統合書き込みフィルター (UWF) 機能の使用Use the Unified Write Filter (UWF) feature

統合書き込みフィルター (UWF) は、Windows 10 のオプション機能です。The Unified Write Filter (UWF) is an Windows 10 optional feature.

UWF を使用するには、まず、この機能をインストールする必要があります。To use UWF, you'll first need to install the feature.

次に、機能を有効にし、必要に応じて構成します。Next, you'll enable (and optionally configure) the feature. デバイスで UWF を初めて有効にすると、uwf のパフォーマンスを向上させるために、次の変更がシステムに対して行われます。The first time you enable UWF on your device, UWF makes the following changes to your system to improve the performance of UWF:

  • ページングファイルが無効になっています。Paging files are disabled.
  • システムの復元が無効になっています。System restore is disabled.
  • SuperFetch は無効になっています。SuperFetch is disabled.
  • ファイルインデックスサービスが無効になっています。File indexing service is turned off.
  • 高速ブートが無効になっています。Fast boot is disabled.
  • 最適化サービスが無効になっています。Defragmentation service is turned off.
  • BCD 設定の bootstatuspolicyignoreallfailures に設定されています。BCD setting bootstatuspolicy is set to ignoreallfailures.

UWF が有効になったら、最後に、保護するドライブを選択して、UWF の使用を開始できます。After UWF is enabled, you can finally select a drive to protect and start using UWF.

コンピューターやデバイスを実行するために UWF をインストールし、カスタマイズされた Windows イメージ用に準備するか、CSP または WMI を使用してリモートで管理することができます。You can install UWF for running PCs and devices, prepare it for customized Windows images, or manage it remotely using CSP or WMI.

実行中の PC で UWF を有効にするTurn on UWF on a running PC

  1. 次の機能をインストールします。Install the feature:

    1. [スタート] をクリックし、「 Windows の機能の有効化または無効化」と 入力します。Click Start, type Turn Windows features on or off.

    2. [ Windows の機能 ] ウィンドウで、[ デバイスロックダウン ] ノードを展開し、[ 統合書き込みフィルター > OK] をオンにします。In the Windows Features window, expand the Device Lockdown node, and check Unified Write Filter > OK.

      [ Windows の機能 ] ウィンドウでは、windows が必要なファイルを検索して進行状況バーを表示していることを示します。The Windows Features window indicates Windows is searching for required files and displays a progress bar. ウィンドウが見つかったら、Windows が変更を適用していることを示します。Once found, the window indicates Windows is applying the changes. 完了すると、要求された変更が完了したことがウィンドウに表示されます。When completed, the window indicates the requested changes are completed.

    3. [ 閉じる ] をクリックして、[ Windows の機能 ] ウィンドウを閉じます。Click Close to close the Windows Features window.

  2. フィルターを有効にします。Enable the filter:

    uwfmgr filter enable
    

    注意

    このコマンドを実行してコンピューターを再起動し、サービスモードを終了すると、次の処理が無効になります。After you run this command, restart the computer and exit the servicing mode, the following things are disabled:

    • Windows Update (HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU\NoAutoUpdate.) を設定することによってWindows Update (by setting HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU\NoAutoUpdate.)
    • Windows ストア更新プログラム (HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\WindowsStore\AutoDownload.) の設定による)Windows Store Update (by setting HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\WindowsStore\AutoDownload.)
    • レジストリの再編成 (HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Configuration Manager\RegistryReorganizationLimitDays.) の設定による)Registry Reorganization (by setting HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Configuration Manager\RegistryReorganizationLimitDays.)
    • メンテナンス時間 (HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Schedule\Maintenance\MaintenanceDisabled.) の設定による)Maintenance Hour (by setting HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Schedule\Maintenance\MaintenanceDisabled.)

    を実行した後 uwfmgr filter disable 、コンピューターを再起動してサービスモードに移行すると、変更が元に戻されます。After you run uwfmgr filter disable, restart the computer and enter the serving mode, the changes will be reverted.

  3. ドライブの書き込み保護を有効にする:Enable write protection for a drive:

    uwfmgr.exe volume protect C:
    
  4. コンピューターを再起動するRestart your computer.

  5. UWF が実行されていることを確認します。Confirm that UWF is running:

    uwfmgr.exe get-config
    

カスタマイズされた Windows イメージに UWF をインストールするInstall UWF on a customized Windows image

  1. 管理者特権でコマンド プロンプトを開きます。Open a command prompt with administrator privileges.

  2. Install .wim をハードドライブ上の一時フォルダーにコピーします (次の手順では、C: wim と呼ばれ \ ます)。Copy install.wim to a temporary folder on hard drive (in the following steps, we'll assume it's called C:\wim).

  3. 新しいディレクトリを作成します。Create a new directory.

    md c:\wim
    
  4. イメージをマウントします。Mount the image.

    dism /mount-wim /wimfile:c:\bootmedia\sources\install.wim /index:1 /MountDir:c:\wim
    
  5. 機能を有効にします。Enable the feature.

    dism /image:c:\wim /enable-feature /featureName:Client-UnifiedWriteFilter
    
  6. 変更をコミットします。Commit the change.

    dism /unmount-wim /MountDir:c:\wim /Commit
    

UWF をアクティブ化するには、コマンドラインスクリプト、CSP、または WMI を使用します。To activate UWF, you can use a command-line script, CSP, or WMI:

  • CMD: uwfmgr filter enable 、次に、 uwfmgr.exe volume protect C:CMD: uwfmgr filter enable, then uwfmgr.exe volume protect C:
  • CSP: CurrentSession/FilterEnabled 、次に CurrentSession/VolumeCSP: CurrentSession/FilterEnabled, then CurrentSession/Volume
  • WMI: UWF\Filter.Enable 、、 UWF\VolumeWMI: UWF\Filter.Enable, then UWF\Volume.

