ブランドではないブートUnbranded Boot

Windows が起動または再開したときに表示される Windows 要素を非表示にしたり、回復できないというエラーが Windows によって発生したときにクラッシュ画面を非表示にすることができます。You can suppress Windows elements that appear when Windows starts or resumes and can suppress the crash screen when Windows encounters an error that it cannot recover from. この機能は、ブランド化されていないブートとして知られています。This feature is known as Unbranded Boot.

重要

デバイスに初めてサインインするユーザーは、管理者である必要があります。The first user to sign in to the device must be an administrator. これにより、 RunOnce レジストリ設定によって設定が正しく適用されるようになります。This ensures that the RunOnce registry settings correctly apply the settings. また、自動サインインを使用する場合は、デザイン時にデバイスに自動サインインを構成する必要はありません。Also, when using auto sign-in, you must not configure auto sign-in on your device at design time. 代わりに、管理者として初めてサインインした後に、自動サインインを手動で構成する必要があります。Instead, auto sign-in should be configured manually after first signing in as an administrator.

必要条件Requirements

Windows 10 Enterprise、Windows 10 Professional、または Windows 10 の教育。Windows 10 Enterprise, Windows 10 Professional, or Windows 10 Education.

用語Terminology

  • 有効にするには 、次のようにします。 設定をデバイスで使用できるようにし、必要に応じてデバイスに設定を適用します。Turn on, Enable: To make the setting available to the device and optionally apply the settings to the device. 通常は、ユーザーインターフェイスまたはコントロールパネルで [有効にする] を使用します。これに対して、コマンドラインには "enable" を使用します。Generally "turn on" is used in the user interface or control panel, whereas "enable" is used for command line.

  • 構成: 設定またはサブ設定をカスタマイズします。Configure: To customize the setting or sub-settings.

  • 埋め込みブートエクスペリエンス: この機能は、Windows 10 ビルド1511では "埋め込みブートエクスペリエンス" と呼ばれています。Embedded Boot Experience: this feature is called "Embedded Boot Experience" in Windows 10, build 1511.

  • カスタムブートエクスペリエンス: この機能は、Windows 10、ビルド1607以降では "カスタムブートエクスペリエンス" と呼ばれています。Custom Boot Experience: this feature is called "Custom Boot Experience" in Windows 10, build 1607 and later.

ブランド化されることのないブート設定を有効にするTurn on Unbranded Boot settings

非ブランドブートはオプションのコンポーネントであり、Windows 10 では既定で有効になっていません。Unbranded Boot is an optional component and is not enabled by default in Windows 10. を構成する前に有効にする必要があります。It must be enabled prior to configuring. エンドユーザーの場合、[ コントロールパネル] [プログラム > Programs > と機能 ] > [Windows の機能の有効化または無効化 ] の順に選択して、ブランド化されていないブートを利用できます。For end-users, Unbranded Boot is available through Control Panel > Programs > Programs and Features > Turn Windows features on or off.

Windows が既にインストールされている場合は、プロビジョニングパッケージを適用してブランド化されていないブートを構成することはできません。代わりに、BDCEdit を使用して、Windows がインストールされている場合にブランド化されないブートを構成する必要があります。If Windows has already been installed you cannot apply a provisioning package to configure Unbranded Boot; instead you must use BDCEdit to configure Unbranded boot if Windows is installed.

BCDEdit は、スタートアップ構成を編集するための主要なツールであり、% WINDIR% System32 フォルダーの開発用コンピューターにあり \ ます。BCDEdit is the primary tool for editing the startup configuration and is on your development computer in the %WINDIR%\System32 folder. 管理者権限を持っている。You have administrator rights for it. BCDEdit は、一般的な Windows プレインストール環境 (Windows PE) 4.0 に含まれています。BCDEdit is included in a typical Windows Preinstallation Environment (Windows PE) 4.0. 必要に応じて、Microsoft ダウンロードセンターで BCDEdit コマンドを使用して、 ブート環境を ダウンロードすることができます。You can download it from the BCDEdit Commands for Boot Environment in the Microsoft Download Center if needed.

コントロールパネルを使用して、ブランド化されるブートを有効にするTurn on Unbranded Boot by using Control Panel

  1. [ Web および Windows の検索 ] フィールドに「プログラムと機能」と入力し、enter キーを押すか、[ プログラムと機能 ] をタップまたはクリックして開きます。In the Search the web and Windows field, type Programs and Features and either press Enter or tap or click Programs and Features to open it.
  2. [ プログラムと機能 ] ウィンドウで、[ Windows の機能の有効化または無効化 ] をクリックします。In the Programs and Features window, click Turn Windows features on or off.
  3. [ Windows の機能 ] ウィンドウで、[ デバイスロックダウン ] ノードを展開し、[ ブランド 化されていないブート] のチェックボックスをオンまたはオフにします。In the Windows Features window, expand the Device Lockdown node, and check or clear the checkbox for Unbranded Boot.
  4. [OK] をクリックします。Click OK. [ Windows の機能 ] ウィンドウでは、windows が必要なファイルを検索して進行状況バーを表示していることを示します。The Windows Features window indicates Windows is searching for required files and displays a progress bar. ウィンドウが見つかったら、Windows が変更を適用していることを示します。Once found, the window indicates Windows is applying the changes. 完了すると、要求された変更が完了したことがウィンドウに表示されます。When completed, the window indicates the requested changes are completed.
  5. [ 閉じる ] をクリックして、[ Windows の機能 ] ウィンドウを閉じます。Click Close to close the Windows Features window.

