DebugJoinDebugJoin

DebugJoin セットアップには、エラー コードが発生した場合は、デバッグのルーチンを実行するトリガーを指定します。DebugJoin specifies a trigger to run the debugging routine if setup encounters an error code. この設定では、Windows セットアップの失敗をデバッグすることができます。This setting enables you to debug Windows Setup failures. さらに、特定のエラー コードを使用した場合DebugJoinOnlyOnThisErrorDebugJoin指定したエラー コードとエラーにのみ適用されます。Additionally, if a specific error code is used with DebugJoinOnlyOnThisError, DebugJoin will apply only for failures with the specified error code. 詳細については、DebugJoinOnlyOnThisError を参照してください。For more information, see DebugJoinOnlyOnThisError.

重要な  製品の開発とマイクロソフト製品サポート サービスで使用するための高度な設定です。Important   This is an advanced setting designed to be used by product development and Microsoft Product Support Services. この設定が無人応答ファイルを構成するときに未変更の状態のままにします。Leave this setting unmodified when you configure the unattended answer file.

場合DebugJoinを指定すると、トレース ファイルは、ドメイン参加プロセス中に生成された (%windir%\Panther\UnattendGC\UnattendedJoinDCLocator.etl)。If DebugJoin is specified, a trace file is generated during the domain join process (%WINDIR%\Panther\UnattendGC\UnattendedJoinDCLocator.etl). このトレース ファイルは、ドメインへの参加が成功するを妨げる可能性があるセットアップ中にネットワーク接続の問題を診断するために役立ちます。This trace file can be useful for diagnosing network connectivity issues during setup that might prevent domain join from succeeding.

Values

truetrue

デバッグ ルーチンは、何らかの理由で、ドメイン参加操作が失敗した場合にトリガーされます。Triggers a debugging routine if the domain join operation fails for any reason. カーネル デバッガーがアタッチされているコンピューターが存在する場合、すぐにデバッガーを中断、失敗したドメイン参加操作の後にします。If the computer has a kernel debugger attached, it immediately breaks into the debugger after the failed domain join operation. この設定は主に内部デバッグのために設計されています。This setting is primarily designed for internal debugging.

falsefalse

デバッグ タスクを実行することがなく、ドメインにコンピューターを追加します。Adds the computer to the domain without performing debugging tasks. これ場合、既定値はDebugJoinが指定されていません。This is the default value if DebugJoin is not specified.

この文字列型は、空の要素をサポートしません。This string type does not support empty elements. この設定に対して空の値を作成しないでください。Do not create an empty value for this setting.

有効な構成パスValid Configuration Passes

特殊化します。specialize

親階層Parent Hierarchy

Microsoft-Windows-UnattendedJoin | 識別 | DebugJoinMicrosoft-Windows-UnattendedJoin | Identification | DebugJoin

適用対象Applies To

サポートされている Windows のエディションおよびコンポーネントをサポートするアーキテクチャの一覧で、Microsoft-Windows-UnattendedJoinを参照してください。For the list of the supported Windows editions and architectures that this component supports, see Microsoft-Windows-UnattendedJoin.

XML の例XML Example

次の XML 出力は、デバッグの結合を設定する方法を示します。The following XML output shows how to set debug joins.

<DebugJoin>true</DebugJoin>

識別Identification