MachineObjectOUMachineObjectOU

MachineObjectOU 省略可能な設定です。MachineObjectOU is an optional setting. これには、コンピューター アカウントを作成する組織単位 (OU) のライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) X 500 識別名を指定します。It specifies the Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) X 500-distinguished name of the organizational unit (OU) in which the computer account is created. このアカウントは、Active Directory では、コンピューターが参加しているドメイン内のドメイン コント ローラーにします。This account is in Active Directory on a domain controller in the domain to which the computer is being joined.

Values

MachineObjectOUMachineObjectOU

コンピューターが属している OU の完全な LDAP パス名を指定します。Specifies the full LDAP path name of the OU to which the computer belongs. 以下に例を示します。For example,

OU=MyOu,DC=MyDom,DC=MyCompany,DC=com

MachineObjectOUは文字列です。MachineObjectOU is a string.

この文字列型は、空の要素をサポートしません。This string type does not support empty elements. この設定に対して空の値を作成しないでください。Do not create an empty value for this setting.

有効な構成パスValid Configuration Passes

特殊化します。specialize

親階層Parent Hierarchy

Microsoft-Windows-UnattendedJoin | Identification | MachineObjectOUMicrosoft-Windows-UnattendedJoin | Identification | MachineObjectOU

適用対象Applies To

サポートされている Windows のエディションおよびコンポーネントをサポートするアーキテクチャの一覧は、Microsoft-Windows-UnattendedJoinを参照してください。For a list of the supported Windows editions and architectures that this component supports, see Microsoft-Windows-UnattendedJoin.

XML の例XML Example

次の XML 出力は、OU を設定する方法を示します。The following XML output shows how to set the OU.

<MachineObjectOU>OU=MyOu,OU=MyParentOu,DC=MyDomain,DC=MyCompany,DC=com</MachineObjectOU>

識別Identification