BCDEdit を使用して、実行時にブランド化しないブート設定を構成するConfigure Unbranded Boot settings at runtime using BCDEdit

  1. コマンド プロンプトを管理者として開きます。Open a command prompt as an administrator.

  2. スタートアップ時に F8 キーを無効にして、 [スタートアップオプションの詳細設定 ] メニューにアクセスできないようにするには、次のように入力します。To disable the F8 key during startup to prevent access to the Advanced startup options menu, type the following:

    bcdedit.exe -set {globalsettings} advancedoptions false
    
  3. スタートアップ時に F10 キーを無効にして、 [スタートアップオプションの詳細設定 ] メニューにアクセスできないようにするには、次のように入力します。To disable the F10 key during startup to prevent access to the Advanced startup options menu, type the following:

    bcdedit.exe -set {globalsettings} optionsedit false
    
  4. スタートアップ時にすべての Windows UI 要素 (ロゴ、状態インジケーター、ステータスメッセージ) を非表示にするには、次のように入力します。To suppress all Windows UI elements (logo, status indicator, and status message) during startup, type the following:

    bcdedit.exe -set {globalsettings} bootuxdisabled on
    

無人セットアップを使用してブランド化しないブートを構成するConfigure Unbranded Boot using Unattend

また、 Microsoft-Embedded-BootExp コンポーネントの無人設定を構成して、デザインまたはイメージングフェーズ中にブランド化されていないブート機能をイメージに追加することもできます。You can also configure the Unattend settings in the Microsoft-Windows-Embedded-BootExp component to add Unbranded Boot features to your image during the design or imaging phase. 無人セットアップ応答ファイルを手動で作成することも、Windows システムイメージマネージャー (Windows SIM) を使用して適切な設定を応答ファイルに追加することもできます。You can manually create an Unattend answer file or use Windows System Image Manager (Windows SIM) to add the appropriate settings to your answer file. ブランド化されていないブート設定と XML の例の詳細については、「Microsoft-Embedded-BootExp の設定」を参照してください。For more information about the Unbranded Boot settings and XML examples, see the settings in Microsoft-Windows-Embedded-BootExp.

ブランド化していないブート設定Unbranded Boot settings

次の表に、ブランド化されていないブート設定とその値を示します。The following table shows Unbranded Boot settings and their values.

設定Setting [説明]Description
DisableBootMenuDisableBootMenu スタートアップ時に F8 キーと F10 キーを無効にして、[スタートアップオプションの詳細設定] メニューにアクセスできないようにする整数を格納します。Contains an integer that disables the F8 and F10 keys during startup to prevent access to the Advanced startup options menu.

メニューを無効にするには1に設定します。それ以外を 0 (ゼロ) に設定します。Set to 1 to disable the menu; otherwise; set to 0 (zero). 既定値は 0 です。The default value is 0.

DisplayDisabledDisplayDisabled Windows が回復できないというエラーを検出した場合に、空の画面を表示するようにデバイスを構成する整数を格納します。Contains an integer that configures the device to display a blank screen when Windows encounters an error that it cannot recover from.

エラー時に空の画面を表示するには1に設定します。それ以外を 0 (ゼロ) に設定します。Set to 1 to display a blank screen on error; otherwise; set to 0 (zero). 既定値は 0 です。The default value is 0.

HideAllBootUIHideAllBootUI スタートアップ時のすべての Windows UI 要素 (ロゴ、状態インジケーター、ステータスメッセージ) を抑制する整数を格納します。Contains an integer that suppresses all Windows UI elements (logo, status indicator, and status message) during startup.

起動時にすべての Windows UI 要素を非表示にするには1に設定します。それ以外を 0 (ゼロ) に設定します。Set to 1 to suppress all Windows UI elements during startup; otherwise; set to 0 (zero). 既定値は 0 です。The default value is 0.

HideBootLogoHideBootLogo OS の読み込みフェーズ中に表示される既定の Windows ロゴを抑制する整数を格納します。Contains an integer that suppresses the default Windows logo that displays during the OS loading phase.

既定の Windows ロゴを非表示にするには1に設定します。それ以外を 0 (ゼロ) に設定します。Set to 1 to suppress the default Windows logo; otherwise; set to 0 (zero). 既定値は 0 です。The default value is 0.