Windows 構成デザイナーを使用して UWF 機能をインストールするInstall the UWF feature by using Windows Configuration Designer

  1. プロビジョニングパッケージの作成」の手順に従って、Windows 構成デザイナーでプロビジョニングパッケージを作成します。Create a provisioning package in Windows Configuration Designer by following the instructions in Create a provisioning package.

    注意

    Windows 構成デザイナーでファイルの除外を設定する場合、ドライブ文字を指定する必要はありません。これは、ボリューム保護設定で既に入力されているためです。When setting the file exclusion in Windows Configuration Designer, you do not need to specify the drive letter since that is already input via the Volume protection setting. たとえば、 C:\testdir\test.txt ボリューム保護にドライブを追加した後に、除外するファイルがである場合は、を入力して、このファイルの除外を追加する必要があり \testdir\test.txt ます。For example, if the file being excluded is C:\testdir\test.txt, after adding a drive in Volume protection, you only need to input \testdir\test.txt to add this file exclusion.

  2. [使用可能なカスタマイズ] ページで、[ ランタイム設定 SMISettings] を選択し、 > SMISettings [統合書き込みフィルター] 設定の値を設定します。In the Available customizations page, select Runtime settings > SMISettings and then set the value for the Unified Write Filter setting.

  3. 設定の構成とプロビジョニングパッケージの作成が完了したら、イメージの展開時または実行時にパッケージを適用できます。Once you have finished configuring the settings and building the provisioning package, you can apply the package to the image deployment time or runtime. 詳細について は、「プロビジョニングパッケージの適用 」を参照してください。See Apply a provisioning package for more information.

UWF をアクティブ化するには、コマンドラインスクリプト、CSP、または WMI を使用します。To activate UWF, you can use a command-line script, CSP, or WMI:

  • CMD: uwfmgr filter enable 、次に、 uwfmgr.exe volume protect C:CMD: uwfmgr filter enable, then uwfmgr.exe volume protect C:
  • CSP: CurrentSession/FilterEnabled 、次に CurrentSession/VolumeCSP: CurrentSession/FilterEnabled, then CurrentSession/Volume
  • WMI: UWF\Filter.Enable 、、 UWF\VolumeWMI: UWF\Filter.Enable, then UWF\Volume.

Windows Management Instrumentation (WMI) を使用して UWF 機能をインストールするInstall the UWF feature by using Windows Management Instrumentation (WMI)

Windows が既にインストールされていて、プロビジョニングパッケージを使用しない場合は、Windows Management Instrumentation (WMI) プロバイダーを使用して UWF を構成することもできます。If Windows has already been installed and you do not want to use a provisioning package, you can also configure UWF by using the Windows Management Instrumentation (WMI) providers. WMI を使用して UWF を有効にするには、 uwf _ フィルター関数、具体的には uwf メソッドを使用できます _ 。To turn on UWF using WMI, you can use the UWF_Filter function, specifically the UWF_Filter.Enable method. これは、次の方法のいずれかで実行できます。You can do this in one of the following ways:

  • PowerShell スクリプトで直接 WMI プロバイダーを使用します。Use the WMI providers directly in a PowerShell script.
  • WMI プロバイダーは、アプリケーションで直接使用します。Use the WMI providers directly in an application.
  • uwfmgr.exeには、コマンドラインツールを使用します。Use the command line tool, uwfmgr.exe.

変更を有効にする前に、UWF をオンまたはオフにした後でデバイスを再起動する必要があります。You must restart your device after you turn on or turn off UWF before the change takes effect.

必要に応じて、UWF を有効にした後でこれらの設定を変更できます。You can change these settings after you turn on UWF if you want to. たとえば、ページファイルの場所を保護されていないボリュームに移動し、ページングファイルを再び有効にすることができます。For example, you can move the page file location to an unprotected volume and re-enable paging files.

重要

unattend.xml ファイルの SMI 設定を使用して UWF をイメージに追加した場合、UWF をオンにすると bootstatuspolicy BCD 設定が設定され、最適化サービスが無効になります。If you add UWF to your image by using SMI settings in an unattend.xml file, turning on UWF only sets the bootstatuspolicy BCD setting and turns off the defragmentation service. この場合、UWF のパフォーマンスを向上させるには、他の機能とサービスを手動で無効にする必要があります。In this case, you must manually turn off the other features and services if you want to increase the performance of UWF.

UWF のすべての構成設定は、レジストリに格納されます。All configuration settings for UWF are stored in the registry. UWF は、これらのレジストリエントリをフィルター処理から自動的に除外します。UWF automatically excludes these registry entries from filtering.

UWF は、現在のセッションのレジストリに構成設定を保持し、デバイスの再起動後に次のセッションを管理します。UWF maintains configuration settings in the registry for the current session and for the next session after a device restart. 静的な構成の変更は、デバイスを再起動するまで有効になりません。これらの変更は、次のセッションのレジストリエントリに保存されます。Static configuration changes do not take effect until after a device restart, and these changes are saved in the registry entries for the next session. 動的な構成の変更は直ちに行われ、デバイスの再起動後も保持されます。Dynamic configuration changes occur immediately and persist after a device restart.

統合書き込みフィルターUnified Write Filter

統合書き込みフィルター処理 WMI プロバイダー リファレンスUnified Write Filter WMI provider reference

UWF コマンドラインツール: uwfmgr.exeUWF Command-line tool: uwfmgr.exe