JoinWorkgroupJoinWorkgroup

JoinWorkgroup コンピューターに割り当てるワークグループの名前を指定します。JoinWorkgroup specifies the name of the workgroup to assign to a computer. この値が設定されている場合JoinDomain設定することはできません。If this value is set, JoinDomain cannot be set.

Values

JoinWorkgroupJoinWorkgroup

Windows セットアップ中に、コンピューターに適用するワークグループの名前を指定します。Specifies the name of the workgroup to apply to a computer during Windows Setup. JoinWorkgroupは文字列であり、有効な NetBIOS 名にする必要があります。JoinWorkgroup is a string and must be a valid NetBIOS name.

参加するドメインまたはワークグループを使用して、割り当てるのいずれかを指定するJoinDomainまたはJoinWorkgroup設定では、それぞれします。You can specify either a domain to join or a workgroup to assign, by using JoinDomain or JoinWorkgroup settings, respectively. ただし、これらの設定の 1 つだけの応答ファイル内に存在できます。However, only one of these settings can be present in an answer file. 両方が、回答に存在する場合のファイルの値は、 JoinDomainを使用してJoinWorkgroupは無視されます。If both are present in an answer file, the value for JoinDomain is used, and JoinWorkgroup is ignored.

この文字列型は、空の要素をサポートしません。This string type does not support empty elements. この設定に対して空の値を作成しないでください。Do not create an empty value for this setting.

有効な構成パスValid Configuration Passes

特殊化します。specialize

親階層Parent Hierarchy

Microsoft-Windows-UnattendedJoin | 識別 | JoinWorkgroupMicrosoft-Windows-UnattendedJoin | Identification | JoinWorkgroup

適用対象Applies To

サポートされている Windows のエディションおよびコンポーネントをサポートするアーキテクチャの一覧は、Microsoft-Windows-UnattendedJoinを参照してください。For a list of the supported Windows editions and architectures that this component supports, see Microsoft-Windows-UnattendedJoin.

XML の例XML Example

次の XML 出力は、識別設定を設定する方法を示します。The following XML output shows how to set the identification settings.

<Identification>
   <JoinWorkgroup>MyWorkgroup</JoinWorkgroup>
</Identification>

識別Identification