WlansvcMicrosoft-Windows-Wlansvc

Wlansvc コンポーネントは次のものを実装します。The Microsoft-Windows-Wlansvc component implements:

  • RadioLocation設定。ワイヤレスローカルエリアネットワーク (LAN) 接続が使用されている場合の無線機能の場所を指定します。The RadioLocation setting, which specifies the location of the radio feature when a wireless local area network (LAN) connection is used.
  • Windows 10 の新しい Wi-Fi アダプターのシステム機能。System capabilities for Wi-Fi adapters, which are new for Windows 10. これらのシステム機能は、情報が最も正確になるようにイメージ時に追加されます。These system capabilities are added at image time to ensure that the information is at its most accurate. これらの機能によって、OS は OS 自体が実行されている基になるハードウェアについてよりよく理解できます。The capabilities allow the OS to have a better understanding of the underlying hardware that it's running on. ソフトウェアとハードウェアの問題を診断するために使用できるデータを提供するために、テレメトリ データがシステムによって生成されます。Telemetry data is generated by the system to provide data that can be used to diagnose both software and hardware issues.

Oem または Odm は、Wi-Fi アダプターのシステム機能を構成して、イメージの作成時に情報を正確に提供できます。OEMs or ODMs can configure the system capabilities for Wi-Fi adapters to accurately provide the information during image creation time. これらのシステム機能は、WLAN ドライバーを開発した IHV が提供するデバイスの機能とは異なります。These system capabilities are different from device capabilities, which the IHV that developed the WLAN driver, provides. システム機能は、OEM または ODM が完全なシステムを組み立てた後にのみロックダウンされ、WLAN ラジオの理解が可能です。System capabilities are only locked down after the OEM or ODM has assembled a complete system and an understanding of the WLAN radio is available. たとえば、OEM は 2X2 WLAN デバイスを1X1 デバイスとして構成できます。これにより、OEM はシステム機能を使用してこの構成情報を OS に中継する必要があります。For example, an OEM can configure a 2X2 WLAN device as a 1X1 device so the OEM must relay this configuration information to the OS using the system capabilities.

Oem または Odm がこれらのシステム機能を使用しない場合、または OS によって追加の入力が登録されていない場合、OS はレジストリに格納する既定値を生成しません。If OEMs or ODMs don't use these system capabilities or no additional input is registered by the OS, the OS will not generate any default values to store in the registry.

Wi-Fi アダプターのシステム機能を有効にするために使用できる設定は、、、、 CoexistenceSupport NumAntennaConnected SimultaneousMultiChannelSupported WLANFunctionLevelDeviceResetSupported 、および WLANPlatformLevelDeviceResetSupported です。The settings you can use to enable system capabilities for Wi-Fi adapters are: CoexistenceSupport, NumAntennaConnected, SimultaneousMultiChannelSupported, WLANFunctionLevelDeviceResetSupported, and WLANPlatformLevelDeviceResetSupported.

次の例は、これらの設定を構成する方法を示しています。The following example shows how you can configure these settings:

<component name="Microsoft-Windows-Wlansvc" processorArchitecture="amd64" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
    <NumAntennaConnected>2</NumAntennaConnected>
    <CoexistenceSupport>1</CoexistenceSupport>
    <SimultaneousMultiChannelSupport>2</ SimultaneousMultiChannelSupport>
    <WLANFunctionLevelDeviceResetSupported>1</WLANFunctionLevelDeviceResetSupported>
    <WLANPlatformLevelDeviceResetSupported>0</WLANPlatformLevelDeviceResetSupported>
</component>

子要素Child elements

設定Setting [説明]Description
CoexistenceSupportCoexistenceSupport デバイスでサポートされている共存の種類を指定します。Specifies the type of co-existence that's supported on the device:
両方 -Wi-Fi と Bluetooth は、共存中に同じパフォーマンスレベルで動作します。Both - Both Wi-Fi and Bluetooth work at the same performance level during co-existence.
Wi-fi 削減 -2x2 システムでは、Wi-Fi のパフォーマンスが1x1 レベルに短縮されます。Wi-Fi reduced - On a 2X2 system, Wi-Fi performance is reduced to 1X1 level.
Bluetooth の中央揃え -共同でいる場合は、bluetooth に優先順位があり、Wi-Fi のパフォーマンスが制限されます。Bluetooth centered - When co-existing, Bluetooth has priority and restricts Wi-Fi performance.
1 つ の Wi-Fi または Bluetooth が動作を停止します。One - Either Wi-Fi or Bluetooth will stop working.
NumAntennaConnectedNumAntennaConnected WLAN 無線に接続されているアンテナの数を指定します。Specifies the number of antennas that are connected to the WLAN radio.
RadioLocationRadioLocation RadioLocation ワイヤレスローカルエリアネットワーク (WLAN) ハードウェアを有効にする方法について説明します。RadioLocation provides instructions to users for enabling the wireless local area network (WLAN) hardware. ワイヤレスアダプターがオフになっているなど、ワイヤレス接続の問題が検出されたときに、これらの手順が表示されます。These instructions are displayed when a wireless connectivity problem is detected, for example, when a wireless adapter is turned off.
SimultaneousMultiChannelSupportedSimultaneousMultiChannelSupported Wi-Fi デバイスが同時に操作できるチャネルの最大数を指定します。Specifies the maximum number of channels that the Wi-Fi device can simultaneously operate on. たとえば、これを使用して、同時に別々のチャンネルでステーション モードと Wi-Fi Direct GO のサポートを指定することができます。For example, you can use this to specify support for Station mode and Wi-Fi Direct GO on separate channels simultaneously.
WLANFunctionLevelDeviceResetSupportedWLANFunctionLevelDeviceResetSupported この設定は、Windows 10 バージョン1803では非推奨とされ ます。This setting is deprecated in Windows 10, version 1803. デバイスが機能レベルのデバイスのリセット (FLDR) をサポートするかどうかを指定します。Specifies whether the device supports functional level device reset (FLDR). OS の FLDR 機能がこのシステム機能を排他的に確認して、それを実行できるかどうかを判断します。The FLDR feature in the OS checks this system capability exclusively to determine if it can run.
WLANPlatformLevelDeviceResetSupportedWLANPlatformLevelDeviceResetSupported この設定は、Windows 10 バージョン1803では非推奨とされ ます。This setting is deprecated in Windows 10, version 1803. デバイスがプラットフォームレベルのデバイスリセット (PLDR) をサポートするかどうかを指定します。Specifies whether the device supports platform level device reset (PLDR). OS の PLDR 機能がこのシステム機能を排他的に確認して、それを実行できるかどうかを判断します。The PLDR feature in the OS checks this system capability exclusively to determine if it can run.

適用対象Applies To

ビルド中のイメージにコンポーネントが当てはまるかどうかを判別するには、イメージを Windows SIM に読み込み、そのコンポーネントまたは設定名を検索します。To determine whether a component applies to the image you’re building, load your image into Windows SIM and search for the component or setting name. コンポーネントと設定を表示する方法については、「 応答ファイルのコンポーネントと設定を構成する」を参照してください。For information on how to view components and settings, see Configure Components and Settings in an Answer File.

コンポーネントComponents