microsoft-Windows-SystemMaintenanceServiceを参照してください。For a list of the supported Windows editions and architectures that this component supports, see Microsoft-Windows-SystemMaintenanceService.

XML の例XML Example

次の XML 出力の例では、2 つの ReadyBoost デバイスの構成を示します。The following XML output example shows a configuration of two ReadyBoost devices. このサンプル システムでプライマリ ハード ドライブ ディスク (表示されませんが、XML の例)、0 は、および 2 つの ReadyBoost デバイスは、Disk 1 および 2 です。On this sample system, the primary hard drive is disk 0 (not shown in the XML example), and the two ReadyBoost devices are Disk 1 and 2. 最初のデバイスでは、500 メガバイト ReadyBoost キャッシュの作成になり、記憶域のデバイス領域の残りの部分を離れること。On the first device, a 500-megabyte ReadyBoost cache is created, leaving the remainder of the device space for storage. 2 番目のデバイスは、ReadyBoost キャッシュがまったく使用されます。The second device is entirely used by the ReadyBoost cache.

<CacheList>
  <Cache>
    <CacheID>ReadyBoostCache1</CacheID>
    <DiskID>1</DiskID>
    <PartitionID>1</PartitionID>
    <CacheSizeMB>500</CacheSizeMB>
    <EnableCompression>false</EnableCompression>
    <EnableEncryption>true</EnableEncryption>
  </Cache>
  <Cache>
    <CacheID>ReadyBoostCache2</CacheID>
    <DiskID>2</DiskID>
    <PartitionID>1</PartitionID>
    <EnableCompression>true</EnableCompression>
    <EnableEncryption>true</EnableEncryption>
  </Cache>
</CacheList>

CacheListCacheList