SevereSevere

Severe重大 なアラートレベルで検出された脅威に対して実行される自動修復アクションを指定します。Severe specifies the automatic remediation action taken for detected threats with a Severe alert level.

Values

11

検出された脅威を除去します。Clean the detected threat.

22

検出された脅威を検疫します。Quarantine the detected threat.

33

検出された脅威を削除します。Remove the detected threat.

66

検出された脅威を許可します。Allow the detected threat.

88

検出された脅威に対して実行するアクションをユーザーが判断できるようにします。Allow the user to determine the action to take with the detected threat.

99

何もする必要はありません。Do not take any action.

"10"10

検出された脅威をブロックします。Block the detected threat.

NULLNULL

更新プログラムの定義に基づいてアクションを適用します。Apply action based on the update definition. これが既定値です。This is the default value.

有効な構成パスValid Configuration Passes

oobeSystemoobeSystem

offlineServicingofflineServicing

specializespecialize

[親階層]Parent Hierarchy

セキュリティ-マルウェア-Windows-Defender | ThreatSeverityDefaultAction | 重大Security-Malware-Windows-Defender | ThreatSeverityDefaultAction | Severe

適用対象Applies To

Windows Windows Server 2016 エディションの場合は、オペレーティングシステムと共に Microsoft Defender がインストールされます。For Windows Windows Server 2016 editions, Microsoft Defender is installed with the operating system.

Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2、および Windows Server 2008 の場合、Microsoft Defender はデスクトップエクスペリエンスパックと共にインストールされます。For Windows Server 2012, Windows Server 2008 R2 and Windows Server 2008, Microsoft Defender is installed with the Desktop Experience Pack.

このコンポーネントでサポートされている Windows のエディションとアーキテクチャの完全な一覧については、「 セキュリティ-マルウェア-Windows-Defender」を参照してください。For a full list of the Windows editions and architectures that this component supports, see Security-Malware-Windows-Defender.

XML の例XML Example

次の XML 出力は、 重大 なアラートレベルで識別された検出された脅威を Microsoft Defender が自動的に検疫するように指定する方法を示しています。The following XML output shows how to specify that Microsoft Defender will automatically quarantine a detected threat identified with a Severe alert level.

<Severe>2</Severe>

Security-Malware-Windows-DefenderSecurity-Malware-Windows-Defender