HideBootStatusIndicatorHideBootStatusIndicator OS の読み込みフェーズ中に表示されるステータスインジケーターを抑制する整数を格納します。Contains an integer that suppresses the status indicator that displays during the OS loading phase.

ステータスインジケーターを非表示にするには1に設定します。それ以外を 0 (ゼロ) に設定します。Set to 1 to suppress the status indicator; otherwise; set to 0 (zero). 既定値は 0 です。The default value is 0.

HideBootStatusMessageHideBootStatusMessage OS の読み込みフェーズ中に表示されるスタートアップステータステキストを抑制する整数を格納します。Contains an integer that suppresses the startup status text that displays during the OS loading phase.

スタートアップステータステキストを非表示にするには1に設定します。それ以外を 0 (ゼロ) に設定します。Set to 1 to suppress the startup status text; otherwise; set to 0 (zero). 既定値は 0 です。The default value is 0.

Windows 構成デザイナーと展開イメージのサービスと管理 (DISM) を使用してブート画面をカスタマイズするCustomize the boot screen using Windows Configuration Designer and Deployment Image Servicing and Management (DISM)

Windows がインストールされておらず、Windows 構成デザイナーを使用して、イメージに含まれているブランド化されていないブートの設定でインストールメディアを作成している場合、またはセットアップ中にプロビジョニングパッケージを適用している場合は、プロビジョニングパッケージが正常に適用されるように、DISM を使用してインストールメディアでブランド化さIf Windows has not been installed and you are using Windows Configuration Designer to create installation media with settings for Unbranded Boot included in the image, or you are applying a provisioning package during setup, you must enable Unbranded Boot on the installation media with DISM in order for a provisioning package to successfully apply. まず、イメージまたはパッケージを作成する必要があります。First you have to create the image or package.

  1. プロビジョニングパッケージを作成するか、「 プロビジョニングパッケージの作成」の手順に従って、Windows 構成デザイナーで新しい windows イメージを作成します。Create a provisioning package or create a new Windows image in Windows Configuration Designer by following the instructions in Create a provisioning package.

  2. [使用可能なカスタマイズ] ページで、[ ランタイム設定 SMISettings] を選択し、 > SMISettings ブート画面設定の値を設定します。In the Available customizations page, select Runtime settings > SMISettings and then set the value for the boot screen settings. 次の値が例にすぎません。The following values are just examples.

    • Hideallブー tui = FALSEHideAllBootUI =FALSE
    • Hidebootlogo = FALSEHideBootLogo =FALSE
    • Hidebootstatusindicator = TRUEHideBootStatusIndicator =TRUE
    • HideBootStatusMessage = TRUEHideBootStatusMessage =TRUE
    • CrashDumpEnabled = 完全ダンプCrashDumpEnabled =Full dump

    ヒント

    使用可能な SMISettings の詳細については、Windows 構成デザイナーのリファレンスの SMISettings を参照してください。See SMISettings in the Windows Configuration Designer reference for more information about the available SMISettings.

  3. 設定の構成とパッケージまたはイメージのビルドが完了したら、DISM を使用して設定を適用します。Once you have finished configuring the settings and building the package or image, you use DISM to apply the settings.

    1. 管理者特権でコマンド プロンプトを開きます。Open a command prompt with administrator privileges.

    2. Install .wim をハードドライブ上の一時フォルダーにコピーします (次の手順では、c: wim として想定してい \ ます)。Copy install.wim to a temporary folder on hard drive (in the following steps, it assumes it's called c:\wim).

    3. 新しいディレクトリを作成します。Create a new directory.

      md c:\wim
      
    4. イメージをマウントします。Mount the image.

      dism /mount-wim /wimfile:c:\bootmedia\sources\install.wim /index:1 /MountDir:c:\wim
      
    5. 機能を有効にします。Enable the feature.

      dism /image:c:\wim /enable-feature /featureName:Client-EmbeddedBootExp
      
    6. 変更をコミットします。Commit the change.

      dism /unmount-wim /MountDir:c:\wim /Commit
      

次の図では、ブートロゴが緑色のアウトラインで識別されます。 BootStatusIndicator は赤いアウトラインで識別され、BootStatusMessage は青いアウトラインによって識別されます。In the following image, the BootLogo is identified by the green outline, the BootStatusIndicator is identified by the red outline, and the BootStatusMessage is identified by the blue outline.

ブランド化していないブート画面

スタートアップロゴをカスタムロゴに置き換える唯一の方法として、UEFI をファームウェアインターフェイスとして使用するデバイスでブートグラフィックスリソーステーブル (BGRT) を変更する方法があります。The only supported way to replace the startup logo with a custom logo is to modify the Boot Graphics Resource Table (BGRT) on a device that uses UEFI as the firmware interface. デバイスが BGRT を使用してカスタムロゴを含める場合は、常に表示され、カスタムロゴを抑制することはできません。If your device uses the BGRT to include a custom logo, it is always displayed and you cannot suppress the custom logo.

カスタム ログオンCustom Logon